ようこそ免疫学講座へ

免疫は様々な病原体から私たちの体を守ってくれる重要な生体防御のシステムです。免疫細胞は「自己と非自己を認識」することによって病原体を排除すると長年考えられていました。最近ではそれに加え、免疫細胞が有する「危険と危険じゃないものを見分ける能力」も重要であることが明らかになってきました。この能力には免疫細胞が持つ様々な病原体認識センサーが関与しています。このセンサーが正常に働くことで我々は感染症の脅威から身を守ることができるのですが、このセンサーが過剰にあるいは間違った方向に働いた時、本来無害である物質や自分の体の成分に免疫応答が生じてしまいます。これがアレルギーや自己免疫疾患といった炎症性疾患として現れます。特にアレルギー性疾患に関しては、日本のような先進国で増加傾向にありますが、なぜ先進国で増加しているのか?何がきっかけで免疫応答が乱れてしまったのか?などの詳細な機序はいまだ明らかになっていません。

本講座ではアレルギーやアレルギー様の症状を呈する寄生虫感染などを通して、免疫応答のメカニズムを細胞レベルおよび分子レベルで理解することで、アレルギー性疾患をはじめとする炎症性疾患の発症機序を紐解き、疾患の予防や治療に貢献することを目標としています。

最新情報

E-mail
大学院進学への相談は個別に随時行っております。お気軽にお尋ね下さい。
  大学院進学のためのEメール
2020.07.09
IL-33産生誘導機序の研究を更新しました。
2020.06.05
サイトを刷新しました。
2020.04.26
足立先生の「新規IL-33誘導因子の同定」に関する論文がInternational Immunologyにアクセプトされました。
2020.04.01
関西学院大学の手束祥彩さんが研究室に加わりました。
2020.04.01
中村真理子さんが技術員として研究室に加わりました。
2020.02.15
松下先生が第13回寄生虫感染免疫研究会にて研究発表を行いました。
2020.02.14
共同研究である「IL-33を介したヒドロキシ-β-シクロデキストリンのアジュバント効果」に関する論文がFrontiers in Immunologyにアクセプトされました。
2020.01.23
松下先生の「ILC2活性化におけるRegnase-1役割」に関する論文がJCI insightにアクセプトされました。
2020.01.21
黒田先生が第13回次世代アジュバント研究会にてシンポジウム講演を行いました。
2019.12.13
松下先生が第48回日本免疫学会学術集会にて研究発表を行いました。
2019.12.11
安田先生が第48回日本免疫学会学術集会にて研究発表を行いました。
2019.12.06
黒田先生が第42回日本分子生物学会年会にてワークショップ講演を行いました。
2019.11.29
黒田先生が金沢大学薬学シンポジウム2019にてシンポジウム講演を行いました。
2019.11.20
安田先生の「線虫感染における好酸球の役割」に関する総説がImmunological Medicineにアクセプトされました。
2019.10.26
黒田先生が第475回日本皮膚科学会大阪地方会にて教育講演を行いました。
2019.10.14
共同研究である「インフルエンザ感染におけるZBP-1の役割」に関する論文がInternational Immunologyにアクセプトされました。
2019.09.22
安田先生が第75回日本寄生虫学会西日本支部大会にて研究発表を行いました。
2019.09.20
黒田先生が第22回阪大薬-医薬健栄研講演会にて講演を行いました。
2019.09.10
中平先生が第26回日本免疫毒性学会学術年会にて研究発表を行いました。
2019.09.02
共同研究である「cGAMPによるIL-33依存性喘息の誘導機構の解析」に関する論文がFrontiers in Immunologyにアクセプトされました。
2019.08.09
加藤先生(産婦人科学)の「子宮内膜症発症におけるIL-1/IL-33の重要性」に関する論文がFrontiers in Immunologyにアクセプトされました。
2019.08.02
加藤先生と松下先生が第48回日本インターフェロンサイトカイン学会にて研究発表を行いました。お二人ともポスター賞を受賞しました。
2019.08.02
黒田先生が第48回日本インターフェロンサイトカイン学会にてシンポジウム講演を行いました。
2019.07.22
黒田先生が広島大学大学院医系科学研究科にて大学院講義を行いました。
2019.06.04
黒田先生が千葉大学大学院薬学研究院・薬学部にて大学院講義を行いました。
2019.05.28
共同研究である「ペリオスチンとIgAの複合体形成」に関する論文がAllergology Internationalにアクセプトされました。
2019.04.12
黒田先生が第59回日本呼吸器学会学術講演会にてシンポジウム講演を行いました。
2019.04.01
黒田先生が主任教授に就任しました。
ご連絡先

兵庫医科大学免疫学講座
〒663-8501
兵庫県西宮市武庫川町1番1号
主任教授 黒田 悦史
TEL| 0798-45-6574
FAX| 0798-40-5423

メンバー これまでの成果を解説しました。
メンバー 研究成果を導くスタッフです。
メンバー 年代別の発表論文です。
PAGE TOP