大学紹介

⼊学者受⼊れの⽅針(アドミッション・ポリシー)

大学全体

本学は、建学の精神並びに目的、使命、教育目標並びに学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を理解し、主体性をもって学び医療専門職者を志す学生を求めます。また、学生を適正に選抜するために多様な選抜方式を実施します。また、高等学校までに修得すべき「関心・意欲・態度」「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」は学力試験などで判断します。

医学部

兵庫医科大学医学部では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を掲げており、その方針に則り、本学部の目的を達成するために次のような人物を求めます。

求める人物像

関心・意欲・態度

  • 医師となることについて明確な目的と情熱を持っている。
  • 病める人に対する思いやりを持ち、痛みに共感できる。
  • 豊かな教養と人間性を有する。
  • 常に努力を怠らない強い向上心を持ち、自ら進んで学修し、生涯にわたって自己啓発・自己学修・自己の健康増進を継続する意欲がある。
  • 科学への好奇心を有し、疑問に対して積極的に追求する姿勢を有する。
  • 自己犠牲の精神があり、社会に奉仕する心を持つ。

思考・判断

  • 高い倫理性を有し、良心に従い行動できる。
  • 自分の考えや行動に責任を持ち、それを周囲に明確に示すことができる。

技能・表現

  • 協調性に富み、周囲の人と十分なコミュニケーションを取ることができる。
  • 多様な価値観を理解でき、相手の立場に立って接することができる。
  • 知識、技能をわかりやすく伝えることができる。

知識・理解

・本学部の医学教育プログラムに対応できるしっかりとした基礎学力を有する。

入学するまでに、次のような教科、科目の内容を理解、習得していることが望まれます。
 数学
 数学I、数学II、数学III、数学A、数学B(「数列」、「ベクトル」)
 外国語
 コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語III、英語表現I、英語表現II
 理科
 物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物

 その他に、基礎的な読解力、表現力、判断力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、論理的思考力、分析能力、社会の仕組みの理解と変化する社会情勢に対応する素養

このような人物の受け入れを行うため、本学部では次のような入学者選抜を実施しています。

選抜方法の趣旨

地域医療を含む日本の医学・医療・福祉・保健に広く貢献できるよう、一般選抜、学校推薦型選抜、総合型選抜を行い、多様な人物を受け入れることを目指しています。
一般選抜では、高等学校において十分な学力を修得した学生、或いは同等の学力を有する学生を選抜します。一般選抜B(高大接続型)では、自ら進んで英語力を身につけ、国際的に活躍しようとする意欲を有することを重視します。学校推薦型選抜では、高等学校において一定のレベルの学力を修得したと認められる学生の推薦を求めますが、これに加えて、スポーツ・文化活動、検定資格、生徒会活動なども評価の対象としています。
学校推薦型選抜(地域指定制)では、将来の地域医療を担う医師を確保するため居住地域を限定して募集するもので、この制度により入学した方は地域医療に関する実習を履修します。総合型選抜では、医学教育に耐えうる学力を有していることに加え、多職種連携を推進するため主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を重視します。

評価・重視する点や具体的な判定方法は次のとおりです。

総合型選抜

兵庫医科大学での学びを通じ社会に貢献する強い意志を有し、主体性を持って多様な人々と協働して学び多職種連携を推進する適性を有する人材を募集します。志望する強い意欲を志望理由書にて確認します。医学を学ぶのに必要な学力をみるための基礎適性検査、表現力、論理的思考力をみるための小論文試験、科学的・論理的思考力、表現力、判断力をみるためのプレゼンテーション試験、目的意識、コミュニケーション能力、多職種連携への理解などをみるための面接試験を行います。基礎適性検査、小論文試験、プレゼンテーション試験、面接試験、調査書、志望理由書などを含めて多面的、総合的に判定します。

学校推薦型選抜

充実した高校生活を送り全教科にバランスの取れた学力と優れた人間性を有する方を求めます。また、高等学校で多様な活動をした方、個性的な活動をした方も歓迎します。医学を学ぶのに必要な学力をみるための基礎適性検査、表現力、論理的思考力をみるための小論文試験、目的意識、コミュニケーション能力、表現力、判断力、協調性などをみるための面接試験を行います。基礎適性検査、小論文試験、面接試験、調査書などを含めて多面的、総合的に判定します。
特に、学校推薦型選抜(地域指定制)では、地域医療に対する理解・意欲などを含めて評価します。

