TEL 0798-45-6591 / FAX 0798-45-6593

研究について

採取した組織細胞から解析する研究員

当教室では、膠原病・リウマチ性疾患の病態解明や新規治療法の開発を目標とし、日々研究に取り組んでいます。
臨床医学系の教室である利点を生かして、臨床の現場から得られた結果を基礎医学的な面から詳しく解析することや、基礎研究で得られた結果をヒトの病態にフィードバックさせ、患者さんの治療に生かすことなどを目指しています。

最近の主な研究内容としては

  • 関節リウマチやシェーグレン症候群におけるスフィンゴシン-1 リン酸(S1P)の役割(コーネル大学Hla教授と共同研究)
  • S1PのアゴニストであるFTY720の関節リウマチに対する効果(コーネル大学Hla教授と共同研究)
  • 関節リウマチに対するNK4(HGFアンタゴニスト)の効果
  • 腸管GVHDにおけるTLR4の役割
などが挙げられます。




近年の研究概要・業績

学術論文

  • Tsunemi S, Iwasaki T, Kitano S, Imado T, Miyazawa K, Sano H. Effects of the novel immunosuppressant FTY720 in a murine rheumatoid arthritis model. Clin Immunol. 2010. [in press]
  • Kuroda-Morimoto M, Tanaka H, Hayashi N, Nakahira M, Imai Y, Imamura M, Yasuda K, Yumikura-Futatsugi S, Matsui K, Nakashima T, Sugimura K, Tsutsui H, Sano H, Nakanishi K. Contribution of IL-18 to eosinophilic airway inflammation induced by immunization and challenge with Staphylococcus aureus proteins. Int Immunol. 2010. [in press]
  • Matsui K, Ueda H, Terada M, Azuma N, Okamura H, Sano H. Mizoribine protects against bleomycin-induced lung injury. Mod Rheumatol. 2010. [in press]
  • Sekiguchi M, Iwasaki T, Kitano M, Kuno H, Hashimoto N, Kawahito Y, Azuma N, Hla T, Sano H. Role of sphingosine 1-phosphate in the pathogenesis of Sjögren's syndrome. J Immunol. 180(3), 1921-1928, 2008.
  • Kitano M, Hla T, Sekiguchi M, Kawahito Y, Yoshimura R, Miyazawa K, Iwasaki T, Sano H, Saba JD, Tam YY. Sphingosine 1-phosphate/sphingosine 1-phosphate receptor 1 signaling in rheumatoid synovium: regulation of synovial proliferation and inflammatory gene expression. Arthritis Rheum. 54(3), 742-753, 2006.
  • Terada M, Tsutsui H, Imai Y, Yasuda K, Mizutani H, Yamanishi K, Kubo M, Matsui K, Sano H, Nakanishi K. Contribution of IL-18 to atopic-dermatitis-like skin inflammation induced by Staphylococcus aureus product in mice. Proc Natl Acad Sci U S A. 103(23), 8816-8821, 2006.
  • Kuroiwa T, Iwasaki T, Imado T, Sekiguchi M, Fujimoto J, Sano H. Hepatocyte growth factor prevents lupus nephritis in a murine lupus model of chronic graft-versus-host disease. Arthritis Res Ther. 8(4), R123, 2006.
  • Tsunemi S, Iwasaki T, Imado T, Higasa S, Kakishita E, Shirasaka T, Sano H. Relationship of CD4+CD25+ regulatory T cells to immune status in HIV-infected patients. AIDS. 19(9), 879-886, 2005.
  • Imado T, Iwasaki T, Kataoka Y, Kuroiwa T, Hara H, Fujimoto J, Sano H. Hepatocyte growth factor preserves graft-versus-leukemia effect and T-cell reconstitution after marrow transplantation. Blood. 104(5), 1542-1549, 2004.


