外来診療のご案内

[ 診療内容・専門分野について ]

一般歯科及び口腔外科のほか,専門外来として腫瘍,外傷及び骨折,
顎関節症,歯科インプラント,歯周病の診療を行っています。


【 一般歯科 】

むし歯、歯周病、歯の根の治療(歯内療法)及び入れ歯や冠などによって欠損部を補う補綴治療を実施しています。特に手術後の大きな欠損を補う顎補綴治療についても、高度先進医療の一つとして取り扱っています。その他にも、幼少、若年者を対象とする小児歯科治療も行っています。


【 口腔外科 】

口腔、顎、顔面に発生する腫瘍、外傷、顎顔面骨折、のう胞、炎症、先天異常、顎変形症、顎関節症、唾液腺疾患、神経疾患、血液疾患などの診断と治療を行っています。


【 専門外来 】

腫瘍外来
舌癌、歯肉癌、口底癌、などに対し、化学療法、放射線治療を併用しながら外科療法を主体に治療を行っています。
顎顔面骨折
顔面形態と咬合の回復を第一目標として、早期に整復固定手術を行っています。

◇顎関節症◇
近年、急増傾向にある顎関節症に対して、薬物療法、スプリント療法のほか著しい開口障害のある場合は関節授動術を実施しています。

歯科インプラント
従来の補綴治療の適応を拡大するものとして注目されていますが、適応症例に対してインプラント(=人工歯根)を植立し、その後に、補綴治療を実施しています。

歯科矯正
歯列矯正ばかりでなく、強度の上顎前突(出っ歯)や下顎前突(受け口)、顎変形症に対する外科矯正も行っています。
現在、矯正治療のみの新規患者は受け付けておりません。(外科的矯正手術は受け付けています)

歯周病
特に重度の歯周炎を対象に歯石除去、ルートプレーニング、歯周外科を行い、ブラッシング指導を含めた定期的な経過観察を行っています。


*専門外来については「専門外来のご案内」ページもご覧ください。