研究シーズ集
がんプロフェッショナル養成プラン
科学技術振興調整費中皮腫臨床試験センター
エコチル調査兵庫ユニットセンター
兵庫医科大学医学会

アレルギー性鼻炎モデル動物の作製方法ならびにその利用

関連疾患・研究領域 アレルギー性鼻炎、花粉症
所属部署名
(医科あるいは医療)
免疫学、先端医学研究所 アレルギー疾患研究部門
研究代表者 善本 知広
研究実施者
(研究内容照会先)
善本 知広
検索キーワード アレルギー性鼻炎、花粉症、IL-33

研究概要

アレルギー性鼻炎モデル動物の作製方法ならびにその利用画像1アレルギー性鼻炎(allergic rhinitis :以下AR)患者数は、先進国を中心に増加の一 途にあり、世界中で推定6億人を超えます。本邦では、国民の40%がARに罹患しています。しかし、AR発症機序は未だ不明な点が多く根本的な治療法は確立していませ ん。その最大の理由の1つとして、ヒトの症状と病態をよく反映したARモデルマウスが確立されていないことがあげられます。私たちは、正常BALB/cマウスをブタクサ花粉(欧米における花粉症の原因アレルゲンの約50%を占めます)と水酸化アルミニウムで免疫した後ブタクサ花粉を点鼻すると、1)点鼻後10分間(即時相)の頻回なくしゃみ回数の増加(約80回)、2)点鼻後24時間後(遅発相)の鼻粘膜の組織学的所見 (多数の好酸球/好塩基球浸潤、鼻粘膜の多列上皮化、杯細胞の過形成)、3)ブタクサ花粉特異的血清IgEの上昇を伴った、ヒトのAR症状をミミックしたARモデルマウスを樹立しました。本モデルマウスを用いた解析から、AR発症には、1)花粉刺激によって鼻粘膜上皮細胞から産生されるIL-33と、2)鼻粘膜に集積する好塩基球が必須の因子であることが、それぞれを欠損したマウスを用いた解析で明らかになりました。

科学的アピールポイント(独創性・進歩性・新規性等)

  1. 従来からのARモデルマウスは、卵白アルブミンを免疫したマウスに卵白アルブミンを点鼻する方法が用いられてきました。 しかし、この方法ではAR症状は軽微であり、卵白アルブミンによるARはヒトには存在しない。一方、私たちが樹立したARモデルマウスは花粉アレルゲン特異的で、ヒトのAR症状に極めて酷似した病態を示します。
  2. 本ARモデルマウスでは、組織染色によって測定した鼻粘膜に浸潤・集積する好酸球数と、フローサイトメトリーによって解析 したマウス頸部リンパ節細胞中の好酸球数が相関します。組織染色には熟練の技術が必要です。一方、フローサイトメトリー による好酸球(Siglec-F+CCR3+細胞)の解析によって、極めて容易にARの遅発相所見(鼻粘膜への好酸球浸潤)を検討す ることができます。

主公表論文(これまでの研究実績)

A critical role of IL-33 in experimental allergic rhinitis. J. Allergy Clin. Immunol. 130:184-94, 2012. Yoko Haenuki.

知財情報

発明の名称:アレルギー性鼻炎治療剤のスクリーニング方法およびその利用.
出願番号:特願2011-211159、特開2013-70653
特許番号:5800263号(登録日:2015年9月4日)

研究成果の活用・実用化(提案)

  1. 本ARモデルマウスは臨床的、病理学的にヒトのARに非常に酷似した病態を示し、且つ簡便に作製、解析可能であることから、以下の用途に活用できます。
    1. アレルギー性鼻炎治療剤のスクリーニング
    2. アレルギー性鼻炎治療剤(新規開発または既存の薬剤)の効果判定
    3. アレルギー性鼻炎発症機序(IL-33および好塩基球等)を標的とした新規治療・予防薬の開発
  2. 本ARモデルマウスを用いた鼻上皮細胞からのIL-33産生機序とこれを制御する調節分子の解明は、IL-33を標的とした新 規アレルギー治療薬の開発につながます。

関連情報提供 URL

兵庫医科大学 免疫学講座

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.