siryoseikyu2021.jpg
関連リンク
学長メッセージ

皆さん、こんにちは。兵庫医科大学学長の野口光一です。本学に入学を許可されました皆さん、誠におめでとうございます。

本来なら、満開の桜が咲き誇るこの良き日に、皆さんの御家族と一緒に、盛大かつ厳粛に入学式を挙行できることを心より念願しておりました。しかしながら、新型コロナウイルスのパンデミック拡大により全世界が危機的状況に陥っており、日本においても非常に心配される状況となっていることは皆さんご存じのとおりです。この状況に鑑み、大変残念ながら入学式は中止し、オリエンテーションも簡略版で行うことにしました。また、4月の授業は基本的にネット配信で行い、実習系、討論系のプログラムは中止(もしくは延期)という極めて非日常的な対応を迫られている状況です。皆さんの門出がこのように異例の形になることを、お許しいただきたいと思います。

_T3A8476_s.jpg

さて、この春入学された新入生の皆さんを、兵庫医科大学は心より歓迎いたします。皆さんは、長い受験生活から解放されて、本当にほっとされていることと思います。112名の新入生の皆さんは、いろいろな過程を経てここに集ったわけです。昨年11月には推薦入学が決定した現役の方から、何年も浪人生活で頑張ってきた方、さらに大学を卒業・中退してから再度医学部をめざして努力されてきた方、正規合格で本学に合格された方、補欠となりつい最近に繰り上げ合格となった方など、それぞれの過程は違いますが、兵庫医科大学に入学するという時点で共通のスタートとなります。皆さんは不思議に思うかもしれませんが、日本のすべての医学部関係者の間では、「医学部の中での成績と入学試験の成績は全く何の相関関係もない」と言われています。つまり、皆さんは同じラインからのスタートであり、共に手を携えて頑張る仲間であるということです。そういった意味で、大学というのは、今後一生付き合っていく友人や仲間と出会う場であるのです。

これから皆さんが過ごす兵庫医科大学は、48年前に故・森村茂樹先生により開学され、建学の精神は「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」であります。これを教育の理念として、開学以来4,300名を超える有為な医師を世に送り出してきました。

また、この間に、教育・研究・診療のすべてにおいて、極めて高い評価をうけるようになりました。その一例として、「THE(Times Higher Education) 世界大学ランキング日本版」での評価があります。つい最近発表された今年度のランキングの教育リソース部門で、兵庫医科大学は総合大学も含めた日本の全大学で第6位となり、上は東京大、京都大、東北大、東京医科歯科大、京都府立医大のみで、私立大学では全国第1位と極めて高い評価を受けています。

この教育リソース部門とは、教育に大学がどれくらい力を入れているか(=学生一人当たりの教員数と資金を投入しているか)、および大学教員の研究実績から算定されており、本学の教育研究のレベルの高さを世に示した結果として誇りに思っております。また、診療面でも阪神間屈指の特定機能病院、災害拠点病院として、地域住民のみならず全国から患者さんが集まる病院として高い評価を受けています。つまり、皆さんは医科大学のランキングについて偏差値しか知らない受験生の世界から、教育や研究実績、診療成績で評価される本物の医学・医療の世界へ入って来られたわけです。

Logo_data_THEJUR2020.png
_T3A3775.jpg

さて、現在の医学部受験の厳しい状況の中で、皆さん全員が必ずしも第一志望として本学に入学されたわけではないことは、私も本学の教職員も十分に理解しております。第一志望の大学に不合格で本学に補欠合格となり、繰り上げ合格で入学された方も多いと思います。しかし、たとえ不本意ながら本学に入学したとしても、「今ここに皆さんが集っていることは実はとても幸運なことだ」ということを、皆さんにお伝えしたいと思います。そして、2,000名を超える総受験者の中から、様々な経緯を経て本学に入学された112名の皆さん、本学を選んでくれた皆さんを心から歓迎し、大事に育てていきたいと考えています。

兵庫医科大学では常に学生のことを第一に考える運営を行っており、性格の良い学生たちが本当に楽しく仲良く過ごしている、とても良い医科大学です。もちろん、勉学面では厳しく指導しますが、それはできる限り多くの皆さんを短期間で卒業させ、医師にするためです。その目的のために、全教職員、同窓生、保護者など、大学関係者が全員で皆さんをサポートします。

先月発表された第114回医師国家試験において、本学の卒業生は現役生・既卒生合わせた合格率で97.5%、総合順位は全国80の医科系大学の中で第7位に入るなど、この10数年は安定した国家試験の成績を誇っております。ぜひ兵庫医科大学の学生として自信を持ち、楽しく有意義な日々を過ごしてほしいと心より願っています。  

医学生生活をスムーズに過ごすポイントは、入学した大学が第一志望だったと考えること、そのようにできるだけ早く意識を切り替え、自分に合った大学での勉学方法を獲得することです。医学の勉強は医学部受験よりはるかに長く、覚えることも膨大です。「コツコツと真面目に勉学に励むこと」、これに尽きます。

また、医師としての正しい倫理観、しっかりとした臨床技能を覚えることも必要です。不真面目な態度の学生は、アンプロフェッショナルな学生として厳しく対処することが日本の全ての医学部で行われています。厳しいことを多めに言いましたが、皆さんの学生生活が楽しく有意義なものになることをお約束します。兵庫医科大学は新入生の皆さんと保護者の皆様の期待に応えることができる、それだけの価値と実績がある医科大学です。

今年は新型コロナウイルス感染拡大のため、通常のオリエンテーションや新入生歓迎行事などが簡略化もしくは延期となっています。このことは本当に残念ですが、皆さんはすでに医学生です。全国の医療機関がウイルスと戦っている時に、医学生が感染拡大の片棒を担ぐことは絶対に許されません。自宅待機中は自らを律して、正しい行動を取るようにお願いします。

最後にもう一度、新入生の皆さん全員にお祝いを申し上げます。私は解剖学教授も兼任しており、1学年次の秋に開始される解剖系授業と、年明けからの人体解剖学実習では私も教員として参加します。その時には日本そして全世界が正常に戻っていることを心より祈っています。

2020年4月4日

兵庫医科大学 学長
野口光一

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.