2020年度 活動報告

研究医コース所属の学生が、学会で優秀賞を受賞しました!

詳しくは、こちらからご覧ください。

2020年度「研究医コース研究成果報告会」を開催

研究成果発表会の様子
研究成果発表会の様子

2020年度は新型コロナウイルス感染症の国内流行に伴い、学生の研究活動も3か月遅れて開始することになりました。
これに伴い、例年、12月下旬に研究医コース所属の3・4年生を対象として開催している『研究医コース研究成果報告会』を2021年2月26日(金)に延期のうえ開催しました。

今年度発表の6年生今年度発表の6年生
会場には、学生が所属する講座の教員や研究医コースの運営を担う教員、研究医コースに所属している先輩学生などが来場し、会場入口での手指消毒、座席間隔の距離を開ける、マスク着用など、新型コロナウイルス感染症対策にも配慮しながら実施しました。


今年度発表の6年生今年度発表の6年生

9月の中間経過報告会では、今年度から加入したばかりで研究計画の発表に留まっていた学生についても、この短い期間内に研究成果をまとめ、臆することなく発表していた姿が印象的でした。

2020年度「研究医コース中間経過報告会」を開催

研究成果発表会の様子
研究医コース中間経過報告会

2020年10月30日(金)に301講義室にて、研究医コース所属の3・4年生計7名を対象とした『研究医コース中間経過報告会』を開催しました。

例年であれば9月に開催されていた『関西5医科大学研究医養成コースコンソーシアム合宿』での発表を、本学では研究進捗の報告の場としていましたが、このたび世界的に流行している新型コロナウイルス感染症の国内での感染者状況を鑑み、9月開催は中止となりました。
そのため、今年度においては、10月に学内にて報告会を行うこととなりました。


今年度発表の6年生今年度発表の6年生

会場には、学生が所属する講座の教員や研究医コースの運営を担う教員、研究医コースに所属している先輩学生などが来場し、会場入口での手指消毒、座席間隔の距離を開ける、マスク着用など、新型コロナ対策にも配慮しながら実施することとなりました。
本学では、国内での新型コロナ感染状況を鑑み、6月下旬まで学生の登校禁止措置をとり、段階的な登校解除を行ってきたことから、研究活動についても少なくとも3ヵ月間はストップする形となりました。そのため、発表内容についても、今年度から加入した学生については、これからの研究計画を、既に昨年度より研究を進めていた学生については、現状の研究報告を行っていただくことになりました。
今回、新規で加入した学生は初めての発表の場となるため、緊張した面持ちでしたが、精一杯プレゼンしようとする姿が印象的でした。また、昨年度から研究医コースに加入していた学生については、コロナ禍でこれまでどおりに研究活動が進められないながらも、指導教員に相談し、工夫して研究を進めていたことがわかるような発表でした。

2020年度「研究医コース研究成果発表会」を開催

研究成果発表会の様子
研究成果発表会の様子

2020年8月4日(火)16:30より
301講義室にて、研究医コース所属の6年生による
『研究医コース研究成果発表会』を開催しました。

会場には、学生が所属する講座の教員や研究医コースの運営を担う教員、研究医コースに所属している後輩学生などが来場し、会場入口での手指消毒、座席間隔を開ける、マスク着用など、新型コロナウイルス感染症対策にも配慮しながら行われました。

今年度発表の6年生今年度発表の6年生研究成果発表会は、これまで研究医コースに加入してから取り組んできた研究成果を多くの教員の前で披露する機会となります。
今年度発表の6年生は、生化学講座、法医学講座に所属する2名の学生で、緊張しながらも、これまで努力して取り組んできた成果を精一杯、発表しました。

研究成果発表会の様子質疑応答の際には教員から貴重な意見も多く出され、多角的な視点も得られる機会となりました。


研究医コースでは研究マインドを養うだけではなく、このように人前で発表する機会も与えられます。卒業後には、学会などの発表を行う機会も増えると思いますが、本コースでは早い段階からこうした経験を積むことができます。