主な国際学会での発表

2009年

米国リウマチ学会議(ACR)
岩崎 剛 : Multiple Effects of FTY on the Immune System, Inflammation, and Bone Remodeling in Rheumatoid Arthritis
北野将康 : The Role of Sphingosine 1-Phosphate / S1P1 Signaling in the Osteoclastogenesis of Rheumatoid Arthritis
常見 幸 : HGF Antagonist, NK4, Inhibits Th1 Immune Response, RANKL Expression on Synovial Fibroblasts and Enhances Osteoblast Generation
神田ちえり : Effect of FTY 720 on Bone Remodeling in Rheumatoid Arthritis
今戸健人 : Role of Toll-Like Receptor-4 for the Pathogenesis of Lupus-Like Autoimmune Disease

2008年

米国リウマチ学会議(ACR)
關口昌弘 : Th17 and Foxp3 Regulatory T cells (Tregs) in Primary Sjogren’s Syndrome (SS): Role of Sphingosine 1-Phosphate (S1P)
常見 幸 : Molecular Targeting of Angiogenic Inducer by Hepatocyte Growth Factor Antagonist NK4 for the Treatment of Rheumatoid Arthritis
欧州リウマチ学会議(EULAR)
北野将康 : The role of Sphingosine 1-Phosphate/ S1P1 Signaling in the Osteoclastgenesis via RANKL expression of Rheumatoid Synoviocytes
常見 幸 : Treatment of a Murine Arthritis Model, SKG Mouse, by FTY720 a New Immunosuppressant

2007年

米国リウマチ学会議(ACR)
岩崎 剛 : Effects of the Novel Immunosuppressant FTY720 in a Murine Rheumatoid Arthritis Model
常見 幸 : Suppression of Arthritis in a Murine Rheumatoid Arthritis Model Following Treatment with the Hepatocyte Growth Factor Antagonist NK4




文部科学省科学研究費補助金

  • 平成22-23年度 東 直人 : 若手研究B「シェーグレン症候群の口腔内病変における唾液中EGF産生能」
  • 平成20-21年度 岩崎 剛 : 基盤研究C「HGFアンタゴニスト(NK4)による滑膜増殖の制御」
  • 平成19-20年度 佐野 統 : 基盤研究C「スフィンゴシン1リン酸受容体制御における関節リウマチ治療」
  • 平成19-20年度 常見 幸 : 若手研究B「FTY720投与によるSKGマウスにおけるTregへの影響と関節炎抑制効果」
  • 平成18-19年度 北野将康 : 若手研究B「破骨細胞の分化と活性化におけるS1P/S1P1シグナルの役割」
  • 平成17-18年度 佐野 統 : 萌芽研究C「関節リウマチの骨・軟骨破壊におけるスフィンゴシン1-リン酸とその受容体の役割」
  • 平成17-18年度 岩崎 剛 : 基盤研究C「HGFとEdg-1リガンドによる移植免疫反応の制御」


その他公的助成

  • 平成18-20年度 私立大学学術研究高度化推進事業「感染・炎症事象の解析と制御」
  • 平成17-20年度 厚生労働省科学研究費補助金「関節リウマチ患者を対象とした多施設共同データベースの構築と疫学研究システムの確立に関する研究」


受賞

  • 佐野 統 : 平成25年度日本リウマチ学会学会賞
  • 森本麻衣 : 兵庫医科大学垣下賞(2012年)
  • 神田ちえり : 平成23年度国際ソロプチミスト女子大学院生奨学金
  • 關口昌弘 : 第3回日本シェーグレン症候群学会奨励賞(2009年)
  • 關口昌弘 : 平成21年度兵庫医科大学教員学術賞
  • 北野将康 : 平成18年度兵庫医科大学教員学術賞
  • 黒岩孝則 : 兵庫医科大学大学院学術賞


研究成果の発表

検査に使用する治具

米国リウマチ学会議(ACR)、欧州リウマチ学会議(EULAR)、アジア太平洋リウマチ学会議(APLAR)、国際免疫学会議、日本リウマチ学会、日本アレルギー学会、日本免疫学会、日本炎症再生学会、日本臨床免疫学会、日本臨床リウマチ学会など