一般選抜

高等学校において十分な学力を修得した学生に加えて、社会人や他学部卒業生などを含めて幅広く人材を募集します。一般選抜A(4科目型)では、医学を学ぶのに必要な学力をみるための個別学力検査は3教科4科目を課します。小論文試験は読解力、分析能力、論理的思考力等を計ります。面接試験では医学への志向と勉学意欲、表現力、判断力、協調性、コミュニケーション能力を持っていることを重視します。一般選抜B(高大接続型)では、個別学力検査に加えて英語の資格・検定試験を用いて英語の4技能を計ります。
個別学力検査、小論文試験、面接試験、調査書などを含めて多面的、総合的に判定します。

薬学部

薬と生体についての「専門的な知識」、薬を正しく取り扱うことのできる「正確な技術」、および、他者との「コミュニケーション能力」 を身につけた人を育てます。さらに、多様な専門職者からなる医療チームの中で、身につけた知識、技術、コミュニケーション能力を活かして活躍し、人の健康と幸福のために尽力し、社会の発展に貢献する意欲を持った薬のプロフェッショナルを育成します。
したがって、目標とする<将来の自分像>を持ち、以下の<必要な素養と能力>を有している人を求めます。

将来の自分像

1. 薬剤師として病院や薬局などでチーム医療や地域医療に貢献する。

2. 医薬品の研究・開発や販売を通して企業などで広く医療に貢献する。

3. 薬学研究者・教育者として研究機関や大学などで活躍する。

4. 薬事・衛生行政に関わり、国や地方自治体で活躍する。

必要な素養と能力

知識・技能

  • 薬学を学ぶための高等学校卒業レベルの基礎的な学力がある。

思考力・判断力・表現力

  • 根拠に基づいて論理的に考え、判断し、行動できる素養がある。
  • 自分の考えを人に分かりやすく伝えることができる。

主体性・多様性・協働性

  • 目的意識を持って自ら学び続けることができる。
  • 相手の話をよく聞いて理解し、柔軟に対応しようとする姿勢がある。

看護学部

看護の実践者・研究者・教育者として活躍できる優れた看護専門職者(看護師・保健師・助産師)を育成します。
そのため、生命の尊厳や個人の権利・価値観を理解し、尊重できる「感性豊かで倫理観に富んだ人間性」と、高度化・複雑化する医療現場に対応できる「確かな看護実践能力」を育成します。
さらに、地域的・国際的な視野で医療・保健・福祉の課題を総合的に捉え、他職種と協働して、主体的・創造的に人々のquality of life(生活の質)の向上に寄与できる能力を育成します。
したがって看護専門職者として医療・保健・福祉などの分野に貢献しようとする意志を有し、以下の<必要な素養と能力>を有する人を求めます。

必要な素養と能力

知識・技能

  • 看護学を学ぶための高等学校卒業レベルの基礎的な学力がある。

思考力・判断力・表現力

  • 論理的に物事を考え、表現する力を身につけている。

主体性・多様性・協働性

  • 他者を理解し、協調しようとする姿勢を身につけている。
  • 看護専門職者になる強い意志を持ち、人間や健康に関心を持ち続けることができる。
  • 自らの目標達成のために努力しやり遂げる意志がある。

リハビリテーション学部

リハビリテーション専門職者(理学療法士・作業療法士)として社会に貢献する人を育成します。
そのために、人々の幸福と健康に貢献することができる人間力、理学療法学・作業療法学の知識・技術に基づく確実な臨床力、他職種と連携しながらリハビリテーション専門職として力を発揮することができる総合的実践力、そして、生涯にわたって自分の能力を磨き自己を高めていく能力・態度を育成します。
したがって、理学療法学科では理学療法士として、作業療法学科では作業療法士として、医療・保健・福祉などの分野に貢献しようという意志を有し、以下の<必要な素養と能力>を有する人を求めます。

必要な素養と能力

知識・技能

  • 理学療法学あるいは作業療法学を学ぶための高等学校卒業レベルの基礎的な学力がある。

思考力・判断力・表現力

  • 物事を論理的に考えるための基本的思考力がある。
  • 自分なりに物事を判断し、その理由を説明することができる。
  • 自分の気持ちや考えを人に伝えることができる。

主体性・多様性・協働性

  • 目的意識をもち続け自分から能動的に学修する。
  • 自分と異なる意見や気持ちをもっている人に関する興味と、そのような相手を理解しようとする姿勢をもっている。
  • 人とのコミュニケーションを大切にする。

大学院全体

本学大学院は、医学・医療・保健・福祉などの分野におけるさまざまな課題を解決するための研究する心と力を身につけたい志のある学生を求める。
研究を修めるために必要な学力や主体性を、専門科目、外国語、面接などにおいて評価する。

