TEL 0798-45-6591 / FAX 0798-45-6593

診療内容

回診風景

リウマチ性疾患、膠原病および膠原病類縁疾患、アレルギー性疾患の免疫異常疾患は、全身の臓器に病変を及ぼす慢性進行性の炎症性疾患であり、多彩な臨床症状を呈します。また、1人の患者さんに複数の免疫異常疾患が併存していることがしばしばあります。当科は、近年の医師の専門領域が臓器別に細分化されていく中で、疾患の起こる臓器にかかわらず疾患の発生機序に自己免疫異常が関与する疾患を診療する診療科です。日本リウマチ学会および日本アレルギー学会の指導医・専門医の資格を有するスタッフが、豊富な臨床経験を生かし早期診断を目指し、かつ常に最新の治療方法を積極的に取り入れ、それぞれの患者さんに最適の治療を提供させて頂くことを目指しています。また、発症早期の患者さんには病状を正しく理解して頂くための教育、生活指導を行っております。さらに診療領域が内科・整形外科眼科皮膚科耳鼻咽喉科小児科などと重複しているため、適宜これらの診療科と連携して診療を行っています。従来の治療方法に対して抵抗性の症例では、治験薬(一般的に使用可能となる前の試験段階の薬剤)を積極的に導入できることも当科の特徴と言えるでしょう。


主な対象疾患や対象となる症状

リウマチ性疾患・膠原病・その類縁疾患
関節リウマチ(RA)
全身性エリテマトーデス(SLE)
抗リン脂質抗体症候群(APS)
強皮症(SSc)
多発性筋炎/皮膚筋炎(PM/DM)
混合性結合組織病(MCTD)
シェーグレン症候群(SS)
血管炎症候群:結節性多発動脈炎(PN)、顕微鏡的多発血管炎(mPA)、ウェゲナー肉芽腫症(WG)、
アレルギー性肉芽腫性血管炎(AGA:Churg-Strauss症候群(CSS))、
大動脈炎症候群(高安動脈炎)、側頭動脈炎など
ベーチェット病
成人発症スティル病(AoSD)
リウマチ性多発筋痛症(PMR)
強直性脊椎炎(AS)
乾癬性関節炎
掌蹠膿疱症性骨関節炎、SAPHO症候群
ライター症候群(反応性関節炎)
RS3PE症候群
再発性多発軟骨炎
サルコイドーシス など
血液検査でリウマチ反応や抗核抗体などが陽性と言われた。
原因不明の関節炎などが続いている。

アレルギー性疾患
気管支喘息
アスピリン喘息、アスピリン不耐症
花粉症
食物アレルギー
薬物アレルギー
アナフィラキシー
蕁麻疹
アトピー性皮膚炎
好酸球増多症
過敏性肺臓炎
PIE症候群
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
夜間、明け方、早朝に強くなる咳や喘鳴 など

診療実績

兵庫医科大学病院の診療実績ページ