医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

小児科学

講座(部署)紹介

  1. 神経・筋・代謝・内分泌疾患
    筋ジストロフィーの分子病態の解明、治療法の開発を行うとともに、治験、臨床研究を実践している。また、脳幹・脊髄神経ネットワークの解析に基づくてんかんの発症機構の解明に取り組んでいる。先天代謝異常症に関しては、マススクリーニング陽性症例の精査とともに、疾患の分子生物学的解析を行っている。また、遺伝性疾患に対する集学的な遺伝子診療を行っている。
  2. 腎疾患・夜尿症
    尿細管細胞障害におけるIL-18の関与、バイオマーカーとしての尿中肝臓型脂肪酸結合蛋白の検討などの研究を行なっている。また、夜尿症に対し、国際基準に基づく積極的な治療を行うとともに、小児神経および小児泌尿器科医と連携した集学的夜尿症治療を行なっている。
  3. 新生児疾患
    脳室周囲白質軟化症とIL-18との関連、新生児好酸球増加疾患の病因の解明、血清・尿中BNPによる循環、呼吸不全の評価系の確立を行なっている。
  4. アレルギー疾患
    小児期食物アレルギーの新規管理法の確立、アナフィラキシー治療症例の多施設共同研究、H. pylori感染胃炎の発症における免疫機構の解明を行っている。
  5. 子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)
    環境省による「エコチル調査」の全国15か所のユニットセンターの1つとして選定されており、公衆衛生学・産科婦人科学講座と共に兵庫ユニットセンターの運営を担当している。

研究の現状

概要

小児・新生児疾患全般にわたり、救急医療、高度救命医療、先進医療を行う中、神経・筋疾患、腎疾患、血液・腫瘍疾患、新生児・未熟児医療、アレルギー疾患、代謝・内分泌疾患などを中心に、分子機構を含めた病態の解明、さらに病態に基づく治療法の開発に関する研究を行っている。

