医学部医学科
資料請求
情報の公表
図書館
兵庫医科大学医学会

心疾患先端治療学

講座(部署)紹介

心疾患のなかでもとくに不整脈疾患を中心とした難治性疾患の病態解明、臨床研究を行っています。ひとつは心房細動に関する研究です。心房細動は日常よくみかける不整脈ではありますがその予後は決して良いものではなく、脳梗塞・心不全の原因として重要な疾患であります。またその病因は明らかではなく発症予防、発症後の脳梗塞・心不全予防法は未確立です。炎症性サイトカイン、神経体液性因子や線維化マーカーが発症に寄与するとされており現在、発症要因となるか研究中であります。また超音波検査、CT、MRI、心腔内三次元マッピングによる解剖学的評価を合わせて心房細動発症要因になるかを検証しています。この他にも多くの臨床研究を並行し行っております。大学院生らがこれら研究を行い、その成果をまとめ毎年論文や海外の学会で報告しています。

研究の現状

概要
不整脈疾患を中心とした難治性心疾患の病態解明、臨床研究を行っている。


主題
  1. 不整脈治療に用いる電気的除細動の心筋ダメージへの影響
  2. 体表面心電図を用いた致死的不整脈の予測
  3. 抗不整脈治療デバイスを用いた心不全発症予測
  4. 心房細動の発症因子としての神経体液性因子、線維化マーカーおよび炎症性サイトカインの研究
  5. 無症候性心房細動患者の死亡率、脳梗塞の発症のリスク評価
  6. 心房細動レートコントロール薬におけるβ遮断薬の有用性を検証


自己評価・点検及び将来の展望
電気的除細動のよる心室筋への心筋ダメージへの影響、心腔内除細動による心房細動再発、加算平均心電図を用いた心房細動発症の予測、抗不整脈治療デバイスにより胸郭抵抗値の変化による心不全発症予測、心房細動患者での神経体液性因子、線維化マーカーおよび炎症性サイトカインの研究など研究成果がでており多くの学会で報告し、論文となりつつある。今後はさらにこれらの研究を継続、発展させていく。


竹末 芳生 特任准教授
峰 隆直 特任准教授
責任者| 峰 隆直(特任准教授)
専門分野:循環器病学
TEL| 0798-45-6553
FAX| 0798-45-6551

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.