募集案内 | 入局体験談

日隈 杏    川崎医科大学/平成27年度卒業

日隈先生近影

私は、岡山県の川崎医科大学を卒業し、初期研修の2年間は同大学附属病院で終えました。初期研修1年目のときは全く違う科へ進むことを考えていましたが、2年目に食道胃腸内科、胆膵インターベンション科を回って、実際に内視鏡に触れる機会が多くなり、いつの間にか消化器内科を志すようになりました。兵庫医科大学附属病院の消化管内科に見学に伺った際は、3-5年目の先生方はバリバリ内視鏡や病棟業務をこなされており、必ず上級医の指導を受けられる体制がすごく魅力的だと感じました。入局を決断する上で迷いはなかったです。
他大学出身であり、医局に馴染めるか不安はありましたが、たくさん声を掛けていただき、不安はすぐになくなりました。まだ、入局したばかりでわからないことは多いですが、日常業務に関しては、チームで患者さんを診ているので、困ったときはいつでも上級医に相談でき、たくさんのことを教えていただき、充実した毎日を過ごしています。

消化管内科は吐血、下血など急性期対応をすることもあれば、悪性腫瘍の治療や化学療法に携わることもできます。是非、一度見学にいらしてください。


中西 貴士    岡山大学/平成27年度卒業 大学院生

中西先生近影

私は岡山大学を卒業し、初期研修を西宮の市中病院で2年間行いました。初期研修を始めた頃はまだ医局に関しては考えていませんでしたが、その病院でお世話になった消化器内科の先生方が兵庫医科大学の医局に所属されており、非常に熱心に仕事をされておられる姿を見て、是非一緒に働かせて頂きたいと思い、入局しました。
やはり周りは兵庫医科大学出身の方が多く、最初は慣れることができるか心配でしたが、歓送迎会やチーム会、ゴルフコンペなど行事がたくさんあり、医局全体の雰囲気が非常に良く、全くそのような心配は不要でした。

病棟ではチームで患者さんを受け持ち、常に上級医の先生から指導を仰ぎながら日々学ぶことが出来ます。また1週間の内に実際に内視鏡検査をさせて頂ける枠が設けられており、技術面でもどんどん上達していくことが出来ます。
困ったことがあればすぐに上級医の先生に相談し、指導して頂ける環境が整っています。まだ入局して間もないですが、毎日知識・技術を少しずつ習得することが出来ており、非常に充実した日々を過ごしています。
少しでも興味を持って頂けた方は、是非一度見学にお越しください。医局の雰囲気をご理解頂けると思います。皆様と一緒に働ける日を楽しみにしています。


吉本 崇典    兵庫医科大学/平成27年度卒業 大学院生

吉本先生近影

私は平成27年に兵庫医科大学を卒業し、兵庫県内の約450床ほどの市中病院で2年間の初期臨床研修を修了しました。大学卒業時点では志望科が決まっておらず、将来どのような医師になりたいのか漠然としたイメージも出来ていませんでした。そんな中、消化器内科ローテートの2か月間で、上級医の先生から内視鏡の操作や処置の説明など細かく教えていただきました。その時に印象に残っている言葉が、「消化器内科は検査から治療まで一貫して自分の目で見て医療を行うことがほとんど。そこがおもしろい」というものでした。その言葉を聞いて内視鏡技術や医学的知識をもっと学びたいと思い、消化器内医への道を決心しました。
私が兵庫医科大学の消化管内科に入局したのは、豊富な症例数と最先端の治療を学びたいと思ったからです。将来どのような形で働くとしても、まずは教育体制のしっかりとした場で専門的な医学知識・技術を勉強していくことが重要だと考えています。

入局前は医局の先生方と上手くやっていけるかとても不安でしたが、どの先生方もやさしく話しかけてくださり、わからない事や困った事があった時はとても親身にアドバイスをして下さいます。内視鏡検査や処置にも積極的に参加させて頂いており、充実した毎日を過ごしています。
文章だけではわからないことがほとんどだと思いますので、少しでも興味ある方は是非見学にいらしてください。きっと消化管内科の医局の良さが伝わると思います。


