2018年度 活動報告

コンソーシアム合宿 9月8日(土)・9日(日)

ホテルクラシア大阪ベイにて関西医科大学、大阪医科大学、奈良県立医科大学、神戸大学の教員、学生が集結し『関西5大学 研究医養成コースコンソーシアム合宿』がありました。

2日間にわたる合宿プログラムは以下のとおりの内容でした。


1日目

  • 開会式
  • 開会のあいさつ
  • 教員 自己紹介
  • 学生 自己紹介プレゼン(ポスター発表者以外)
  • 《講演》
    「リンパ球の動態制御と免疫異常」 関西医科大学 木梨副学長
    「My life as a scientist」 関西医科大学 中村教授
  • 学生研究発表 ポスタープレビュー(ポスター発表者)
  • ポスター発表
  • ポスター発表のベストプレゼン賞発表

2日目

  • 《講演》
    「臨床から基礎へ:医師のキャリアパスを考える」 神戸大学医学部 仁田教授
  • グループワーク
    [テーマ]
    (1)臨床と医学研究の両立
    (2)医学研究に期待すること
    (3)留学
  • グループワーク発表会
  • 閉会式
1日目 合宿スタート 教員も自己紹介

20180908_01.JPG
普段学生を支援していただいている石戸先生も参加

20180908_02.JPG
今年からコースに入った3年生は自己紹介のプレゼンを行いました。

20180908_03.JPG 20180908_04.JPG 20180908_05.JPG
また学生によるポスター発表では、これまで行ってきた自身の発表について4年生が発表しました。
ポスタープレビュー後のポスターセッションも大盛況でした。

20180908_06.JPG 20180908_07.JPG
その後ポスター発表をした学生の中からベストプレゼン賞の発表が行われ、本学学生が受賞しました。
おめでとうございます!!

20180908_08.JPG 20180908_09.JPG
夜も更け、先生方と学生たちの懇親会では、お酒やジュースで心が朗らかとなり距離がぎゅっと近づいた模様です

20180908_10.JPG
2日目
グループワークでは、各大学の教員、学生が混合したグループにテーマ((1)臨床と医学研究の両立(2)医学研究に期待すること(3)留学)が与えられ活発なディスカッションが行われました。

20180909_01.jpg
ディスカッション後には、各グループに与えられたテーマに対する意見をまとめ最後に発表がありました。本学の3年生もコースに入ってまだ1年経っていませんが、グループの代表として発表したり積極的にグループワークに取り組んでいました。

20180909_02.JPG
両日ともに教員と学生が活発に意見交換をして貴重な時間を過ごせた合宿となりました。
他大学の学生同士交流が深まり、またお互いに刺激し合い新たに研究への意欲も湧いたようです。

20180909_03.JPG

合宿2日間お疲れ様でした。