医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

先端医学研究所 神経再生研究部門

講座(部署)紹介

現在わが国は急速な超高齢化社会を迎えており、それに伴う要介護者の急速な増加は深刻な社会問題となっています。高齢者の健康で自立した生活のためには、虚血性脳血管障害やそれに伴う認知症に対する根本的な治療法を提供する必要があります。神経再生研究部門は、この神経再生による神経脱落症状の回復を目指した脳血管障害の普遍的な治療法を確立する目的で設立されました。
本研究部門では、脳組織再生に関するバイオ環境因子検索や成体組織幹細胞などの幹細胞研究のみならず、神経再生医学を応用した再生医療の実現を目指し、これら基礎研究の成果を速やかに臨床応用可能とするためのトランスレーショナルリサーチを行っています。具体的には成体組織より神経幹細胞を取り出し分化増殖させて細胞治療に応用するための基礎研究や、産学連携事業を企画して神経再生を促す薬剤を開発するための幹細胞創薬研究も行っています。
現在までに再生医療的手法を用いた脳血管障害および認知症の治療の目的で、自己血管血球系幹細胞移植による神経再生療法の臨床試験を実施してきました。今後、さらに内在性神経幹細胞を活用した新規神経再生療法を臨床応用し、脳血管障害や認知症のみならず、最終的には神経変性疾患を含めた難治性脳疾患の治療の実現を目指していきます。

研究の現状

概要
血管再生や神経再生などの再生医療技術を応用し、脳血管障害を中心とした神経疾患に対する新しい治療法の開発を目的とした総合的研究を行っている。


主題
  1. 神経細胞再生に関する基礎研究
    マウス脳梗塞巣から容易に神経幹細胞を単離、培養、増殖させる技術を開発した(特許第4905719号;神経幹細胞の調整法)(Eur J Neurosci 2009;29:1842)。この幹細胞は血管壁細胞(血管周皮細胞:Pericyte)が虚血病態下でリプログラミングを受けて幹細胞化した多能性幹細胞 (Ischemia-induced multipotent stem cells: iSC) であると考えられており、神経のみならず血管系の細胞にも分化するため、脳組織を再生する能力を有すると考えられる(Stem Cells Dev 2011;20:2037, 2012,;21:2350, Stem Cells 2015;33:1962, J Neuroinflammation 2016;13時57分)。また、免疫細胞がその生体内動態を左右し、脳梗塞後の組織修復に影響を及ぼしていることも解明しつつある (J Neurosci Res 2010;88:2385, Cell Death Differ 2012;19:756)。
  2. 脳血管等の支持組織の再生に関する基礎研究
    脳梗塞モデルマウス(特許第4481706号;脳梗塞疾患モデルマウス)において、G-CSF投与は脳梗塞増悪作用を示したが(Eur J Neurosci.2007; 26:126)、骨髄単核球の静脈内投与は脳血流改善作用とともに(Am J Neurorad 2007;28:953)、血管再生と神経再生に寄与することを示し(Stem Cells 2009;27:2185, Stem Cells 2010;28:1292, J Cereb Blood Flow Metab 2011;31:855)、骨髄細胞移植による脳梗塞治療法の原理を明らかにしつつある。
  3. 虚血性脳血管障害患者における再生と病態の検討
    脳血管性痴呆患者およびアルツハイマー型痴呆症患者を対象に、末梢血中に存在するCD34陽性細胞の評価を行い、CD34陽性細胞数減少と認知機能低下が相関すること(J Cereb Blood Flow Metab 2009;29:34)や、もやもや病患者においてCD34陽性細胞数が増加していること(J Cereb Blood Flow Metab 2008;28:1086)を明らかにし、血管再生における血管血球系幹細胞の役割を評価した。また、すでにヒト脳梗塞巣にもiSCが存在することを確認しており、倫理審査委員会の承認のもとその単離にも成功しているため (Stem Cells Dev 2017)、今後、この細胞を用いた脳の再生治療が期待される。
  4. Translational studyによる再生医療の実践
    国立循環器病研究センターとの共同研究で厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業(平成19-20年度)「心原性脳梗塞症患者に対する細胞治療の臨床試験とその発展」を遂行した (Stem Cells Dev 2015;24:2207)。引き続き、学内のCell Processing Center (CPC) を用いて、「重度の急性期脳梗塞患者を対象とした自己骨髄単核球細胞静脈内投与の安全性及び有効性を評価する臨床試験」を追行する予定である。


自己評価・評価及び将来の展望

研究成果の一部がすでに特許となっている(特許第4481706号,特許第4905719号)。この脳梗塞治療効果の評価に適したモデルを他大学や製薬企業の研究所に提供することで脳卒中の普遍的な細胞治療法の研究発展に貢献している。また、臨床研究グループと脳卒中再生医療研究チームを結成し、虚血性脳血管障害に対する神経再生医療のための基盤的研究および臨床試験を実施している。今後はこのiSC幹細胞培養システムを用い、神経再生に関わる新たな因子(細胞免疫抑制因子、幹細胞分化刺激因子、分化誘導組織環境因子など)を発掘して、神経疾患治療薬となる新たな化合物を探索したいと考えている。


責任者 松山 知弘 (研究所教授)
准教授 中込 隆之



兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.