医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

法医学

講座(部署)紹介

法医学では、法医解剖を通じて、死因の診断や犯罪捜査の基礎資料の作成などをおこなっています。最近では、一人暮らしの方の増加などのために、死亡時の状況がわからないために解剖となることが多く、年間300体を越える解剖をおこなっています。実際の法医解剖の現場で経験した問題点を、研究によって明らかにしていきたいと考えています。

研究の現状

概要

実際の解剖症例を経験する中で得られた問題点を研究テーマとして研究をおこなっています。これまでに、解剖しても死因のわからなかった若年者の突然死例を用いて、遺伝性不整脈疾患の原因遺伝子検索をおこなってきました。最近では、豊富な解剖症例を基にした、精神疾患既往者の死亡や自殺といったテーマに関する症例研究もおこなっています。

主題

  1. 原因不明の突然死と胸腺肥大との関係に関する研究
    古くから若年性突然死症例の中に胸腺肥大を来す症例があることが知られています。現在ではほとんど使われなくなってはいますが、 胸腺リンパ体質と呼ばれたもので、 今日でもそうした症例を経験することがあります。 原因不明の突然死の原因遺伝子の変異を伴った胸腺肥大症例を経験したことから、 当該遺伝子変異と胸腺の肥大との関係について実験モデル動物を作成して検討しています。
  2. 法医解剖保存試料を用いた死後診断法の確立に関する研究
    血液などの法医解剖検体試料を用いて死後診断に役立つマーカーの検討をおこなっています(倫理委員会承認)。
  3. 兵庫医科大学解剖事例にみられる精神疾患に関する研究
    解剖時に経験する精神疾患既往者の死因や病型分類に関する研究をおこなっています(倫理委員会承認)。
  4. 突然死遺伝子解析・疾患特異的iPS細胞を用いた疾患研究
    乳幼児や若年者が突然お亡くなりになった場合、解剖を行っても形態的な変化に乏しく原因が不明なことが多々あります。原因究明のためにご本人・ご家族の遺伝子解析・診断を行っています。また、遺伝子変異が検出された場合、その機能解析を行うことで、遺伝子変異と疾患との関連についても検討し、早期発見・早期治療へ向け、ご家族への医学的還元も行っています。(ヒトゲノム解析倫理委員会申請中)
  5. 乱用薬物の人体に及ぼす影響とLCMS/MSを用いた分析法に関する研究
    乱用薬物による犯罪が増加する昨今、流行する薬物の迅速同定および摂取の証明を短時間で行い、それらが人体にどのような影響を及ぼすかを調べる必要があります。解剖時に経験する乱用薬物関連死から、日々変化する違法薬物の構造解析と迅速同定のための分析法の確立、および依存症をはじめとした人体に及ぼす影響について検討しています。

自己評価・点検及び将来の展望

法医学では、解剖業務は教育と研究に必須であり、研究テーマも実際の解剖症例から得られることがほとんどです。 講座では年間300体を越える解剖があり、今後も増加が見込まれています。解剖は学生教育に有用な情報をもたらすばかりでなく、研究課題発見の端緒ともなっています。解剖業務のみに埋没することなく、教育研究活動も活発に行っていきたいと考えています。

責任者| 西尾 元
(主任教授)
専門分野:法医学
准教授| 山本 琢磨
講師| 主田 英之、西口 美紀
TEL| 0798-45-6577
FAX| 0798-49-3279

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.