医学部医学科
siryoseikyu2019.jpg
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

放射線医学/放射線医療センター

講座(部署)紹介

当講座では現代医療に欠かせない放射線医学を専門とし、その発展のための臨床的、基礎的研究を行っています。教育活動は卒前、卒後、大学院教育を行っています。診療として附属病院にて画像診断、インターベンショナルラジオロジー(IVR)、放射線治療、核医学・PETの4つを行っています。
画像診断は最先端の機器を用いた各種画像診断検査(各種X線検査、CT、MRI、超音波検査、血管造影など)から成ります。全ての診療科と密接な連携をとりながら診療を行っています。
核医学/PETはシンチグラフィーやPET/CTを撮像し血流・代謝・がんの診断を行っています。 IVRは低侵襲で効果の高い治療で、がんから血管まで多くの疾患のQOLを重視した診療を行っています。肝癌のみならず、肺癌や腎癌、骨腫瘍、副腎腫瘍等に対するRFA(ラジオ波焼灼術)は、本邦でも最も多くの治療経験を有し良好な治療成績を得ています。
放射線治療では各種悪性腫瘍に対し三次元治療計画装置を用いた精度の高い放射線治療を実施しています。早期肺癌に対する体幹部定位放射線治療、前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)および画像誘導放射線治療(IGRT)も行なっています。

研究の現状

概要

画像診断では診断法の開発、画像診断の臨床的評価の評価を行ってきたが、今後はAIを用いた画像診断の研究を取り入れていく予定です。IVRでは治療法の開発、多施設共同の臨床研究の推進、等の臨床研究に加え、RFAや凍結治療が免疫系に及ぼす影響等、基礎研究も進めています。放射線治療では治療効果を高めていけるための臨床研究に加え、放射線障害を予防するための基礎研究に力を入れています。核医学・PETでは11Cコリンによる泌尿器悪性腫瘍診断の臨床的研究、FDG-PET/CTによる治療効果判定(多施設共同研究)、核医学を用いた認知症診断の研究などを行っています。

主題

画像診断領域では、臨床研究に加えAIを用いた新たな画像診断の開発を行っていきたい。IVR領域では、RFA等の新たな治療法の開発や臨床試験の推進等の臨床評価に加え、IVRや放射線治療後の免疫系の変化等の基礎研究に力を入れていきたい。放射線治療領域では放射線障害の予測シュミレーションシステムの開発と予防、画像誘導放射線治療を、 核医学では11C-Choline PET/CTを用いた泌尿器腫瘍診断の臨床研究、FDG-PET/CTによる治療効果判定、核医学画像を用いた認知症をテーマとしている。

自己評価・点検及び将来の展望

主題に関連して科学研究費を獲得。そして、本教室の研究は対象とする疾患の画像診断、治療成績、新しい治療法の開発を目指しており、それぞれの主題に沿った研究はいずれも、独創的で学外からも高い評価を得ている。2つの研究グループの代表として多施設共同の臨床研究を行い、その研究成果を発信し、内外からも高い評価を得ている。患者中心の臨床研究に加えて、基礎的研究も教室のテーマとして行っていきたい。

主任教授| 山門 享一郎
教授| 上紺屋 憲彦
准教授| 石藏 礼一、藤田 昌宏、安藤 久美子、北島 一宏
講師| 小林 薫、冨士原 将之
TEL| 0798-45-6362
FAX| 0798-45-6361

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.