戎谷 信彦    岡山大学/平成27年度卒業 大学院生

戎谷先生近影

私は平成27年に岡山大学を卒業し、西宮市内の市中病院で2年間初期臨床研修を行いました。そこで2年間で合計5ヶ月間消化器内科をローテートしました。元々消化器内科に興味があり、初期研修終了後は消化器内科医になろうと決めてはいましたが、初期研修終了後どこで勉強していくかは決まっておらず悩んでいました。しかし消化器内科ローテート中に指導医として熱心に指導してくださったのが兵庫医科大学の消化管内科に所属されている先生方でした。消化管疾患だけでなく多領域にわたる幅広い知識、経験をお持ちであり、それを惜しむことなく教えていただき大変勉強になりました。その時に自分もゆくゆくは兵庫医科大学消化管内科に属し、さらに研鑽を積みたいと考えるようになり、入局を希望しました。
入局し大学病院で働き始めてからも確固たる内視鏡技術、幅広い医療知識を持つ先生方に毎日様々なことを教えていただき忙しくも充実した日々を送っています。大学病院ではチームで診療にあたりますが、チーム内の先生方はもちろん、他チームの先生方も質問できる縦の繋がりも横の繋がりも強い非常に雰囲気の良い医局であり医療面だけでなく、患者さんとの接し方や他職種の方々との連携の仕方などもアドバイスして頂いています。

仕事以外でも、頻繁にチーム会をしており、病院では話せないような悩み、個人的な相談にも乗っていただき、医局全体でも歓送迎会から始まり、納涼会・ゴルフ大会・ボーリング大会・忘年会・新年会など定期的に行事があり仕事とプライベートのメリハリがあります。
その他にもこの体験談だけでは語り尽くせないことが沢山あります。消化器疾患に興味のある方はもちろん、現段階で何科を専攻していくか悩んでいる方も是非一度見学に来て下さい。実際に医局の空気に触れると良さがわかると思います。そしてゆくゆくは一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。


三重野 将敏    兵庫医科大学/平成26年度卒業 大学院生

三浦先生近影

私は兵庫医科大学を卒業し、兵庫医科大学病院で2年間研修しました。1年目の研修で2か月、2年目の研修で5か月消化管内科をローテートしました。1年目の研修では病棟業務を上級医と学び、内視鏡の模型を教えていただきました。2年目の研修では上級医監督の下、内視鏡の勉強を中心に学びました。このときに内視鏡の魅力にひかれて入局を決めました。
入局してからは関連病院で1年間半勉強し、病棟主治医としての責任感をもって診療にあたること、常に勉強をする姿勢を身に着けることができました。また、消化管以外のERCPや肝臓疾患の勉強もすることができました。大学病院に帰ってきてからは消化管の専門的な勉強をさせていただいております。またESDもできる環境にあり、自分の成長を日々感じています。

仕事以外でも様々な行事があり充実した医局生活を送れることができると思います。
常に医局の雰囲気もいいので、ぜひ気軽に見学に来てください。お待ちしております。


西村 平八郎    帝京大学/平成26年度卒業 大学院生

西村先生近影

私は平成26年に帝京大学を卒業し、西宮市内の市中病院で2年間初期臨床研修をさせて頂きました。1年目で2ヶ月、2年目で2ヶ月の消化器内科をローテートし、消化器疾患の診断、検査、治療などを学びました。その際、兵庫医科大学の消化管内科に所属されている先生方に指導を仰ぎました。消化管疾患は勿論、多領域にわたる臨床経験を積むことができました。また、上下部内視鏡検査、腹部超音波検査、消化管造影検査などについても、笑顔で時に厳しく丁寧な指導を頂きました。
先輩医師の幅広い医療知識と、内視鏡技術に強い憧れを持ち、また、研究や学会発表も盛んに行っている姿をみると、最先端の医療に触れる機会が多くあることを確信し入局を希望しました。