主題

  1. デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に対する分子治療法の開発と実践:
    アンチセンスオリゴヌクレオチドによるエクソンスキッピング誘導治療、アルベカシンによるナンセンス変異リードスルー誘導治療の基礎研究を行うとともに、治験、臨床研究により、これらの新規治療法の臨床への応用を進めている。また、個々のDMD症例における分子病態の解明を行い、新規治療法の開発を行なっている。
  2. 難治性遺伝性疾患に対する集学的遺伝子診療を行っている。新たな治療法の開発とともに、一部の疾患においては保因者診断・出生前診断などの相談を受け付けている。
  3. 小児IgA腎症の障害評価:
    小児IgA腎症における腎生検組織においてCD68、myeloid-related protein(MRP)8、MRP14、α-SMA染色を行い、マクロファージの影響や、線維化の程度などを治療法ごとに組織学的な検討し、小児IgA腎症治療の検討を行っている。
  4. 尿細管障害の関連因子:
    尿細管細胞障害は単独、もしくは糸球体障害の関連として出現する。各種病態における尿細管細胞障害の発症におけるIL-18などのサイトカインの関与について検討を進めている。
  5. 夜尿症の発症関連因子の研究:
    膀胱の過敏性とアセチルコリンとの関連について、札幌医大泌尿器科を中心とした全国レベルでの研究に参加し、病態解明を進めている。また夜尿症と覚醒障害に関わる因子を解析し、新たな治療法の開発に向けて研究を行っている。
  6. MRスペクトロスコピー測定による新生児脳損傷早期での予後評価:
    3T MRI装置の開発にともない再普及されつつあるMRスペクトロスコピーを測定し新生時期からの発達過程基準値を用いて新生児仮死早期の新生児脳損傷と発達障害の予後評価の検討を行っている。
  7. 低出生体重児の消化管機能障害に関する周産期背景因子の疫学的調査:
    小児外科と協力し国内11施設における新生児壊死性腸炎(NEC)、胎便関連性腸閉塞(MRI)、特発性腸穿孔(FIP)、胎便性腹膜炎(MP)の周産期因子を解析し発症危険因子の解明を行っている。
  8. 新生児消化管アレルギーでのサイトカインやバイオマーカーの検討:
    新生児消化管アレルギーの病因解明のために好酸球やサイトカインやバイオマーカーの検討を行っている。好酸球増多と上昇した血清IL-5間には因果関係を認め、治療乳介入児に乳児期アレルギー疾患の発症は少なかった。炎症性腸疾患の活動性マーカーである便中カルプロテクチンを用い病勢や治療評価に用いて乳児期アレルギー疾患の予防対策を検討している。
  9. IBD(炎症性腸疾患)合併母体児の臨床学的検討:
    IBD母体児において、母体病勢と発達予後の関連に対して検討を行っている。
  10. 小児期食物アレルギーの新規管理法の確立:
    自然治癒の期待できない難治性の食物アレルギーに対して経口免疫療法を行い、その耐性獲得のメカニズムを検討している。経口免疫(脱感作)療法に関する多施設研究に参加し、新たな治療法の確立を進めている。
  11. アナフィラキシー治療症例の多施設研究に参加し、問題点を明らかにした上で臨床に応用している。患者ごとに異なる原因因子を特定し、発症予防の対策を検討している。
  12. H. pylori感染性胃炎の発症におけるIL-33の関与について、マウスモデルを用いて検討を行っている。(本学病原微生物教室との共同研究)
  13. 小児神経疾患に対する多施設共同研究を行い、特に希少難治性疾患、超重症児の臨床病態の解析、治療法の確立を目的とした臨床研究を行っている。
  14. 小児慢性頭痛において、特に一次性頭痛との鑑別が難しい起立性調節障害、心因性頭痛の診断・治療系の確立を進めている。
  15. エコチル調査(環境リスクが子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのか): 「胎児期から小児期にかけての化学物質曝露をはじめとする環境因子が、妊娠・生殖、先天奇形、精神神経発達、免疫・アレルギー、代謝・内分泌系等に影響を与えるか」という中心仮説を解明するために、妊娠中から13歳になるまでに定期的に健康調査を行なうとともに、血液、尿、母乳などの生体試料を用いて化学物質の曝露について調べるほか、様々な環境要因、遺伝要因、社会要因、生活習慣要因などについて、幅広く調べている。
  16. エコチル調査に参加している子どもの罹患状況(疾患情報登録調査):
    保護者から6か月毎に提出される質問票調査で、子どもが下記の対象疾患に罹患したと回答し、同意を得られた方について、対象児の受診医療機関に協力頂き、保護者からの情報だけでは十分に把握できない専門的情報を収集している。対象疾患:川崎病、先天異常および代謝・内分泌系疾患、てんかん、小児がんなど
  17. 環境暴露評価及び医学的検査(詳細調査):
    2013年4月1日以降に出生した子どもから無作為に抽出した5,000名(兵庫ユニットセンターで251名)を対象に、全体調査の参加者全員に対して実施困難な調査を行ない、精神神経発達、免疫・アレルギー分野、代謝・内分泌分野の中心仮説の検証を行なう。

自己評価・点検及び将来の展望

小児科学講座は、小児の難治性疾患の病態解明と治療法の開発を主眼に研究を続けている。臨床症例には、現時点で解明されている病態生理では説明できないことがみられる。そのような症例でみられる病態を個体から分子に至る様々なレベルで解析することにより、新たな病態が明らかになり、さらに治療法の開発が可能となる。このような観点から、研究を継続していく。

29jpg
竹島 泰弘 主任教授
責任者| 竹島 泰弘(主任教授)
専門分野:筋、代謝、内分泌
教授| 服部 益治
非常勤講師| 大塚 欣敏
講師| 皆川京子
助教| 10名
TEL| 0798-45-6352
FAX| 0798-45-0137

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.