医学部

学部長あいさつ

本学は、1972年に単科医科大学として開学し、開学50周年の節目にあたる2022年に薬学部、看護学部、リハビリテーション学部を開設して、4学部を擁する医系総合大学となって新たなスタートを切ります。医学部では、開学以来、建学の精神に則り社会に貢献する良医育成のため、きめ細かな医学教育を実施しています。多職種の医療専門職によるチーム医療演習、病気の理解を深めるチーム基盤型学修、包括的な実践力を修得する診療参加型臨床実習などを導入して、国民に安全で最善の医療を提供できる医師の育成に努めています。
2018年に先進的な教育環境を供する教育研究棟を西宮キャンパスに開設し、2026年には未来の医療に対応した新病院棟の開院をめざしています。これから入学される皆さんは、新しい教育研究棟だけでなく、臨床教育のための機能が整った新病院棟で臨床実習や初期研修を受けることになるでしょう。
このように、医学部では教育カリキュラムを充実させるとともに教育環境を整備して、皆さんのご入学を心よりお待ちしています。



医学部 学部長
辻村 亨 主任教授(病理学 分子病理部門)


【使命・教育目標】

建学の精神に基づき、以下の素養を涵養し、プロフェッショナルな医師・医学者を社会に送り出すことを使命とする

■社会の福祉への奉仕

・医学を通した社会の保健・衛生および福祉の向上への貢献
・兵庫県の多様な地域性を理解し、特性に応じた適切な医療の提供
・国際保健への関心と、国際的視野を持った活動

■人間への深い愛

・人の痛みや苦しみ、喜びに共感できる豊かな感性
・医療に携わる全ての人々と信頼関係を築ける豊かなコミュニケーション能力
・多様性を尊重し、生命の尊厳と医療倫理の原則に基づき判断・行動する力

■人間への幅の広い科学的理解

・様々な医療の専門領域に進むための知識と技能を身に付け、良質で安全な医療を実践する能力
・総合的・科学的に課題を捉え、最新の情報・科学技術を活用し、医療・医学研究を最適化する能力
・生涯にわたって自律的に学び続け、後輩を指導するとともに、自らも共に学ぶ姿勢

【目的】

医学部は、豊かな人間性と高い倫理観を培い、医科学に関わる基本的な知識と技能を修得することによって人間を幅広く理解し、多様な医学領域及び種々の専門領域において実践する能力を獲得し、幅広い視野に立って社会の福祉へ奉仕できる有能有為の医師を養成する。