学部・大学院

看護学研究科(大学院)

院生の個性を引き出し自律を伸ばす大学院教育の実施

看護学は実践の科学として進歩発展してきていますが、医療が高度化し複雑化するなかで、安全安心を第一とした質の向上が問われています。本学看護学研究科は、建学の精神に則り、真に人々にとって必要とされる看護学の専門的知識・技術を修得し、看護実践能力を強化して、社会の求めに応じて役割・機能を果たすことができる看護専門職者を育成します。

研究科長挨拶

バランスのとれた学修体系により、看護実践・研究に必要な力を磨く

本研究科では、コースワークとリサーチワークのバランスを考慮し、順次性・体系性を確保した学修プログラムを構築しています。たとえばコースワークでは、看護実践の科学的根拠と理論を学び、根拠に基づいた看護方法を追究し、看護実践に向けた演習を行います。リサーチワークでは、看護学研究科共通科目の看護研究や看護研究演習と連携しながら、各分野・領域における研究指導を手厚く実施しています。また、専門看護師(CNS)養成では、高い専門性と優れた看護実践能力を修得するために、理論・専門的知識と実習を組み合わせた設定になっています。
臨床現場における看護の疑問や悩みを抱えたときこそ、大学院での学びどきです。大学院という現場とは違った環境のなかで、看護実践に必要な知識や技術、理論などを学ぶことで、めざすべき次の看護介入のステップが見えてくるでしょう。

看護学研究科長 
土田 敏恵

その他の大学院研究科