0798-45-6725
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

食道胃接合部がん Cancer of the Esophago-gastric Junction

どんな病気?

ピロリ菌感染者の減少や除菌の普及によって,日本人の胃がんは減少傾向にありますが,最近,食道と胃の境目に発生する食道胃接合部がんが増えてきました。原因の一つとして,逆流性食道炎を背景とした遺伝子異常の蓄積が考えられています。逆流性食道炎が発生しやすい要因としては,①肥満による腹圧の上昇,②夜遅く食事して胃が満杯のままで横になるような食習慣,③高齢に伴う食道裂孔(横隔膜を食道が通るところの筋肉)の緩み,④ピロリ菌がいないことによって酸度の強い胃液が分泌されることなどが挙げられています。

食道胃接合部がんの特徴

食道と胃は異なる粘膜細胞からなっています。食道の粘膜は皮膚と同じ扁平上皮細胞,胃の粘膜は胃酸や粘液を分泌する腺細胞です。従って食道胃接合部がんには食道がんの性質に近い扁平上皮がんと,胃がんの性質に近い腺がんがあります。下図の2つの症例はいずれも食道胃接合部がんですが,Aは扁平上皮がん,Bは腺がんです。

治療

浅くて早期の状態で発見できれば,内視鏡(胃カメラ)で切除することができます。

標準治療は手術です。

手術

食道胃接合部は腹部と胸部を分ける横隔膜に囲まれた、手術しにくい奥まった場所にあります。当科では腹腔鏡と胸腔鏡を使った双方向からの操作,あるいはロボット(ダビンチ)を使った手術によって、正確で安全な摘出操作と確実な再建(つなぎ直し)を行うことにより、この問題を克服しています。

術式に関する当科からの論文

アクセス Access

電車でお越しの方:阪神電車・武庫川駅下車すぐ

関連リンク Link