私は兵庫医科大学出身ではなく、医局に馴染めるか不安でしたが、入局後はとても親切に分け隔てなく接してくださり、頻繁に声を掛けていただき、慣れない業務、治療方針の相談のみならず、個人的な悩みに関してもアドバイスを頂いています。ボーリング大会、納涼会など様々なイベントも目白押しです。
大変楽しい雰囲気の中、常に緊張感を持って、最先端の技術、知識の習得を目指し充実した毎日を過ごしています。
興味がある学生、先生方は是非一度見学にお越しください。少しでも兵庫医科大学消化管内科の魅力を感じていただけたら幸いと思います。多くの先生方と働けることを楽しみにしています。


三浦 昂    兵庫医科大学/平成26年度卒業 大学院生

三浦先生近影

私は兵庫医科大学を卒業し、初期研修を民間病院で2年間行いました。初期研修をはじめた時にはまだ、将来自分が何を専門とした医師になるのか決めていませんでした。決めるにあたって影響を受けたのは、その民間病院で消化器内科の先生方に熱くご指導いただいたことが大きかったです。その先生方は兵庫医大消化管内科の先生方で、仕事への取り組み方、患者さんへの接し方、知識、手技など尊敬すべき点がたくさんあり、自分もこんな医師になりたいと思い、消化管内科に入局しました。
日々の業務として、チームで患者さんを受け持ち、内視鏡室で技術を磨き、外病院で一般的な内科疾患を診るといったことをしています。幅広い疾患を診ることができること、ディスカッションできる場が身近にあることはとても魅力的な環境だと思っています。分からないことがあれば、何でも、誰にでも聞ける雰囲気で、どの先生方も熱心に指導してくれます。

仕事以外でも、新年会・歓送迎会・納涼会・ゴルフ大会・ボウリング大会・忘年会など楽しい行事がたくさんあり、とてもアットホームな医局です。
文章だけでは絶対に伝わらないこの空気感と熱さを感じに、よければ一度見学に来てください。


森下 大輔    兵庫医科大学/平成26年度卒業 大学院生

森下先生近影

私は兵庫医科大学を卒業後、初期研修を市中病院で行いました。研修医としてスーパーローテートするなか興味を抱いたのが消化器内科でした。診断から内視鏡的治療まで自ら行える消化器内科は非常に魅力的であると感じました。
私の初期研修病院に兵庫医科大学消化管内科から赴任されている先生方がおられ、非常に熱心に指導して下さりました。内視鏡検査・治療の技術だけでなく、患者さんやパラメディカルとの関わり方なども教えて頂きました。このように尊敬できる先生方に出会えたことが、消化管内科へ入局するきっかけとなりました。
現在は大学で医局の先輩方の熱い指導を毎日受けています。分からないことがあれば理解できるまで教えて下さり、内視鏡の模型を使った練習にも遅くまで付き合ってくれます。医局の行事も季節ごとに用意されており、楽しみにしています。わいわい働きたい方、じっくりと学びたい方、非常に雰囲気のよい医局なので、気軽に見学しに来てください。


藤村 忠宏    兵庫医科大学/平成25年度卒業 大学院生

森先生近影

私は平成26年に兵庫医科大学を卒業し、その後母校である同大学病院にて2年間の卒後臨床研修を終え、消化管科に入局させていただきました。
消化管科を希望した理由としては、診断および治療のできる内視鏡の魅力と、豊富な知識を持った先輩方が多数在籍されているアットホームな医局の魅力がありました。
私は研修医1年目で3か月間、2年目で篠山病院での2か月、本院での3か月と合計8か月間消化管科をローテートさせていただきました。それぞれ異なるチーム体制の下で研修させていただいたのですが、どのチームでも熱心に指導していただき内視鏡の操作、その他検査手技、ベッドサイドの診察まで幅広く教えていただきました。
丁寧な指導があり、若手からベテランまで数多くの先輩方がいらっしゃるこの医局に身を置くことによって、同期とも切磋琢磨し成長していけると確信しています。
内視鏡技術の向上とベッドサイドの診察を両立させながら、日々知識を吸収しながら自分も少しでも患者さんによい医療を届けるために研鑽していきたいと考えています。

