MESSAGE MESSAGE

MESSAGE FROM PRESIDENT
人々に“力”を与えられる大学に

学長

野口 光一

Koichi Noguchi

2022年の春、兵庫医科大学は開学50周年という記念すべき節目を迎えます。それにあたり、私たちは次の50年に向けた新たな一歩を踏み出そうと考えました。

まずは、本学の社会的な存在価値から見つめ直すべく、「私たちが世の中から求められていることは何か?」「どのような価値を提供できるのか?」「どのような大学・病院でありたいのか?」などについて検討を開始。教職員をはじめ、学生や卒業生なども一緒になって約半年間をかけて検討を行ってきた結果、これから私たちがめざすべき新たな道が決定しました。

兵庫医科大学の新しいスローガンは、“EMPOWER THE PEOPLE 心に響く医を、私たちがいるかぎり”。EMPOWERには「人々に力を与える」「人々を勇気づける」などの意味がありますが、ビジョンで掲げた「一人ひとりの人生が豊かな社会」が実現するように、どんな時でも人々にパワーを与えられる存在になること。それこそが、兵庫医科大学がめざす新たな姿です。

現在私たちは、兵庫医科大学と兵庫医療大学、両大学の統合をめざしており、文部科学省からの認可が下りれば、2022年4月には晴れて「医学部」「薬学部」「看護学部」「リハビリテーション学部」の4学部を擁する医系総合大学となります。また、同年秋には大阪・梅田に健診施設を開設し、2026年には新病院棟も建設予定です。

全員で描いた「一人ひとりの人生が豊かな社会」という夢が、いつの日か現実のものとなるように、私たちは「心に響く医」を胸に、全員で一丸となって教育・研究・診療・地域貢献に取り組んでいきます。

未来へ向けて生まれ変わる新しい兵庫医科大学に、ぜひご期待ください。