0798-45-6725
〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1

ロボット胃がん手術

より正確な操作を実現する最先端手術

医療の現場で,最近,米インチュイティブ・サージカル社の手術支援ロボット「da Vinci(ダヴィンチ)」を使う手術が注目を集めています。2018年4月からは,ダヴィンチを使った胃がん手術を保険診療で受けていただけるようになりました。

ダヴィンチは内視鏡手術(腹腔鏡手術など)をサポートするロボットです。内視鏡手術は、手術創が従来の開腹・開胸手術等に比べ小さく、近年多くの手術で普及している低侵襲な手術法です。高精細カメラで拡大した術野を見ながら,より精緻な手術が行えるのが特長です。しかし操作は直線状の器具をトロッカーと呼ばれる細い筒から挿入して行うため,大きな創から手で直接操作する開腹手術に比べ動きの制限が大きいことが課題でした。

ダヴィンチシステムは、①執刀医が操作するコンソールと②患者に装着する本体から構成されます。本体には3つのアームと1つの3Dカメラを搭載し、アームのカセットには40種類以上の先端形状を持った鉗子(手術器具)が装着できます。術者は数メートル離れた場所に置かれたコンソールに座り,3Dモニターを見ながら手元の操縦桿を動かします。するとその手の動きがコンピュータを通してロボット本体のアームに忠実に伝わり、鉗子が連動して実際の操作を行います。

ダヴィンチに装着されている鉗子の特長

鉗子には次のような機能が備わっています。

1)多関節機能:人間の手首のように,先端を自由に屈曲・回転させることができるので,直感的な操作が行えます。

2)モーションスケーリング機能:たとえば手元を10cm動かすと先端が1cmだけ動くように設定すれば,大きな動きで細かい操作を行うことができ,誤差が小さくなります。

3)手振れ防止機能:デジタルカメラのシャッターについているような手振れを打ち消すはたらきによって,出血しやすい血管のすぐ近くにある腫瘍を切除するような正確な操作を安定して行えます。

このように従来の内視鏡手術では不可能とされていた動きを行うことが出来るため、外科医は難しい手術をより簡単に,意のままに行うことができます。

  ・・・ダヴィンチの鉗子の動きをわかりやすくお見せするデモビデオです。

  ・・・手術支援ロボット「ダヴィンチ」を使った胃切除術のビデオです。

実際の手術映像が流れますので,気分の悪くなる方はご遠慮ください。

アクセス Access

電車でお越しの方:阪神電車・武庫川駅下車すぐ

関連リンク Link