医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

病原微生物学

講座(部署)紹介

当講座では、感染症の病態を病原体固有の感染メカニズムとそれに対する宿主応答メカニズムの両者の視座から研究を実施している。さらに、ウイルス感染に対するワクチン開発に繋がる研究、感染免疫を制御する生理活性物質の探索、胃ガンを引き起こすヘリコバクター・ピロリの病原性解明に繋がる研究も実施している。

  1. 感染症における、病原体・宿主関係の解析
  2. 水痘帯状疱疹ウイルスに対する細胞性免疫の解明
  3. 天然植物から免疫系・代謝系を制御する生物活性物質の探索
  4. ヘリコバクター・ピロリ胃炎の病態解析

研究の現状

概要

感染症における病原体・宿主関係を主要組織適合遺伝子複合体(MHC)、Fasに注目し解析を行っている。また、感染症の予防・治療に向け、弱毒インフルエンザウイルス株の作製、天然植物由来の生理活性物質の探索を行っている。さらに、ヘリコバクター・ピロリによる胃炎の発症機序の解明を行っている。

主題

  1. 獲得免疫における中心的分子であるMHCがユビキチン化によって制御されている事を見出してきた。また、アポトーシスに関連するFasシグナルが病原体のセンサーとして働く事を見出してきた。これらを介した感染免疫メカニズムをマウスにて解析している。
  2. ウイルスの再感染防御には、中和抗体が有効な場合が多く、そのため、ワクチン効果判定を抗体価で評価する場合が多い。しかし、水痘•帯状疱疹では、細胞性免疫が重要であることをこれまで証明して来た。現在、その詳細を解明している。
  3. 天然植物から抗ウイルス作用、抗がん作用、糖脂質代謝や免疫炎症制御の生物活性を示す物質を探索することを行い、興味ある活性物質を見出してきた。現在、それらの作用機序を明らかにする事により、感染症、がん、メタボリック症候群に対する新たな治療法や予防法の開発を目指している。
  4. ヘリコバクター・ピロリによる胃炎発症には宿主の免疫応答が重要な役割を果たしており、その詳細なメカニズム解明は胃潰瘍・胃癌の予防につながると考えられている。その中で発症に関与するサイトカインを見出し、詳細な機構の解明を行っている。

自己評価・点検及び将来の展望

病原体の特性と宿主応答を視野に、感染症や難治性炎症性疾患に対する診断・治療・予防法の開発の基礎研究を実施してきた。例えば、 (1)MHCクラスIIがMARCH-I E3ユビキチンリガーゼによってユビキチン化による制御を受けていること、(2)病原体に対する自然免疫応答にはFasシグナルを介した増幅回路が存在し、感染早期の病原体排除に重要な役割を果たすこと、(3)帯状疱疹・水痘ウイルスに対しては抗体よりも細胞性免疫が感染防御に重要であること、(4)天然植物から興味ある生理活性物質を見出し、感染による炎症を抑制することができること、(5)ヘリコバクター・ピロリによる胃炎発症メカニズムの一端を明らかにした。今後もこれらの成果を基盤に、医学・医療に直結する研究を幅広く、且つ深く遂行する。

01.jpg
石戸 聡 主任教授
責任者| 石戸 聡(主任教授)
教授| 奥野 壽臣
講師| 林 周平
TEL| 0798-45-6548
FAX| 0798-40-9162

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.