0798-45-6725
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

食道裂孔ヘルニア Esophageal Hiatus Hernia

どんな病気?

胸とお腹を隔てている横隔膜には,食道がぎりぎり通る隙間があります。これを食道裂孔といいます。食道裂孔ヘルニアは,胃がこの裂孔から胸へ飛び出してしまった状態です。ヘルニアのために胃液が逆流しやすくなって食道炎が起こります。

症状

食道裂孔ヘルニアによって胃食道逆流症や逆流性食道炎がおこり,それに伴う症状が出ます。最も多い症状は,胸やけ・呑酸(どんさん;酸っぱいものや苦いものがのどに上がってくること)です。ゲップがよく出る,飲み込みにくい,胸が痛いといった症状もあります。

胃食道逆流症とは?

文字通り,胃の内容物が食道へ逆流する病気です.英語でGastro Esophageal Reflux Diseaseといい,頭文字をとってGERD(ガード)と呼ばれます。

逆流性食道炎とは?

胃食道逆流症のうち,胃カメラで食道粘膜のただれ(食道炎)のあるものをいいます。逆流症状はあるけど,胃カメラで食道炎を認めないものは「非びらん性胃食道逆流症」(Non-Erosive Reflux Disease: NERD(ナード))といわれます。

診断

検査には次のようなものがあります。大きなヘルニアは通常の胸部レントゲン写真でも診断できます。

1) バリウム検査

2) 内視鏡(胃カメラ)

3) CT

治療

1)逆流を起こしにくいような生活習慣,食生活を心がけます。

2)胃酸を抑える薬:制酸剤・アルギン酸,プロトンポンプ阻害薬,H2ブロッカーなど。

3)GERDの原因が食道裂孔ヘルニアである場合は手術を考慮します。

手術

当科では腹腔鏡による食道裂孔ヘルニア修復術を行っています。

①胸に飛び出した胃をお腹に引き戻します.

②緩んだ食道裂孔を補強します.糸で縫い閉じたり,メッシュと呼ばれるシートを用いたりします.

③胃の入り口付近に襟巻のように胃の壁を巻き付け,逆流を予防します.

アクセス Access

電車でお越しの方:阪神電車・武庫川駅下車すぐ

関連リンク Link