共同利用研究施設

病原体等を扱う実験について

  • 病原体等を扱う実験を行うには、病原体等を扱う実験の申請及び承認が必要です。
    申請等の詳細は、本学のホームページを参照してください。
  • 共同研で病原体等を扱う実験を行うには、利用申込書(様式-1)の提出が必要です。
    詳細については、利用申し合わせをご覧ください。
  • 共同研にある、バイオセーフティ(BSL)実験室は下表のとおりです。
    実施する実験のBSL区分に適合した実験室のみ利用可能です。
バイオセーフティ(BSL)の区分 共同研のバイオセーフティ(BSL)実験室
エリア 実験室 設備機器
BSL1レベル 分析機器エリア フローサイトメーター室 LSRFortessa・FACSCantoII
分析機器エリア マルチプレックス室 Bio Plex
微細形態エリア 試料作製室 クリオスタット・クリオスター
培養・遺伝子実験エリア P1実験室1 Maxwell RSC
培養・遺伝子実験エリア P1実験室1・2 BSL1実験室
BSL2レベル 培養・遺伝子実験エリア P2実験室1・2 BSL2実験室

(注) 以下の書類は学内からのみ閲覧・ダウンロード可能です。

ダウンロードできないときはこちらのページ(学内専用)からどうぞ。