医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

精神科神経科学

講座(部署)紹介

がん・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病に加えて、精神疾患は「5大疾病」となった。これは職場でのうつ病や高齢化に伴う認知症が増加し、国民に広く関わる疾患として重点的な対策が必要と判断されたためであり、必然的に当講座における臨床および研究も重要な役割を果たすことを課せられている状況にある。このような時勢の中、当講座においては、特に強迫性障害における多くの研究を通じて新たな治療法の開発を試みているところである。さらに、兵庫県では数少ない総合病院の精神科として、リエゾン精神医学など他科で治療中の患者のメンタルヘルスについての評価や技法に関わる臨床研究も重要な課題である。この様な観点から、臨床研究を重視しているが、最近では基礎系研究室の指導・サポートを得ながら、うつや不安障害の動物モデルを用いた基礎的研究にも着手しており、主にストレス下での生物学的反応を研究対象とする中で、ストレス過多である現代の生活環境においての精神医学的介入方法を模索している。

研究の現状

概要

当講座では、精神医学的臨床能力育成に力を入れており、研究もそれに即した内容が中心である。意義深い臨床研究を行う上では、信頼性の高い診断・適切な治療選択など、最新かつ正確な方法に基づく臨床技術の習得が不可欠である。このような技術を礎とした臨床の中で、感じた印象や疑問を、十分な調査の上で妥当な研究手法を企画・実行し、検証した結果として得られたものは、臨床上大変有意義なエビデンスとなると考えている。



主題

強迫性障害と発達障害との関連性およびそれらの併存例に対する有効な治療法の開発、強迫スペクトラム障害に関する妥当性・信頼性・臨床的有用性の検討、悪性腫瘍・肝炎・妊産婦におけるうつ病を中心とした精神医学的評価・治療法・予後への影響などの共同研究、うつ病・不安障害など精神疾患患者におけるサイトカインなど精神免疫機能についての研究、認知症における臨床像や薬剤選択性と画像所見との関連性についての研究、など。



自己評価・点検及び将来の展望

現在の医局は、若手精神科医が中心であり、臨床はもちろんであるが、研究へのモチベーションも非常に高い。特に臨床研究は、臨床経験に基づいた研究の発案と実践、診断・評価、解析、そして発表に至る一連の流れに関し、指導を受けつつ経験を重ね、その技術を高めていく必要がある。そのような指導体制を充実させながら、クオリティの高い研究を目指している。また今後は、臨床研究の結果を踏まえて、臨床上有用となる見込みのある基礎研究も充実させ、未だ実用段階には至っていない精神疾患の生物学的指標や遺伝的要素を含めた病因や根治的治療法について、臨床上有用な段階へ迫ることを目指したい。


責任者 松永 寿人(主任教授) 
臨床教授 湖海 正尋
講師 山田 恒、林田 和久、清野 仁美
TEL -
FAX 0798-45-6053


兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.