医学部医学科
siryoseikyu2019.jpg
ir_info2.jpg
図書館
兵庫医科大学医学会

免疫学

講座(部署)紹介

免疫学は「いかにして体が自分を守っているのか」を考える医学の根幹となる重要な学問です。本講座ではアレルギーや寄生虫感染症を中心とした様々な炎症性疾患について、免疫学的視点に立ち、主にサイトカインの役割に焦点を当てて研究しています。
寄生虫感染症は現代の日本では稀ですが、世界的には今なお10億人以上の人々が感染し、またそのリスクにさられている重要な疾患です。寄生虫は免疫システムを活性化する一方で、強い免疫応答を回避、あるいは制御し、長期間の感染を可能にしています。その免疫活性化、制御メカニズムの研究は免疫学の発展に大きく寄与してきました。
一方で日本のような先進国では感染症の減少と反比例してアレルギー疾患が増加しています。アレルギーは本来無害な物質に対して過剰に免疫応答が起こって発症しますが、根本的な治療方法は存在せず、その発症機序ならびに制御方法の研究開発は重要な課題です。
本講座では、このような寄生虫とアレルギーを共に研究することで「免疫」に対する理解を深め、医学の発展に寄与することを目標としています。

研究の現状

概要

現在、主に以下のテーマについて研究を行なっている。

  1. 気道アレルギーにおける上皮細胞由来サイトカインの役割
  2. 気道アレルギーにおける粘膜バリアの役割
  3. Super Th1細胞の研究
  4. 腸管寄生線虫に対する宿主免疫応答の研究
  5. 術後腸管癒着の研究
  6. 子宮内膜症の免疫学的発症機序の研究
  7. IL-33産生誘導機序の研究

主題

  1. 気道アレルギーにおける上皮細胞由来サイトカインの役割: 上皮細胞由来のサイトカインであるIL-33やTSLPが、気道アレルギーに与える影響について注目し、ブタクサ花粉症の発症に鼻粘膜上皮細胞から産生されるIL-33が関与すること (JACI, 2012)、またTSLPがIgE産生に関与し、アレルギー性鼻炎症状を誘導することを報告した(Int Immunol, 2015)。現在は、IL-33やTSLPが気道アレルギーを誘導する詳細なメカニズムについて解析を行っている。
  2. 気道アレルギーにおける粘膜バリアの役割:粘膜バリアはアレルゲンの侵入に対する防御機能を持つ。花粉症モデルマウスではディーゼル排気粒子が鼻粘膜バリアを破壊することでアレルギー性鼻炎を悪化させる (Clin Exp Allergy, 2015)。また、鼻粘膜上皮バリアを保護するとアレルギー性鼻炎症状が抑制される (JACI, in press)。現在は、粘膜バリアの保護の気道アレルギーの予防や治療における有効性についてマウスモデルを用いて解析している。
  3. IL-18によるSuper Th1細胞誘導とその役割の研究:Th1細胞を抗原と共にIL-18で刺激すると、「Super Th1細胞」となってIFN-γとIL-13を産生し喘息やアトピー性皮膚炎の発症に作用する(PNAS,2007)。このTh1細胞によるIL-13産生機序がIL-18によるGATA3誘導による (Int Immunol,2011)。さらに最近、Super Th1細胞の新規生理機能を発見し、精力的に解析中である。
  4. 腸管寄生線虫に対する宿主免疫応答の研究:腸管寄生線虫感染に伴う肺好酸球増多症は、気道上皮細胞から産生されるIL-33の刺激を受けたグループ2自然リンパ球(ILC2)の活性化によって発症する (PNAS,2012)。この線虫の排虫には、IgE/IgG1抗体依存性の液性免疫が関与する (Infect Immun,2013)。現在、IL-33/ILC2の生体防御における役割を解析している。
  5. 術後腸管癒着の研究:マウス盲腸を止血鉗子で1秒間焼灼すると1週間後に強度の腸管癒着を形成する。その発症は肝細胞増殖因子(HGF)の術前投与は癒着形成を完全に予防できる (Nature Med,2008)。肝臓部分切除後の癒着形成も同様の免疫学的機序で発症し、HGFの術前投与で予防できる (Br J Surg,2014)。現在、術後腸管癒着メカニズムの詳細な解析を展開中である。
  6. 子宮内膜症の免疫学的発症機序の研究:子宮内膜症は生殖年齢女性の約10%が罹患すると想定される重要な疾患である。近年、子宮内膜症の進行度に相関して腹水・血清中のIL-33値が上昇することが報告された。しかし、子宮内膜症の発症機序は未だ不明な点が多く、根本的治療法は存在しない。現在、マウスモデルを用いて子宮内膜症の発症機序を免疫学的に解析中である。
  7. IL-33産生誘導機序の研究:IL-33はTh2細胞やILC2を活性化することで、強力にTh2型免疫応答を誘導することが知られているが、IL-33自体の誘導機序はよくわかっていない。我々は、寄生虫感染やキチンの刺激によって肺のIL-33発現が上昇する現象を解析し、IL-33誘導因子を同定した(投稿準備中)。現在、この因子について、IL-33誘導メカニズムを詳細に解析中である。

自己評価・点検及び将来の展望

サイトカインの役割を中心として、アレルギーをはじめとした種々の疾患について研究し、その発症増悪機序を明らかにしてきた。その中で、学内外の大学院生を受け入れ、指導を行い学会、論文で発表してきた。さらに、既に取得または申請済みの特許を基に、製薬会社との共同研究も積極的に取り組んでいる。今後も、学内外の講座や産学連携を推進しながら、病態解明と治療方法の開発に発展する研究を行う予定である。

講師| 安田 好文
講師| 松下 一史
講師| 中平 雅清
TEL| 0798-45-6574
FAX| 0798-40-5423

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.