募集案内 | 研修プログラム

研修(カリキュラム)の特徴

現在の厳しい医療環境を生き抜くには、開業医を目指すにしろ、勤務医になるにせよ、他の医師との差別化が必要です。当科は、機能性胃腸疾患、炎症性腸疾患、消化器がんの診断から治療まで阪神地区のセンター病院として機能しているという特徴を生かし、消化器疾患を中心とした内科的な基礎能力の育成と内科及び消化器病専門医取得を目標としています。

内科専門医に向けたカリキュラム

2013年4月に厚生労働省からの「専門医の在り方に関する検討会」の報告を受け、専門医制度改革が行われました。2014年5月に発足した一般社団法人日本専門医機構が中心となり、各領域の専門医制度の再整備を行なわれました。日本専門医機構での協議を踏まえて日本内科学会を中心に新制度の検討が進められ、新たな新内科専門医制度が誕生致しました。

先生方はこのカリキュラムに対応した研修を行い、内科専門医を取得しなければなりません。そして、日本消化器病専門医・日本消化器内視鏡専門医を目指して頂きます。
ただ、皆さんの中には新内科専門医制度に対する不安があると思います。
当科はいち早く当院の内科専門研修プログラムと協議し、入局された先生方が困らないよう、カリキュラムに対応した研修システムを構築しております。ですので、
当科では入局3年後の内科専門医受験資格取得を確約します。

当科は連携施設・特別連携施設を見直したうえでプログラム委員会と協議し、3パターンの研修システムを考えております。

A. 基幹施設2年間+連携施設1年間
B. 基幹施設1年間+連携施設2年間
C. 基幹施設1年6ヶ月+連携施設1年6ヶ月

しかし、これだけでは症例が偏る可能性も否めません。
そこで当科は、内科専門研修で足りない疾患がある場合は他科にローテートできるようなシステムを構築しています。基幹病院だけでなく、連携施設でもローテートが可能です。

また、当科では内科専門医にむけ、足りない症例に関して相談する内科専門医取得に向けた指導医師を決めています。そうすることで、基幹病院に留まるか連携施設に出向するかの相談も同時に考えることができます。

当科の新内科専門医制度につきましては 兵庫医科大学病院内科専門研修プログラム(別窓表示:PDF)をご覧ください。

pagetop

研修目標・到達目標

当科での臨床研修は、内科専門医制度に沿った研修を行うと同時に、本来の消化管内科医として必要な研修プログラムも同時に作成しています。
具体的なプログラムとしては、上・下部の内視鏡検査、X線造影検査、超音波検査などの検査技能の習得を第一目標としています。特に消化器疾患は患者数が多く、技術習得と種々の疾患の経験を得やすいことが当科の大きなメリットです。
最低でも週に2~3日の消化器検査を実施することで、卒後3年目でほとんどの医師がルーチン検査をこなせるようになります。1年間決まった検査枠で検査をするのではなく、3か月ごとに検査枠を見直し、より多い指導医と混じりあいながら足りない部分を補っていきます。

入局後すぐに日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化管学会に入会し、専門医を最短で取得できるように指導医が学会の入会を事細かく教えます。
新内科専門医を取得してから1,2年程度で日本消化器病学会や日本消化器内視鏡学会の専門医が取得できるようになります。

病棟では、指導医(教員)の先生ならびに臨床研修医と3~4人のチームを組んで診療にあたります。カンファレンスや内視鏡セミナー、上部外科・下部外科との症例検討、そして学会発表を経験し、第一線の医師として活躍してもらいます。
卒後4・5年目で国際学会の舞台にたつ機会を作っています。

大学院

消化器疾患の基礎及び臨床を深く研究する場合は、大学院進学が可能です。

むしろ大学院進学は、就職面で有利に働くことがあり、専門的研究に従事し博士号を取得することは大学ならではのメリットです。当科に入局する85%以上の医師が大学院に入学しています。大学院に入学しても新内科専門医制度には対応しておりますので、資格を取得するのが遅くなることはありません。また、平成18年度より夜間大学院制度が開始され、他院や本学で昼間勤務した上で研究歴を得ることも可能です。


留学

当科ではアメリカ・イギリスを中心に留学希望のある先生には留学してもらっています。留学便りをご覧になればその雰囲気がよく分かると思いますので参考にして頂ければ幸いです。
また、内視鏡手技を学ぶために国内留学も積極的に行っております。国内外問わず、有名な先生をお招きして講演もしてもらっています。

pagetop

関連病院

H31年4月~

尼崎中央病院 いぶきの病院 岩下内科クリニック
植木病院 大阪暁明館病院 大久保病院
大阪はびきの医療センター 川西市医師会 協立病院
健康ライフプラザ 恵生会病院 神戸アドベンチスト病院
神戸掖済会病院 神戸百年記念病院 公立八鹿病院
ささやま医療センター 心臓病センター榊原記念病院 住友病院
船員保険大阪健康管理センター 高石藤井病院 宝塚市立病院
宝塚第一病院 谷向病院 長久病院
九十九記念病院 とくなが病院 中井記念病院
中院(なかのいん)クリニック 西宮協立脳神経外科病院 西宮市医師会
西宮渡辺病院 野村海浜病院 博愛茨木病院
はら外科胃腸科 はりま病院 阪奈中央病院
東成病院 姫路愛和病院 兵庫県予防医学協会
平島病院 ベリタス病院 松本病院
明和病院 洛西ニュータウン病院

五十音順

太字の病院は卒後3年目以降の臨床研修として派遣実績のある病院です。

pagetop

指導医

主任教授
三輪 洋人(指導責任者)
准教授
福井 広一、大島 忠之、(内視鏡センター):富田 寿彦
講師
戸澤 勝之
助教
(内視鏡センター):河野 友彰、福島 政司、近藤 隆
助教
山崎 尊久、小川 智広、田村 彰朗、中村 久美子、井上 義仁
助教
(臨床検査部):江田 裕嗣、(地域消化器病学):森 すみれ

問い合わせ先

入局希望者は医局長までご連絡下さい。いつでも相談に応じます。

研修管理委員
近藤 隆 (医局長)
TEL
0798-45-6662 (内線6662)
E-mail
gastro@hyo-med.ac.jp