医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

機能再生医療学

講座(部署)紹介

当講座は、兵庫医科大学ささやま医療センターにおける寄付講座として開設されており、地域総合医療学講座と同じく、専門分野の垣根を越えた全人的診療をもって地域医療へ貢献する総合診療/家庭医療医を養成することを目標としています。各々の教員はそれぞれの専門領域をさらに発展・向上させながら、「兵庫医科大学ささやま医療センター」および「兵庫医科大学ささやま老人保健施設」において、主に機能回復、機能維持の視点から、専門領域横断的な診療、教育および研究に取り組んでいます。地域医療において、単独の医療機関で医療のすべてを賄うことは困難であり、特に、高齢者の回復期・維持期においては、病院と家庭の間に介在する様々な医療機関、介護サービス事業所が効果的に連携して医療・療養環境を提供していく必要があります。

研究の現状

概要
地域医療の新しい枠組みの構築として、個体レベルの生体機能再生と地域レベルの医療機能再生の両面から、高齢化している地域における「健康維持」を目的として、基礎的および臨床的研究を行っている。主として内科、リハビリテーション科の分野に関するテーマを中心に研究を進めている。


主題
  1. 地域における効果的な医療体制の再構築:
    現在の地域医療の構造と問題点についての分析、医療過疎化に対する人的医療資源の再配分に関する取り組みや人的・物的な医療資源の有効活用、多施設連携を基盤とする医療ネットワークの構築など、官民一体となった地域医療再生に取り組んでいる。
  2. 地域における全人的医療を実践するための医療保険制度と介護保険制度の効果的な運用:
    地域医療において急性期医療と同様に重要なのが、慢性期の療養であり、病院と家庭の間に介在する様々な医療機関、介護サービス事業所が効果的に連携して療養環境を提供していく必要がある。このもう一つの医療ネットワークの構築に取り組んでいる。
  3. 地域における全人的医療の視点からみた予防医学的アプローチ:
    丹波篠山地域は整形外科的疾病を有する高齢者も多く、総合診療学的な視点から、NSAID投与下における胃粘膜の酸化ストレスに関する基礎的、臨床的検討を行っている。
  4. 地域における全人的医療の視点からみた機能再生医学的アプローチ:
    健やかな生活の基礎となる摂食・嚥下にかかわる機能評価と誤嚥性肺炎の予防に関する検討、誤嚥性肺炎を防ぎ栄養状態を向上させる食形態に関する検討、サルコペニアに関する検討などを行っている。
  5. 総合診療医・家庭医養成の方法論の確立:
    地域医療を担うために必須ともいえる家庭医療医や総合診療医を養成し、地域に定着させる方策としての教育プログラムの開発と評価を行っている。


自己評価・点検及び将来の展望
現在のところは地域総合医療学に付帯する寄付講座として、包括される形で研究を行っている。今後は、ささやま医療センターならびにささやま介護老人保健施設で臨床を行っている内科医、リハビリテーション医を中心に、各診療科の有機的な協力体制のもと、機能再生の視点から、さらに深く先鋭的に基礎的・臨床的研究を進めていく予定である。

責任者 阪本 利恵(特任講師) 【専門分野:老年期障害学・認知機能障害学】
TEL 079-552-7381
FAX 079-552-7382


兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.