医学部医学科
siryoseikyu2021.jpg
図書館
兵庫医科大学医学会

先端医学研究所(細胞・遺伝子治療部門)

講座(部署)紹介

近年の分子生物学の進歩は目覚しく、その医療への応用も急速に進んでいる。 当部門では、21世紀の新しい治療法として大きな期待が集められている先端医療の臨床応用に向けたtranslational researchとして、様々な疾患に対する細胞、遺伝子治療に関する研究開発を中心に行っている。 また、新しいドラッグデリバリーシステムとしてウイルス感染キャリア細胞を応用し、悪性腫瘍に対するキャリア細胞および腫瘍特異的細胞融解型ウイルスやファイバー改変型アデノウイルスベクターやレンチウイルスを用いた遺伝子治療法の新規開発を進めている。ナノテクノロジーなどの融合による新領域の形成と産学官連携に代表される新産業の創生が先端医療において不可欠であり、悪性腫瘍や難治性疾患に対する新産業の研究開発を推進させており、先端医療と社会とのつながりを医療経済学的に検討している。

研究の現状

概要

当部門では、21世紀の新しい治療法として大きな期待が集められている先端医療の臨床応用に向けたtranslational researchとして、各種悪性腫瘍や難治性疾患に対する新規治療法の確立を目指した研究を行っている。具体的には、各種悪性腫瘍に対する遺伝子治療臨床研究の立ち上げ、次世代ウイルスベクターや新規非ウイルスベクター等を用いた抗腫瘍効果の検討を行っている。また、細胞、遺伝子治療のターゲットを腸内フローラに向けた研究を開始している。



主題
  1. 新規抗癌作用物質の開発
    抗癌作用を持つ新規化合物の開発、および抗癌作用を持つ既存薬の探索を行い、それら薬剤の抗腫瘍効果のメカニズムを解明する。
  2. 新規遺伝子治療法の開発
    遺伝子治療による抗腫瘍効果を高め、また正常な組織に対する安全性を確保するため、癌細胞に対する特異性が高い制限増殖型アデノウイルスベクターを作製し、癌細胞に対する遺伝子導入効率と治療効果の向上を試みる。また、非ウイルスベクターを用いた革新的な治療法の開発を行う。
  3. レンチウイルスベクターを利用した癌遺伝子治療の開発
    レンチウイルスベクターは遺伝子改変を伴う研究によく用いられているが、遺伝子治療への応用を目指した研究は緒に就いたばかりである。レンチウイルスベクターは、ウイルスそのものに毒性が無く、導入した遺伝子が長期間発現するなどの利点がある。抗腫瘍効果をあげるためのレンチウイルス併用療法の開発やその効果増強物質の開発などを行う。
  4. 癌幹細胞についての研究
    肺癌を中心に、癌幹細胞の同定とそれをターゲットにした新規治療法の開発などを行う。
  5. 腸内フローラに関する研究
    生体に対しての細胞遺伝子治療だけでなく、環境因子となる腸内フローラ環境に対する研究を開始し、遺伝子治療の効果を高めることを目標としている。


自己評価・評価及び将来の展望
  1. 抗腫瘍効果を持つ薬剤を見出し、その薬剤が誘導するアポトーシスやオートファジーによる細胞死が、抗腫瘍効果の一部を担っていることが解明された。今後は、他のメカニズムを解明して、より高い抗腫瘍効果につなげていきたい。また、一部の薬剤については特許申請を行っており、臨床試験に向けての研究も遂行中である。多くの有効性が認められた物質のエビデンスをつくるための基礎研究を行っている。
  2. 作製したアデノウイルスベクターの膀胱癌、前立腺癌、腎癌、肺癌、中皮腫に対する治療効果の検討を行い、有用なデータを得て、学会及び学術誌で発表している。ウイルスを用いない遺伝子治療法の開発は今後の大きな展望を秘めており、臨床試験まで視野に入れている。
  3. 膀胱癌由来細胞を用いての検討で、レンチウイルスベクターによる癌抑制遺伝子導入の有効性を示す結果を得ており、既に学術誌で発表している。今後は導入する癌抑制遺伝子と対象となる癌細胞との相性や、動物実験での治療効果や安全性の検証を行う。
  4. 癌幹細胞を同定する腫瘍マーカーに関しては多くの知見が得られ、学会発表を行っている。その活用についての今後の展開を計画している。
  5. 宿主側の環境因子の代表である腸内フローラの基礎的な研究を開始しているが、既に臨床で行われている情報を加味して、治療効果を高める新手法を開発していく。

責任者 後藤 章暢 研究所教授



兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.