医学部医学科
siryoseikyu2021.jpg
図書館
兵庫医科大学医学会

疾患オミクス解析学(産学連携講座)

講座(部署)紹介

疾患オミクス解析学講座は、2019年4月1日に株式会社島津製作所との産学連携講座として設置した。がんをできる限り早い段階で発見できれば、がんの根治的な治療が可能となる場合があり、がんによる死亡率の低下や患者のQOL(「生活の質」)の向上にもつながる可能性も見込まれる。
本講座は、大腸がんなどの主要がん種の早期発見システムの開発、ならびに、その実用化、社会実装に向けた検証を進めることを目的として、兵庫医科大学と島津製作所との双方が有する研究開発能力を活かし、緊密な産学連携体制を構築して研究開発を進めている。本講座では、「メタボロミクス」と呼ばれる、生体内に存在する代謝物を網羅的に解析する技術を採用し、様々な代謝物の変動を捉えることでがんをできる限り早い段階で発見できるシステムの開発につながるのではないかというコンセプトを掲げ、研究開発に取り組んでいる。さらに、新たなメタボロミクス解析技術の開発なども行っていき、本講座で実施可能なメタボロミクス解析技術を通じて、様々な共同研究も推し進めていくことで、医学研究の発展へも貢献していきたいと考えている。

研究の現状

概要
疾患オミクス解析学講座には、ガスクロマトグラフ質量分析計と液体クロマトグラフ質量分析計がそれぞれ1台設置されており、2種類の質量分析計を使い分けることにより、生体内に存在する様々な代謝物の分析システムを構築している。そして、この代謝物分析システムを用いて生体内代謝ネットワークの変動を捉えていき、がんバイオマーカー研究を中心に、様々なメタボロミクス研究を行っている。


主題
  1. がんの早期発見を目指したバイオマーカー研究:
    兵庫医科大学病院の各診療科や兵庫医科大学健康医学クリニックの協力のもと、がん患者や健常者の血液検体を収集している。その収集血液検体を用いて血中代謝物の分析を行うとともに、がん患者と健常者との間でどのような血中代謝物に違いがあるのかを明らかにしていくことで、代謝物をバイオマーカーとしたがんの早期スクリーニング法の開発へ向けた検証を進めている。
  2. 血中生体分子の変動要因の解析研究:
    代謝物やタンパク質といった生体分子は、食事などの要因により日内で変動するものも存在する。また、生体試料の取扱い手順(例えば、採血後の血液の取扱い手順など)に依存して変動する生体分子の存在も知られており、研究開発を進める上で、これらの変動要因を明らかにすることは、研究開発成果に社会に還元していくために有益な情報となる。そこで本講座では、代謝物に注目し、血中代謝物の変動要因解析を進めている。
  3. 新たなメタボロミクス解析技術の開発:
    近年、メタボロミクス解析技術が様々な研究分野に取り入れられ、各研究分野の発展に貢献してきているものの、より精度よく、より精確に代謝物分析を行っていくため、メタボロミクス解析技術の更なる発展も望まれており、その発展が研究開発成果の実用化への一助となっていく。本講座では、既存の分析システムにとらわれることなく、分析についての新たな課題も創出していき、新しいメタボロミクス解析技術の開発へとつなげている。


自己評価・点検及び将来の展望
疾患オミクス解析学講座は、がんの早期発見システムの開発を目指した株式会社島津製作所との産学連携講座である。医学研究を行う「兵庫医科大学」、臨床治療の現場である「兵庫医科大学病院」、ヘルスケアを支援する「健康医学クリニック」と、学校法人兵庫医科大学は役割が異なる3つの機関を併せ持つが、ここに分析技術や分析機器を専門とする株式会社島津製作所が加わり、産学連携で研究開発を進める基盤を構築し、本講座を運営している。メタボロミクス研究を進めるにあたり、現在、バイオマーカー研究を含めた様々な研究に、できる限り対処できるよう代謝物分析システムの確立を進めている。また、兵庫医科大学、兵庫医科大学病院内を中心とした各講座、診療科とのメタボロミクスに関する共同研究も開始しており、兵庫医科大学における研究の発展、さらには、社会における医療・健康分野への貢献を目指し、研究開発を推し進める。


特任教授| 三輪 洋人(兼任:消化器内科学 主任教授)
教授| 池田 正孝(兼務:消化器外科学 教授)
准教授| 菊池 正二郎(兼務:先端医学研究所 医薬開発研究部門 准教授)
特任講師| 西海 信

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.