トップページ

兵庫医科大学神経生理部門のホームページへようこそ

 神経生理部門は平成28年12月に兵庫医科大学に新設された基礎医学、生理学の部門で、主に神経の機能に関する教育・研究を行っています。我々の脳など中枢神経系には1000億とも2000億とも言われる膨大な数の神経が存在しています。個々の神経細胞は周りの神経から情報を受け取り、それに対して活動電位を発火して情報を出力するといった、どの神経も基本的に同じような機能を持っています。では、世界の人口より遙かに多いこれら神経細胞は、個々でどの様な役割を果たし、また如何なるルールで個々が統合され、1人の個体、ヒトとして感情や思考、行動ができるのでしょうか?

 この複雑で未だ不明なことの多い神経生理分野の中心的課題を、我々は少しでも明らかにすべく研究を遂行しています。特に、外界からの刺激に対する末梢―脊髄、脳に至る感覚情報処理機構、疼痛、掻痒や鎮痛の発現機構、自律神経による内臓の中枢性制御機構、さらに、情動形成と記憶・学習の関係や意識・覚醒など脳機能を統合的に理解する研究、発達障害など脳機能異常の研究も進め、疾患の治療や健康増進に役立つ成果を得ることを目指しています。基礎医学としての神経生理の教育に加え、大学院生への研究指導、我々が世界に先駆けて開発したin vivoパッチクランプ法を用いた電気生理学的研究など神経生理学的研究に対する助言や支援も行っています。

新着情報

2022年06月12日
日本疲労学会のシンポジウムで、古江が発表を行いました。また、中野が発表を行い、若手優秀演題賞を受賞しました。
2022年03月18日
第99回日本生理学会大会で、大学院生の中野が英語で口頭発表、大学院生の中村が英語でポスター発表を行いました。
2022年02月10日
130名を越える参加登録を頂き無事盛会に終了しました。皆様から頂いたご意見や予定より1時間を超える教育講演を賜った加藤先生から痛み研究の問題提起を掲載しました!
2022年01月31日
生理研研究会「痛み研究会2021」を開催いたします。古江、古賀啓祐が座長を行います。
2021年12月11日
第43回日本疼痛学会で、古江が座長・シンポジウム発表、藤原が口頭発表を行います。
2021年12月06日
基礎配属Bグループがstartしました。
2021年11月15日
基礎配属Aグループが startしました。
2021年10月24日
第74回日本自律神経学会総会のシンポジウム(基礎と臨床の対話)で、古江が発表(生理学的視点からの排尿のin vivo脊髄シナプス機構)を行いました。
2021年10月07日
大学院中間発表会で、中野先生、中村先生がポスター発表を行いました。
2021年08月05日
山口県立下関中等教育学校が行っている課題研究「痛み」についてZoomでアドバイスを行いました。
» 続きを読む

更新日 2022年11月4日