医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

整形外科学

講座(部署)紹介

  1. 膝関節障害に対する鏡視下手術、靱帯再建術
  2. 手、肘関節外科における骨折、靭帯損傷の治療
  3. 関節外科におけるコンピューター支援手術
  4. 骨、軟骨、半月板、靭帯、神経の再生医療
  5. 最小侵襲手術(ヘルニアに対する顕微鏡視下椎間板切除、経皮的椎間板摘出等)
  6. 慢性関節リウマチ、関節の変性性疾患に対する人工関節置換術
  7. 骨軟部腫瘍に対する患肢温存術
  8. 長期透析患者に対する関節、脊椎再建術
  9. 光学マーカーを用いた三次元運動動作解析

研究の現状

概要
関節外科における生体力学的研究、運動器における再生医療の応用、関節炎の発症機序の解明における免疫学、分子生物学、遺伝学、腫瘍における画像診断学、臨床腫瘍学や、脊髄・神経における分子生物学、遺伝学、電気生理学などの研究を行っている。


主題
  1. 人工股関節置換術におけるnavigation system の有用性について:
    当科では2005年よりCT free navigation system を導入し手術を行っている。我々は人工股関節置換術におけるCT free navigation の有用性を術後X線、術後CTとnavigation 上data との比較により検討、発表してきた。多面的な人工関節設置状態の調節についてもこのシステムの使用が可能であり、現在この点についての正確性検証を行っている。
  2. 画像による関節動作解析:
    現在、膝関節の動的な動きのなかでの不安定性は評価できていない。この問題に対して、膝の動きを2次元動画像として画像化できるX線透視装置と、膝の3次元形状を画像化できるMultidetector-row CT 装置を組み合わせた、動的な状態下での膝関節の安定性評価システムを構築し、臨床応用を始めている。
  3. 前十字靱帯再建手術の最適化:
    前十字靱帯の断裂をきたすと、スポーツ選手においては、手術が必要となる事が多く、この靱帯の再建術は、スポーツ選手において最もよく行われる手術の一つ(年間1万件以上と推定)である。自分の腱を関節内に移植して固定する手術が行われるが、その手術の成績向上のための、CT3次元画像の解析や治癒促進の研究を行っており、その結果に基づいた手術法の改善を試みている。
  4. センサーを用いた関節動作解析:
    膝関節の3次元動作解析法には、上述の画像を用いたもののほかに、センサーを用いる方法がある。我々は兵庫県立大学工学部との共同研究により小型の複合慣性センサーを用いた解析法についての研究を行ってきている。このセンサーの使用により、拘束のない条件での関節における3次元的動作の解析が可能となる。現在本システムの確立と臨床応用についての研究を継続中である。
  5. 内鏡視下の腫瘍切除:
    骨内に限局する腫瘍には、腫瘍と同じ程度の大きさの骨孔を開けた上で直視下に腫瘍切除を行うのが一般的である。しかし、大きな骨開窓を作ることで、骨強度が低下することが問題となる。我々は、直径5 mmの骨孔から内視鏡下に腫瘍切除している。利点は、骨孔が小さいために骨強度の低下が少なく、患者の早期社会復帰が可能となる。当科では、良性骨腫瘍に対しての本術式の確立を行っている。
  6. 骨肉腫に対する免疫療法:
    骨肉腫は青年期に好発する悪性度の高い腫瘍で、肺転移が最大の予後不良因子である。我々は、この肺転移の抑制がIL-18で行えることを発見した。具体的には、IL-18が骨肉腫細胞の遊走を抑制することで、血管内から外への移動を止めるという機序を解明した。よって、IL-18が骨肉腫に対する新たな免疫療法の選択肢のなる可能性があると考え、臨床応用に向けた研究を行っている。

    鏡視下腫瘍掻爬の実際内軟骨腫骨巨細胞腫の切除

    骨内脂肪腫 鏡視で見える骨内壁

  7. 脊椎・脊髄外科における電気生理学の応用:
    脊椎、脊髄の手術においては術中の神経障害を避けることが重要であり、そのために脊髄の異常を電気生理学的に検出する方法が脊髄モニタリングである。術中の脊髄モニタリングに加えて、術前に運動誘発電位(MEP)と体性感覚誘発電位(SEP)を測定し、頚髄症の重症度評価やリウマチ・透析患者の頚髄症の術前評価などに関する臨床研究を行っている。
  8. 関節外科における再生医療の応用:
    靭帯損傷、関節軟骨損傷などに対する関節外科における再生医療の応用について、大阪大学・武庫川女子大学と共同研究を行っている。関節軟骨損傷に対する培養骨髄間葉系細胞の使用に関しては、倫理委員会の承認を受け、多施設臨床研究が始まっている。
  9. 赤外線反射マーカー、赤外線カメラ、床反力計を用いた三次元動作解析システム(兵庫医療大学に設置)を用いて、運動動作の解析を行っている。現在のテーマは、着地・ジャンプ動作の解析による膝靱帯損傷リスクの評価と、損傷防止のためのトレーニング法の開発を、兵庫医療大学 リハビリテーション学部との共同で行っている。


自己評価・点検及び将来の展望
整形外科では関節、腫瘍、脊椎、上肢の4つのグループが独自性を持ち、診療・臨床研究に従事している。基礎研究の場としては、基礎系教室や兵庫医療大学、兵庫県立大学など他大学、関連企業とのコラボレーションがすすみ、定着しつつある。しかし、その質・量ともにさらなる努力が必要である。また、英文論文の実績も挙がっているが、未だ不十分である。これに伴い、科学研究費補助金などの外部研究費の確保が必要となっており、確保の実績も挙がりつつあるが、今後さらなる努力が必要と考える。現在、社会的にも、スポーツ医学や高齢者の骨・関節障害などへの注目が高まる中、整形領域の診療・研究規模はさらに拡大することが予想される。我々もこの機会を追い風として、臨床にfeedbackできる研究を飛躍させたいと考えている。

吉矢 晋一 主任教授
吉矢 晋一 主任教授
責任者| 吉矢 晋一(主任教授)
専門分野:関節外科、スポーツ医学
教授| 麩谷 博之
准教授| 福西 成男
講師| 橘 俊哉
圓尾 圭史
TEL| 0798-45-6452
FAX| 0798-45-6453

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.