卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

School of Medicine

松⽥ 鋼介さん
患者さんの喜びをやりがいに
QOLを見据えた治療を

兵庫医科⼤学病院 勤務
医学部 医学科 2020年3⽉卒業

医師松田 鋼介さん

どのような仕事をしていますか?
初期研修医として診療科をローテートする⽇々を送っています。研修医になりたての頃は、点滴のルート確保にも苦戦していましたが、徐々に⼿技も判断⼒も磨かれ、上級医や他のスタッフから戦⼒とみなされるようになってきました。
印象に残っている出来事
⼤きく意識が変わったのは、アレルギー・リウマチ内科にいた頃のこと。痛みで満⾜に眠れない関節リウマチの患者さんにステロイドで加療を⾏い「ぐっすり眠れた、歩けるようになった」と喜ばれました。治療はQOL(quality of life:⽣活の質)に直結し、⽣きる喜びにも通じます。そこに深く関われる医師という⽴場を誇らしく感じた瞬間でした。開業医である両親のもとに⽣まれ、⾃然と医師を志した私。動機はさほど純度の⾼いものではなかったかもしれません。しかし、病気で苦しむ患者さんが治療により回復し、元気になる姿を間近にみている今、この道を選んで良かったと思っています。

卒業生インタビュー

School of Pharmacy

坂本 慎平さん
安心して服薬できる
環境づくりが大切
在宅医療でも重要な役割を担う

前⽥薬局 勤務
薬学部 医療薬学科 2019年3⽉卒業

薬剤師坂本 慎平さん

どのような仕事をしていますか?
学⽣の頃から薬局経営をしたいと考えていたため、⼤学の実習でお世話になった地域の薬局で働いています。
⼤学での学びがどのように⽣かされていますか?
患者さんは医師に悩みをすべて相談できるわけではありません。私たち薬剤師に「聞くのを忘れてたんだけど」と切り出す患者さんはとても多くいらっしゃいます。薬に関する質問を解消するのはもちろん、健康⾯や⽣活⾯など多様な質問に答える必要があるため、在学中に多職種連携の学修をとおして⾝につけた知識が⾮常に役⽴っています。在宅医療を受ける患者さん宅に訪問することもありますが、医師や看護師と連携しながら患者さんとじっくり向き合うことで、トータルな健康管理に携われるのは⼤きなやりがいですね。
将来のビジョン
今後は在宅医療も含めて、薬剤師に求められる職能はさらに広がっていくはずです。時代に合わせた薬局経営を模索しながら、将来的には業務での経験をフィードバックし、⼤学などで薬剤師の育成にも携わりたいと考えています。

IPW(多職種連携)における
薬剤師の役割

患者さんの薬に対する不安を取り除き、安⼼して薬を飲んでいただく環境をつくることが薬剤師の⼤きな役割だと思います。多職種連携においても、薬のプロフェッショナルとして医師や看護師の疑問に答え、治療の基礎になる部分を⽀える重要な役割を担っていると感じています。

卒業生インタビュー

School of Nursing

瀧田 さおりさん
多職種と連携しながら
お産から産後まで
寄り添いサポート

兵庫医科⼤学病院 勤務
看護学部 看護学科 2012年3⽉卒業

助産師瀧田 さおりさん

どのような仕事をしていますか?
少⼦化でお産件数が減少する中、⺟⼦へ良いサポートのために看護学を深めたいと思い、⼀度退職して兵庫医療⼤学⼤学院に進学。現在は復帰しMFICU(⺟体・胎児集中治療室)の主任を務めています。また、⼦ども虐待対策チームにも所属し、科内のスタッフだけでなく⼩児科の看護師や精神科医、ソーシャルワーカーなど、幅広い職種とも連携しています。持病があったり、周囲にサポートしてくれる⼈がいないといった不安を抱える妊婦さんに対しては、地域の保健師さんに訪問していただいて情報を共有し、産前から産後まで⺟⼦をフォローしています。
やりがいを感じる瞬間
お産に際して⼤切にしているのは、ネガティブな思いをしないよう妊婦さんに寄り添うこと。前回のお産で⾟い経験をした産婦さんには、今回は満⾜のいくお産となるように配慮したり、その⽅に合った関わりを⼼がけています。「今までのお産で⼀番いい助産師さんだった」とお褒めの⾔葉をいただけると、とてもやりがいを感じます。

