医学部医学科
siryoseikyu2019.jpg
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

胸部腫瘍学(特定講座)/中皮腫センター

講座(部署)紹介

中皮腫は、20世紀の大量のアスベスト消費の影響で、先進諸国においては総じて急増してきた。わが国では欧米の実感急増にやや遅れて現在疾患の発生が増え続けている状況である。21世紀初頭の疾患と呼ばれた本腫瘍の予後は極めて不良であり、早期診断法の樹立と標準的治療法の開発が世界的に求められている。本講座では、

  1. 中皮腫の早期診断に役立つ分子マーカーの開発
  2. 中皮腫の標準的治療法の確立
  3. 中皮腫治療における免疫療法の確立と応用

などの研究プロジェクトを展開している。また、肺癌や縦隔腫瘍などの他の胸部腫瘍に対しては、治療成績の向上につながる臨床的・基礎的研究を推進している。

研究の現状

概要

中皮腫および肺癌を中心とした胸部悪性腫瘍の発症・進展機構の解明とその制御を目的とする。分子生物学的、細胞遺伝学的手法を用いた基礎的研究にも取り組んでいる。さらにトランスレーショナルリサーチを展開し、新しい分子標的の探索ならびにバイオマーカーの臨床開発を目指している。また難治性腫瘍である中皮腫に対する臨床応用に直結する治療法の臨床研究、新規治療開発にも力を注いでいる。これらの研究では積極的に多施設共同研究でのプロジェクトを展開している。

主題

【基礎的研究】

悪性胸膜中皮腫に対する免疫療法の確立(呼吸器内科と共同):
悪性胸膜中皮腫「発生」の原因がアスベストであることは、疫学的にもよく知られているが、「発生」後の悪性胸膜中皮腫の「進展」への関与については分かっていない。本研究では、腫瘍微小環境を構成する主たる細胞の一つである腫瘍関連マクロファージ(tumor-associated macrophage: TAM)に注目して現在解析を進めている。アスベストはマクロファージに貪食されるが、分解されることはない。そのため、悪性胸膜中皮腫発生後も常に残存していると考えられる。我々は、アスベストを貪食したTAMが、腫瘍の「進展」にも影響を与えていて、これを標的とすることで、悪性胸膜中皮腫に対する新たな免疫療法につながると考えている。中皮腫細胞やマウスモデルを用いた基礎実験と並行して、全国でも有数の中皮腫診療施設である当院の経験を活かし、臨床検体を用いた解析にも取り組んでいる。


【臨床研究】

  • 悪性胸膜中皮腫の前方視的データベース研究(肺癌登録合同委員会:中央登録方式を用いた前方視的な多施設協働観察研究):
    悪性胸膜中皮腫は低頻度の疾患であること、最近まで有効な治療法が存在しなかったこと、予後が極めて不良であることから臨床情報に乏しく、全国的な多施設共同研究が求められている。本研究は本邦における悪性胸膜中皮腫を前向きに登録しデータベースを構築し、本邦の治療の現状と治療成績を調査し、悪性胸膜中皮腫に関する研究ならびに診療の進歩・普及を図ることを目的とする。
  • 進行・再発非小細胞肺癌患者の腸内細菌叢とニボルマブの治療効果や有害事象との関係についての検討(KCOG1615試験:多施設共同前向き観察研究):
    近年、原発性肺癌や悪性胸膜中皮腫を含む様々な癌腫で、免疫チェックポイント阻害剤が標準治療の一つとなっているが、その効果を予測する因子に乏しい。一方で、腸内細菌叢と免疫チェックポイント阻害剤の効果の関連性についての報告もあるものの、現時点で胸部腫瘍の治療における関連は報告されていない。このため、当院で免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブを投与している患者の腸内細菌叢について検討し、免疫チェックポイント阻害剤の効果を予測する因子を検索している。
  • 未治療進行・再発肺多形癌など肺肉腫様癌に対するペムブロリズマブの単群検証的試験:
    肺肉腫様癌は化学療法抵抗性の難治性の胸部悪性腫瘍であり、予後不良の疾患である。しかし、近年肺肉腫様癌はPD-L1を高頻度に発現し免疫チェックポイント阻害剤が有効であったという報告が散見されるようになった。このため、肺肉腫様癌に対する初回治療として、免疫チェックポイント阻害剤であるペムブロリズマブの有効性と安全性と検証する本臨床試験を、国立がん研究センター病院と共同で行っている。
  • 既治療進行・再発肺多形癌など肺肉腫様癌に対するニボルマブの単群検証的試験:
    本試験は、既治療の肺肉腫様癌に対する二次治療以降としての、免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブの有効性と安全性と検証する。上記試験と同様に、国立がん研究センター病院と共同で行っている。
  • 既治療悪性胸膜中皮腫に対するCPT-11+Gemcitabineの有効性と安全性の検討:
    未治療悪性胸膜中皮腫に対する標準化学療法としてはCDDP+Pemetrexedであるが、既治療悪性胸膜中皮腫に対する標準的治療は確立されていない。免疫チェックポイント阻害剤であるニボルマブが既治療悪性胸膜中皮腫に対する二次治療としての有効性を示したものの、既治療例に対する治療選択肢が乏しいのが現状である。その中でCPT-11+Gemcitabineなどの、ノンプラチナダブレットレジメンの有効性の報告も散見されるため、当院においてCPT-11+Gemcitabineの有効性と安全性をレトロスペクティブに検証する。
  • 新規マーカーによる悪性中皮腫の精密・早期診断の開発:
    特異性と感度に優れた中皮腫マーカーを確立し、精密で早期発見を可能にすることがより有効性の高い中皮腫治療ための第一歩となる。共同研究代表機関である神奈川県立がんセンターで新規中皮腫マーカーとしてインテレクチン-1およびHEG1を見いだした。本研究では、中皮腫患者の体液検体から、悪性中皮腫の精密・早期診断におけるHEG1の中皮腫マーカーとしての性能を検証することを目的とする。悪性中皮腫の新規診断法が開発できることが期待され、中皮腫患者の治療と予後の改善に貢献すると考えられる。

自己評価・点検及び将来の展望

希少がんである悪性胸膜中皮腫の症例が集積するため、臨床面では診断、治療の幅広い研究対象が豊富に存在する。同時に、基礎医学的なアプローチとして分子生物学、分子遺伝学、病理学など多角的な探索を行っている。得られた知見は専門学会および論文で多数発表している。これからも日常診療だけでなく、臨床研究・基礎研究の両面に生かし、evidence-based medicineに寄与しうる臨床研究、さらに疾患原因の解明に迫る質の高い研究を継続したい。

責任者| 長谷川 誠紀(主任教授(兼任))
専門分野:呼吸器腫瘍学(中皮腫・肺癌)、呼吸器外科学、胸腔鏡手術、呼吸器内視鏡
特任准教授| 横井 崇
TEL| 0798-45-6088
FAX| 0798-45-6783

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.