研究

動物実験委員会

兵庫医科大学で行われる生命科学の研究では、やむを得ず動物実験が必要になる時があります。動物実験委員会は、人間の福祉のために尊い命を犠牲にしてくれる実験動物たちが健全な状態で生きられているか、研究が動物愛護の精神の下で適正に行われているか、不要な苦痛が実験動物に加えられていないか等を監視する役目を持っています。また、高度なレベルの動物実験により、兵庫医科大学は病気の人々を救うために日夜研究し、優れた多くの業績を発表している研究者を支援する機関でもあります。

 兵庫医科大学動物実験委員会は「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」、兵庫県の定める「動物愛護及び管理に関する条例」及び、文部科学省の定める「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針」に適合した動物実験が行われるよう、最善の努力を行っております。

規程関係

法令関係

関係資料

2022年度以降の情報公開

  • 自己点検・評価、外部検証関係
  • 動物実験委員会の活動
  • 実験動物の飼養保管状況

2023年度以降、順次情報公開予定です。

2021年度以前の情報公開

兵庫医科大学

自己点検・評価、外部検証関係

動物実験委員会の活動

実験動物の飼養保管状況

兵庫医科大学病態モデル研究センター他、各講座の5施設

規程関係(2022年3月31日時点)

兵庫医療大学

自己点検・評価、外部検証関係

動物実験計画審査数

教育訓練実施状況

委員名簿(2022年3月31日時点)

実験動物の飼養保管施設

実験動物の飼養保管状況

規程関係(2022年3月31日時点)