医学部医学科
siryoseikyu2019.jpg
図書館
兵庫医科大学医学会

先端医学研究所 医薬開発研究部門

講座(部署)紹介

先端医学研究所 医薬開発研究部門は2018年度新たに設置された、本大学および病院の機能を最大限に生かした医薬開発研究を戦略的に実施し、本学発の新規治療法の確立を目指す部門です。

以下の第1~第3の3つの研究室から成り立っています。

研究の現状| 第1研究室(細胞治療学)准教授 山原 研一

概要
本学各部門との連携による臨床研究・治験を通じた、難治性疾患に対する本学発の新規細胞治療開発研究を行っている。
主題
  1. 胎児付属物由来間葉系幹細胞を用いた新規細胞治療法の開発研究
    これまで研究を進めてきた羊膜・臍帯等の胎児付属物を含む間葉系幹細胞(MSC)において、本学セルプロセッシングセンターを活用した各種難治性疾患に対する新規細胞治療法の開発を行う。
  2. 新規再生医療向け原材料の開発研究
    細胞治療を含む再生医療において使用される原材料は、海外産が多く、価格も高価である。そこで、安全・安価・安心な国産再生医療向け原材料の開発研究を通じ、安全・安価・安心な再生医療の実現を目指す。
自己評価・評価及び将来の展望
  1. 羊膜由来間葉系幹細胞(MSC)について、AMED橋渡し研究加速ネットワークプログラム・再生医療実用化研究事業のサポートにより、羊膜MSCの細胞製剤化と、難治性免疫関連疾患である急性GVHD・クローン病に対する医師主導治験を実施中であり、早期の再生医療等製品化を目指している。また、リウマチ・膠原病科、皮膚科、脳神経外科と共同で、同細胞を用いたSLE、乾癬、脳血管疾患を含む難治性疾患に対する細胞治療を目指した基礎研究を行っている。
  2. 細胞培養用添加剤として汎用されるウシ胎児血清に変わる、新しい国産ウシ多血小板血漿由来血清「NeoSERAⓇ」を開発し、これを開発中の羊膜MSCの原材料として用いている。同血清は、医薬品医療機器創業機構(PMDA)から再生医療等製品材料適格性確認書を取得しており、安全・安心な再生医療の国産原材料としての地位獲得を目指している。

研究の現状| 第2研究室(分子遺伝治療学) 准教授 久保 秀司

概要
遺伝性難病・難治性癌に対し遺伝子細胞治療やウイルス療法の研究を行なっている。
主題
  1. 難治性癌に対するウイルス療法の基礎研究及び橋渡し研究
  2. 細胞の可視化・追跡技術の開発と疾患モデルの作出
  3. 難治性癌や遺伝性難病に対する遺伝子細胞治療の橋渡し研究および臨床試験
自己評価・評価及び将来の展望
  1. 難治性癌に対するウイルス療法の基礎研究及び橋渡し研究
    1)増殖型レトロウイルス(RRV)を用いた細胞死誘導型癌ウイルス療法の開発
    これまでに開発したマウス白血病ウイルス及びテナガザルウイルスを基盤としたRRVをさらに改良発展させ、両RRVを用いた個別化ウイルス療法、重感染による併用療法、デリバリーシステムの開発を進める。
    2)腫瘍溶解アデノウイルスの開発
    これまでに開発したミッドカイン制御型腫瘍溶解ウイルス及びそのファイバー改変型(二重制御型腫瘍溶解ウイルス)について、さらに改良したものを開発し、適応拡大を図る。また抗腫瘍効果を増強させるために治療遺伝子を搭載させた同ウイルスを作製し、難治性癌に対する橋渡し研究を進める。
  2. 細胞の可視化・追跡技術の開発と疾患モデルの作出
    レンチウイルスベクター等を用いて蛍光タンパクや発光酵素を発現/標識した細胞を生体イメージングで追跡できる各種マウスモデルを作製する。これによって幹細胞や腫瘍細胞の生着、増殖、再分布などの様子を生きたまま観察することが可能となり、再生医療や細胞・遺伝子治療研究への応用を目指す。
  3. 難治性癌や遺伝性難病に対する遺伝子細胞治療の橋渡し研究および臨床試験
    他施設と共同で、悪性中皮腫に対するアデノウイルスベクターを用いた臨床試験(千葉大)、高悪性度神経膠腫に対するRRVを用いた臨床試験(マイアミ大)、先天性表皮水泡症に対する細胞・遺伝子治療の基礎・橋渡し研究(阪大)などを行なっている。

研究の現状| 第3研究室(rTR: reverse Translational Research)准教授 菊池 正二郎

概要
臨床医の視点で、「あったらいいな、できたらいいな」という薬剤やデバイスの開発を多施設共同研究として積極的に行っています。私たちの研究課題は多種多様ですが、臨床に役立つ面白い発想の研究という点では一貫しています。研究チームでは少し時間はかかっても、研究者それぞれが自由な発想でディスカッションしながら課題を解決することを目指しています。
主題
  1. プロパゲルマニウムによるがん治療法開発:九州大学、京都大学、三和化学研究所、東レ
  2. 早期膵がんの診断法の開発:国立がん研究センターほか8施設(AMED)
  3. 細胞計測を目的としたサブテラヘルツ近接アレイセンサの開発:京都大学、理化学研究所(JST)
  4. サブテラヘルツCMOSアレイセンサによる迅速細菌検査法の開発:京都大学、長崎大学(予定)、SHARP(株)
  5. がん微小環境の研究:国立がん研究センター、徳島大学など
※主な共同研究先は学外のみ記載しています
自己評価・評価及び将来の展望
  1. プロパゲルマニウム(セロシオン®)は既存内服薬で、以前はB型肝炎の治療に用いられていました。しかし2015年にCCL2/CCR2阻害薬としてがん転移を抑制することが示され、私たちの研究からNK細胞とT細胞の活性化による抗がん作用があることも明らかになりました。今後は胃がんの他に稀少がんである口腔がんに対する医師主導治験を行う予定です。
  2. 血液中のApolipoproteinA2の測定によって、90%以上の早期膵がんを診断できる研究を分担しています。すでに臨床応用に近い段階であり、膵がん検診の方法は大きく変わる可能性があります。
  3. 血液中のがん細胞を半導体センサによって診断することを目指しています。
  4. 血液や体液中の細菌同定と薬剤感受性などをサブテラヘルツ半導体センサで解析することで、患者さんにとって必要な細菌分析結果を短時間で報告できるデバイスを開発しています。
  5. 胃がんにおける間質細胞を解析して浸潤や転移にいたるメカニズムを明らかにする研究です。


藤盛 好啓
部門長
責任者| 藤盛 好啓(部門長)
研究者|

第1研究室<細胞治療学>
 山原 研一 (准教授)
 TEL:0798-45-6398
 FAX:0798-45-6119

   |

第2研究室<分子遺伝治療学>
 久保 秀司(准教授)
 TEL:0798-45-6844
 FAX:0798-45-6709

  | 第3研究室<rTR>
 菊池 正二郎(准教授)
 TEL:0798-45-6229

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.