この素晴らしい医局で一緒に切磋琢磨してみませんか。
共に消化管科を盛り上げていきましょう。


森 すみれ    兵庫医科大学/平成24年度卒業 助教

森先生近影

私が消化器内科を志したのは、大学5年の臨床実習にて内視鏡検査を見学したことがきっかけでした。模型での内視鏡の練習など熱心に教えていただいたことが今でも印象的です。
その後、母校の臨床研修医となりふたたび研修をさせていただきましたが、早期スクリーニングから、止血やERCP等の緊急性の高い疾患まで多岐にわたる内視鏡検査・治療の面白さに漠然と惹かれていました。さらに内視鏡だけでなく、様々な検査、処置を行い、スクリーニングから根治的治療、緩和ケアまで幅広い医療を行う消化器内科へさらに惹かれ、志望を固めていきました。
初期研修後の進路ですが、市中病院での研修をつづけることも選択肢としてありました。ですが、兵庫医科大学病院消化器内科には深い知識・経験を持ち、臨床に熱く、教育熱心な先生方が多いということ、なによりアットホームで相談しやすい雰囲気があることから入局を決めました。また、今は若い先生方に女性の先輩がたくさんいらっしゃり、そのことも決め手になったと思います。
大学病院に入局してわかったことですが、市中病院と大学病院での経験をバランスよく得られることは大変魅力的だとおもいます。両方の現場での経験をある程度積んだうえで自分の進路を選択し、大学での研究をしたい場合は大学院に入り専門的な知識を深く学ぶこともできます。

興味がある方は是非一度見学にお越しください。少しでも兵庫医科大学消化器内科の魅力を感じていただけたら幸いです。


道上 祐己    兵庫医科大学/平成24年度卒業 (出向中)

道上先生近影

私は平成24年に兵庫医科大学を卒業し、兵庫医科大学病院で2年間初期臨床研修をさせて頂きました。臨床研修医1年目で3ヶ月(主に下部消化管科)、2年目で3ヶ月(主に上部消化管科)の合計6ヶ月間消化器内科をローテートし、消化器疾患の診断、検査、治療などを学ばせて頂きました。
消化器内科での研修中は内視鏡を操作させてもらえる機会が多く、またその他の検査手技に関しても上級医の先生方に指導して頂きました。当直をした際には内視鏡モデルでの練習に付き合ってくださり、とても指導熱心な先生が多いのも消化器内科への入局を決めた一つの理由だと思います。また、同期、近い学年の先生が比較的多く、医局全体の雰囲気も良く、困ったときには相談しやすい環境でもあると思います。
大学病院には臨床、研究、教育の3本柱がありますが、私は入局と同時に大学院への進学もさせて頂き、今後は研究へも力を注いでいきたいと考えています。
毎日の業務は決して楽なものではない中でも、医局員の先生方の患者さんにより良い医療を提供しようとする姿勢はとても輝いてみえます。私もそのような先生方と一緒にこれからの医師生活を送っていきたいと思います。

私の拙い文章で消化器内科に興味をもって頂き、少しでも後輩が増えてもらえれば幸いです。一緒に仕事をできる日を楽しみにしています。


堀川 知紀    兵庫医科大学/平成24年度卒業

堀川先生近影

私は平成24年に兵庫医科大学を卒業し、母校で2年間の卒後臨床研修を終え、平成26年4月に入局しました。
以前より何か手技のある内科に進みたいと思っていました。そのような中で、検査そして治療もできる内視鏡手技があり、ベッドサイドでの診療もある消化器内科に出会いました。内視鏡に触れてみると、診断学はとても奥が深く、治療は常に進歩を続けており、いつの間にか内視鏡の虜になっていました。
また、内視鏡だけでなくベッドサイドでの診療は、一筋縄ではいかない症例も多く、皆で意見を出し合い診断・治療を行っていき、消化器内科のおもしろみを感じました。
そして、上級医の先生方は熱心に指導してくださり、若手からベテランまで層の厚い中で、時には皆で飲み気を許すアットホームな医局に入局を決めました。良い選択だったと感じています。

