外来案内 Outpation

生殖医療センター部門

診療内容・専門分野

 本院産婦人科では1983年から体外受精に着手し、既に30年を超える歴史を誇ります。1985年には体外受精児が無事初誕生しましたが、免疫性不妊症の適応としては世界初の快挙でした。2013年には「生殖医療センター」を開設しました。

 当センターは連日オープンしています(病院の診察日)。チーム医療として医師による診療をサポートするため、専属の看護師による心のサポートをお受けいただくことができます。

 一般社団法人・日本生殖医学会が認定する生殖医療専門医 (産婦人科:柴原浩章、福井淳史、泌尿器科:近藤宣幸) が中心となり診療を行っており、日本生殖医学会認定の生殖医療コ―ディネーター、ならびに公益社団法人・日本看護協会認定の不妊症認定看護師 (松本豊美) が中心となり、サポートを行っています。また精子、卵子、受精卵の取り扱いは、日本卵子学会認定の生殖補助医療胚培養士(児島輝仁 、一鍬田真実)が担当しています。

 2015年から、医学的適応 (ご病気の治療前) による妊孕性温存法として、未婚女性への卵子凍結および卵巣凍結を開始致しました。

 男性不妊症の専門外来があります (奇数週土曜日)

 不育症の診療も充実しています。

 不妊治療に関する説明会を月1回開催しています。(原則第1土曜日午前10:30〜、無料)

神戸新聞紹介記事 2015年5月2日 / 2015年5月9日 / 2016年11月26日 / 2016年12月24日

毎日新聞紹介記事 2016年3月19日 / 2016年5月31日

産経新聞紹介記事 2017年2月27日 / 2017年2月24日

生殖医療センターの理念

  • 阪神地区の中心に位置する生殖医療の最先端施設として、お子様を望まれる全てのカップルのために、私達は全力で不妊治療に取り組みます。
  • 自然妊娠から体外受精等の最先端の不妊治療まで、安心して通院していただくことを目指します。
  • 妊娠成功後の妊婦健診・分娩も承ります。

診察日

  • 産婦人科
    月〜金曜日:午前9時〜12時、午後1時半〜4時半
    土曜日:午前9時〜12時 (奇数週)
  • 泌尿器科
    土曜日:午前9時〜12時 (奇数週)

(人事異動等により担当医に随時変更があります。最新の状況につきましては、各々の外来受付までお問い合わせ下さい。)

診察場所

  • 初診日
    兵庫医科大学病院 1号館 1階の総合受付までお越し下さい。 その後、8号館 3階の生殖医療センター外来で診察をお受けいただきます。
  • 採卵や胚移植などの治療
    新館の急性医療総合センター 6階にある産科手術室 (採卵室) へご案内致します。培養室を隣接しています。
場所

8号館3階 生殖医療センター
総合急性医療センター6階

お問い合せ先

電話番号:0798-45-6210 / FAX番号 0798-45-6936