IPW(多職種連携)における
助産師の役割

妊婦さんは、さまざまな不安を抱えています。診察時に医師からヒアリングを⾏いますが、⾔いづらいこともたくさんあるでしょう。助産師は妊婦さんと接する機会が多いため、そういった部分をうまく聞き出してチーム内で共有します。さまざまな思いを聞き出して調整役に徹する。そういった⾯では、さしずめ助産師はコーディネーターのような役割を担っていると思います。

卒業生インタビュー

School of Rehabilitation

⼩池 明希歩さん
専門分野に留まらない
広い知識で患者さんに
寄り添ったリハビリを提供

神⼾市⽴医療センター⻄市⺠病院 勤務
リハビリテーション学部 理学療法学科 2019年3⽉卒業

理学療法士小池 明希歩さん

どのような仕事をしていますか?
急性期病院で早期離床、在宅復帰に向けてのリハビリテーションに携わっています。
⼤学での学びがどのように生かされていますか?
患者さんが⽇常に戻るためには、ただ⾝体機能を回復させるだけでなく、⾃宅周辺の環境を含め、⼀⼈ひとりの⽣活様式を想定した 指導が重要です。中には⼿術直後の患者さんもおられるため、バイタルの変化や既往歴の確認も⽋かせません。また、⾎液の抗凝固薬を服薬されている⽅は、ケガを負うと出⾎が⽌まらなくなるため転倒に注意するなど、専⾨分野外の知識や対応も幅広く求められます。私たちから機能回復の進捗状況を看護師に伝え、病棟でも可能な範囲で動作を促してもらうなど、情報発信も⼤切な業務です。広い視野で患者さんを捉えるためには多職種で情報を共有することが必須であり、⼤学で学んだ多職種連携の⼤切さを実感しています。
将来のビジョン
学びの多い今の職場で経験を積み、将来はより患者さんの⽣活に密着した訪問リハビリに携わりたいと思っています。

IPW(多職種連携)における
理学療法⼠の役割

理学療法⼠は⾝体の動作も含めて患者さんを毎⽇⾒ているので、カルテだけではわからない些細な変化にも気づきやすいと思います。だから、気づいた情報をいち早く医師や看護師などのチームメンバーと共有することが、多職種連携における理学療法⼠の重要な役割だと感じています。

卒業生インタビュー

School of Rehabilitation

⽵原 崇登さん
患者さんとご家族の
思いを汲み、生き生きと
暮らせるよう支援する

兵庫医科⼤学ささやま医療センター 勤務
リハビリテーション学部 作業療法学科 2016年3⽉卒業

作業療法⼠竹原 崇登さん

どのような仕事をしていますか?
病気やけがの後遺症などで⽣活が困難になるということは、患者さんはもちろんご家族もショックですし、受け⼊れる時間が必要です。私にも同様の経験があることから、周囲の⼈々も含めて気持ちに寄り添い、他職種とも連携しながらリハビリに取り組んでいます。
やりがいを感じる瞬間
業務上ケアマネジャーと接する機会が多く、患者さんが退院したその後の暮らしぶりを聞くこともあります。⽣き⽣きと暮らしている様⼦を伝え聞くと、作業療法⼠としての役割を果たせたとうれしく思います。
将来のビジョン
現在は⽼⼈保健施設で通所リハビリに取り組む⼀⽅、脳損傷者の⾃動⾞運転再開⽀援にも携わっています。この新しい分野にチャレンジし、もっと深く学びたいという思いから、⺟校の⼤学院にも進学しました。臨床での経験を踏まえて研究を進め、学会発表も積極的に⾏っています。

IPW(多職種連携)における
作業療法⼠の役割

患者さんの⼈間性や普段の⽣活ぶりを理解した上で、その⽅にとってより良い退院後の⽣活はどういうものなのか、今後の⼈⽣を送る上で何が必要なのかを取りまとめるのが作業療法⼠の重要な役割だと思います。他職種からの情報も統合した上で、患者さんと相談しながら、⽣活を再構築していくための基礎を作るのが作業療法⼠です。