医学研究科

兵庫医科大学大学院医学研究科は、建学の精神である「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」を礎として、その理念に内包される医学諸理論とその応用について学修・研鑽すること、創造性豊かな自立した研究者、又は高度な専門知識・技術を有する医療人になる為に必要な高度の研究能力と、その基盤となる豊かな学識及び崇高な人間愛の精神を培うこと、並びに研究活動によって得た成果を広く社会に還元し、医学・医療の進展に寄与することを目的としています。この目的を遂行するため、次のような資質を持った学生を求めています。

求める学生像

  • 創造性豊かな自立した研究者、又は高度な専門知識・技術を有する医療人を志す人
  • 知的好奇心に富み、科学的探究心を発揮できる人
  • 日々進歩する医学の専門的知識を深く広く修得するため、自ら進んで探究する人
  • 建学の精神のもと、豊かな学識と高い倫理観を涵養し、先駆的な研究活動により社会に貢献しようとする人
  • 革新的な医学研究成果を創出し、人類の健康・社会の福祉の向上に貢献しようとする人
  • 最先端医療技術の開発、修得および普及を目指す人
  • 先進的な医学や生命科学を追求し、世界に飛躍しようとする人
  • 協調性と独創性を備え、自立した研究者を目指す人

選考方法

『幅の広い医学分野での研究に耐えうる人材を選考するため、医学英語の基礎的読解力や理解力を英語の学力試験によって、また志望する研究分野に対する基本的な知識と理解力や明瞭な思考と勉学の熱意、及び論理的思考力・応用力を面接試験により評価し、入学者を選抜します。

薬学研究科

本研究科の理念に共感し、高度な研究能力を有する医療専門職者、そして医療薬学の問題を解決したいと願う薬学研究者を目指す以下のような人材を求めます。

1. 高度な研究能力を獲得する基盤となる薬学に関する基礎知識を有する人。

2. 薬学に関する最先端の情報を獲得するために必要な外国語の能力を有する人。

3. 医療の現場における問題点を明確化し、それを解決する研究能力を身につけたいという意欲を有する人。

入試との連関

1. 専門科目:高度な研究能力を獲得する基盤となる薬学に関する基礎知識を判定します。

2. 外国語:薬学に関する最先端の情報を獲得するために必要な外国語の能力を判定します。

3. 面接:医療現場における問題点を明確化し、それを解決する研究能力を身につけたいという意欲を持っているかどうかについて判定します。

看護学研究科

生命と人権を尊重し、医療・保健・福祉および社会の変動に対応し、創造的かつ科学的に看護が実践できる能力をもち、人々の健康とquality of lifeの向上および看護学の発展に寄与できる高度専門職業人、研究者、教育者、管理者を育成します。本研究科では、以下のような人材を求めます。

1. 主体的に学び、目標に向かって邁進できる人。

2. 看護専門職者として高度看護実践・看護学の発展に貢献する意欲を有する人。

3. 志望する専門分野に必要な基礎的知識と技術を有する人。

4. 国際的視野に立ち、柔軟な発想ならびに論理的思考で課題を探究する姿勢を有する人。

5. 倫理的な感受性と想像力をもって行動できる人。

入試との連関

1. 専門科目:志望する分野の専門的知識と専門分野の動向と現状の理解と課題を明確にできる能力を判定します。

2. 外国語:最新の知見を各種論文から読み取るための能力を判定します。

3. 面接:志望動機、学修準備状況、自主性、学習意欲、心構えを判定します。

医療科学研究科

高度な研究能力を有する医療専門職者ならびに高度な実践能力を有する医療専門職者を強く目指す以下のような人材を求めます。

1. 自ら積極的に学び、目標に向かって邁進できる人。

2. 自らの臨床的知識・技能を積極的に高めたいという意欲を有する人。

3. 先駆的・学際的・発展的研究に取り組み、医療科学の発展に寄与する姿勢を有する人。

4. 自らが修得した臨床的知識・技術、発展的知見を臨床実習教育・新人教育を通じて後進へ伝え、専門職業人としての発展に寄与しようとする人。

「リハビリテーション科学研究」コース

1. リハビリテーション科学領域において、先駆的・学際的・発展的な研究を展開しようとする志向性を有する人。

2. 将来、本領域において研究・教育を牽引していく意欲を有する人。

「リハビリテーション科学課題研究」コース

1. 自らの臨床的知識・技術を積極的に高めたい人。

2. 本研究科で培った臨床的知識・技術を活用してリハビリテーション医療の向上に貢献しようとする人。

入試科目との連関

1. 専門科目:各専門領域に関する基礎的な知識を判定します。

2. 外国語:最新の知見を各種論文から読み取るための能力を判定します。

3. 面接:主体的・協調的に研究活動に取り組もうとする姿勢を判定します。