医学部医学科
siryoseikyu2021.jpg
図書館
兵庫医科大学医学会

整形外科学

講座(部署)紹介

我々の整形外科は運動器疾患を診断・治療する科であり、下記の如く大学病院として特色のある高度な診療を行っている。

  1. 脊椎破壊性病変の脊柱再建
  2. 成人脊柱変形
  3. MIST(Minimally Invasive Spine Treatment)
  4. 手、肘関節外科における骨折、靭帯損傷の治療
  5. 骨、軟骨、半月板、靭帯、神経の再生医療
  6. 変形性膝関節症に対する膝周囲骨切り術
  7. 膝関節障害に対する鏡視下手術、靱帯再建術
  8. 関節外科におけるコンピューター支援手術
  9. 慢性関節リウマチ、関節の変性性疾患に対する人工関節置換術(膝・股・肩関節)
  10. 骨軟部腫瘍に対する患肢温存術

研究の現状

概要
運動器疾患に対する診断と治療を更新すべく臨床的、基礎的研究を行っている。


主題
  1. コンピューターを用いた整形外科診療支援システムの構築と臨床応用
  2. 骨粗鬆症椎体骨折後の椎体ドミノ骨折の発生頻度とQOLに影響を及ぼす因子に関する研究
  3. 遠位大腿骨骨切り術、高位脛骨骨切り術の術後臨床成績の検討
  4. 脊髄疾患に対する手術の術後成績調査
  5. 側方侵入椎体間固定術の合併症データベース構築に関する研究
  6. 人工膝関節・股関節置換術のインプラント選択と手術手技の最適化および術後評価についての検討
  7. 膝周囲骨切り術における周術期出血に対するトラネキサム酸の有用性の検討
  8. 新しい人工関節置換術ショートステムの有効性の検討
  9. 人工肩関節術後成績と合併症に影響を与える因子の検討
  10. サルコペニア、フレイルと腰痛の関連性についての解析
  11. 脊椎術後せん妄に対する精神科リエゾン介入の効果
  12. 脊髄損傷モデルによる疼痛発現メカニズムの解析


自己評価・点検及び将来の展望
整形外科では脊椎、上肢、下肢、腫瘍、の4つのグループが独自性を持ち、診療・臨床研究に従事している。
基礎研究の場としては、基礎系教室や他大学、関連企業とのコラボレーションがすすみ、定着しつつある。しかし、その質・量ともにさらなる努力が必要である。また、英文論文の実績も挙がっているが、更なる充実が必要である。これに伴い、科学研究費補助金などの外部研究費の確保が必要となっており、確保の実績も挙がりつつあるが、今後さらなる努力が必要と考える。
現在、社会的にも高齢者の骨・関節障害などへの注目が高まる中、整形領域の診療・研究規模はさらに拡大することが予想される。我々もこの機会を追い風として、臨床にフィードバックできる研究を飛躍させたいと考えている。

責任者| 橘 俊哉(主任教授)
専門分野:脊椎脊髄病、外傷、慢性疼痛
教授| 麩谷 博之
准教授| 圓尾 圭史
講師| 髙木 陽平、中山 寛
TEL| 0798-45-6452
FAX| 0798-45-6453

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.