研究シーズ集
がんプロフェッショナル養成プラン
科学技術振興調整費中皮腫臨床試験センター
エコチル調査兵庫ユニットセンター
兵庫医科大学医学会

抗腫瘍薬剤としてのイトラコナゾールの新規作用機序の解明

関連疾患・研究領域 悪性腫瘍全般
所属部署名
(医科あるいは医療)
産科婦人科学
研究代表者 柴原 浩章
研究実施者
(研究内容照会先)
鍔本 浩志
検索キーワード 抗悪性腫瘍薬剤

研究概要

抗腫瘍薬剤としてのイトラコナゾールの新規作用機序の解明画像1
抗腫瘍薬剤としてのイトラコナゾールの新規作用機序の解明画像2

科学的アピールポイント(独創性・進歩性・新規性等)

  1. 動物実験の結果はヒト生体で再現されない事が多い。研究者は、既にヒト生体を用いた分析を倫理審査承認を受けて実施中である。
  2. イトラコナゾールの多癌腫に対する臨床的有益性(生存期間の延長)を論文化している。

主公表論文(これまでの研究実績)

Inoue K, Tsubamoto H, Expression of Hedgehog Signals and Growth Inhibition by Itraconazole in Endometrial Cancer. Anticancer Res in press.
Tsubamoto H, Impact of Itraconazole after First-line Chemotherapy on the Survival of Patients with Metastatic Biliary Tract Cancer Anticancer Res, Anticancer Res. 35(9):4923-7, 2015
Tsubamoto H, Combination chemotherapy with itraconazole for treating metastatic pancreatic cancer in the second-line or additional setting. Anticancer Res,35:419 1-4196, 2015
Tsubamoto H, Impact of Itraconazole on the Survival of Heavily Pre-treated Patients with Triple- Negative Breast Cancer. Anticancer Res, 34:3839-3844, 2014.
Tsubamoto H, Impact of combination chemotherapy with itraconazole on survival of patients with refractory ovarian cancer. Anticancer Res, 34(5): 2481-2488, 2014
Tsubamoto H, Impact of combination chemotherapy with itraconazole on survival for patients with recurrent or persistent ovarian clear cell carcinoma. Anticance r Res, 34(4): 2007-2014, 2014

研究成果の活用・実用化(提案)

  1. 抗がん治療薬としてのイトラコナゾールのコンパニオン診断開発
  2. 新規抗悪性腫瘍薬の開発

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.