少しでも興味のある方は一度見学にいらしてください。大歓迎です。
是非多くの先生方と働けることを楽しみにしています。


井上 義仁    兵庫医科大学/平成24年度卒業 助教

井上先生近影

私は平成24年に兵庫医科大学を卒業し、その後母校である同大学病院にて2年間の卒後臨床研修を終え、兵庫医科大学消化器内科へ入局させて頂きました。
消化器内科を志望した理由としては、まず内視鏡検査に興味があったこと、そして学生時代を始め、臨床研修時代に消化器内科をローテーションした際に、諸先輩方に非常に熱心に指導して頂いたことです。
また、初めて実際に内視鏡検査を見学させて頂いた際に、ベテランの先生方は勿論、当時レジデントであった若い先生方も内視鏡カメラを自在に操り検査を進めてゆく姿を見て尊敬と憧れの念を強く抱きました。指導、教育が充実しており若手のころから高い水準での検査や診療技術を身に着けることができる環境だと感じました。今思えばこの時からもう自分の中で入局へ大きく傾いていたのかもしれません。
その後実際に内視鏡を積極的に触らせていただき、夜遅くまで練習に付き合って頂いて丁寧に指導して下さいました。また内視鏡での診断学を始め、ESDなどの治療、高い技術を目の当たりにし、いつか自分もこのようになりたいと希望を膨らませています。
私の場合は内視鏡検査を窓口として消化器内科へ興味を抱きましたが、内視鏡以外にもベットサイドでの診療を始め、プライマリケア、内科医としての基本を学び、消化器病の奥深さを実感しています。
まだまだ未熟で病棟、検査室を奔走しておりますが、日々充実した、密度の濃い時間を過ごしています。
上記にもありますが、当医局は医局員数が多く、若手の先生方も非常にたくさんいる活気にあふれた、熱い医局です。ベテランの先生方の熱い指導を受け、同期や学年の近い先輩方と日々切磋琢磨できる環境です。また研修医から上級医までの層の厚いチーム医療を実践しており、よりよい医療を求め様々なディスカッションが繰り広げられてます。

真剣、全力投球の医療姿勢、高い技術とプロフェッショナルさを感じる「ON」
アットホームな医局の雰囲気、楽しい飲み会や、イベントなどの「OFF」
この二つがはっきりした素晴らしい環境と感じます。
消化器内科を少しでも考えている方は是非一度見学へいらして下さい。


田中 さゆり    兵庫医科大学/平成22年度卒業

田中先生近影

私は約280床の市中病院で2年間初期研修終了後、3年間一般内科として後期研修を行い、6年目に兵庫医科大学の消化管内科に入局しました。初期研修時に内視鏡に触れて楽しいと思ったのが消化器内科を選んだ理由です。後期研修は市中病院だったので、一般内科医としてプライマリ疾患を診療する中で、内視鏡を中心とした消化管の検査や治療を経験させて頂いていました。消化管疾患の診療や内視鏡の勉強をもっと専門的にしたいと思い大学への入局を決めました。
兵庫医科大学を選んだ理由は、母校であったことと、見学の際、医局員が多く活気があり雰囲気の良さを感じたからです。若手から中堅、ベテラン医師まで多くの先輩方がいらっしゃり、多くの知識を持ち、検査・治療の確かな技術を持たれております。内視鏡をする際には必ず上級医の指導を頂けますし、入院患者さんの検査や治療方針も上級医と相談しながら進めていきます。入局して間もないですが、上級医との距離も近く、指導を頂ける環境が良いと感じています。これからも多くの先輩方に御指導頂き、勉強して知識を増やすとともに、内視鏡の技術も向上させていきたいと思います。

大学へ入局するまでは迷いましたが、入局した今は兵庫医科大学の消化管内科へ入局して本当に良かったと思います。迷っている方はぜひ一度見学に来て頂ければと思います。