医師になるという信念があれば
確実に伸びていける環境です。

中野 きらりさん

Profile

中野 きらりさん Kirari Nakano

  • 出身地

    兵庫県

  • 出身校

    大阪桐蔭高等学校

  • 学年

    3学年次生

Student 01 02

Question 01

Q. 医学の道を志した理由は?

不安を抱える患者さんの励みになりたい。

高校時代、所属していた日本拳法部で前十字靭帯を損傷するケガをしました。生まれて初めての手術や入院への不安を抱え、心配する親と復帰を待ってくれている仲間との間で板挟みになり悩んでいたのですが、担当医の先生が親身に話を聞いてくださり「手術してリハビリを頑張れば、半年後には部活に戻れる」と勇気づけてくれました。そして本当に半年後に復帰でき、高2の大会で良い成績をおさめて引退することができました。この体験をきっかけに、医師とはケガや病気を治すだけではなく患者さんの心に寄り添う職業なのだと知り、自分も医師になって誰かの励みになりたいと強く思うようになりました。

Question 02

Q. 兵庫医科大学の魅力は?

連帯意識が強く、広く深い人間関係を築けます。

アットホームなところです。1学年120人程度の単科大学なので同級生はみんな知った間柄ですし、特に兵庫医科大学はほとんどの学生が部活動をしていることもあって、先輩後輩のつながりも強いように感じます。医師の世界は狭いと聞いているので、学生時代から広く深く人間関係を築いておけるのは卒業してからも心強いです。
大学での学びは想像していた以上にハードですが、その分、医学の道を歩んでいるという実感を得られています。朝9時から全員一斉に授業を受けるなど、仲間と一緒に足並みを揃えて目標に向かっていける学習体制になっているので、連帯意識も強まります。友だち4~5人とのグループワークでお互いに苦手なところを確認し合いながら勉強することも多いです。勉強が辛くなっても医学教育センターの先生が話を聞いてくださったり、先輩の方から「最近どう?」と気にかけてくださったりすることも多く、大学全体としてチームワークが良いように思います。

Question 03

Q. これまでの授業や実習で印象に残っているものは?

「基礎系講座配属」で、受け身から能動的学習へチェンジ。

2年生の後半に、基礎医学系教室や先端医学研究所各部門などの研究室に配属されて、約3週間にわたって医学研究に取り組む「基礎系講座配属(基礎配)」というプログラムがあります。わたしは病理学の研究室を選び、実際の患者さんの資料をもとに病理診断をする課題に取り組みました。関心を持っていた分野の研究だったので面白かったですし、このときの「自分で考える」学習体験を機に勉強のコツも身につけられました。
医学部の6年間は医師になるための準備期間ですが、みんなが同じ線路を進むわけではなく、自分で自分の道を選択できるチャンスが用意されています。兵庫医科大学は医学研究にも力を入れていて、研究医コースという道も用意されています。医学の道にはさまざまな可能性があることを気づかせてくれたのがこの基礎配だったように感じます。

Question 04

Q. 学びのサポート体制について教えてください。

学びたい気持ちを支えてくれた奨学金制度。

兵庫医科大学には、入学金や授業料をはじめとした修学に必要な全費用を貸与していただき、卒業後9年間、兵庫県内の指定地域で勤務することで貸与額を全額免除していただける「兵庫県推薦入学制度」というサポート制度があります。わたしはこの制度を利用して入学できたので、親に経済的負担をかけることなく学べています。兵庫県出身なので卒業後は県内で働きたいというのが自分の希望でもありましたし、特に医師が求められている土地に赴いて地域医療を支えるという社会貢献につながる仕事にも魅力を感じています。

Question 05

Q. 将来の夢や目標は?

自分なりの医師像を探している最中です。

「患者さんに寄り添える医師」を目指す気持ちは今も変わりませんが、医学部で3年間学び、実習で患者さんに接していく中で、医師は責任が重い職業ということをあらためて実感しています。それだけに、昔ほど「こんな医師になりたい!」と無邪気には言えないところもあります。卒業までの残り3年間をかけて自分が目指す医師像を見つけていきたいです。そのために、実習やセミナーなどに積極的に参加して、多くの医師にお会いしてさまざまなお話を聞きたいと思っています。

受験生に向けて
メッセージ
Message

ハードだけど充実した学生生活が送れます!

座学・実習ともに忙しくて大変なときもありますが、医師という夢に向かっていることを実感できる日々を過ごせています。この4月から新たに教育研究棟ができて自習スペースも充実しましたし、兵庫医科大学にはしっかり学べる環境とフォロー体制が整っています。医師になりたいという強い気持ちがあれば、伸びていける場所だと私自身も信じています。一緒に頑張りましょう!