リハビリテーション学部 - 作業療法学科

学科長あいさつ

作業療法「心」や「体」の病気・障がいをサポートする

作業療法士は、「心」や「体」の病気、障がいなどで、日常の生活に支障がある人をサポートする仕事です。作業療法は、作業活動を用いて「心」や「体」に働きかける科学的・専門的職業です。例えば、複数の人と一緒に演奏したり歌ったりすると心が和むでしょうし、体を大きく動かす体操やゲームでは、どれほどの機能が刺激され訓練されているかが想像できます。
作業療法学科では、幅広い教養を培い、人間性を育み、「心」や「体」の病気、障がいがある人の治療に必要な科学的知識・技術を修得することができます。豊かな臨床経験を持つ教員による興味深い講義と、同じ法人の兵庫医科大学病院や兵庫医科大学ささやま医療センターでの実習は、比類のない環境といえます。「心」や「体」をサポートする作業療法士になるために、本学でともに学んでいきましょう。

リハビリテーション学部
作業療法学科 学科長
山田 大豪 教授
(精神障害作業療法学)