研究シーズ集
がんプロフェッショナル養成プラン
科学技術振興調整費中皮腫臨床試験センター
エコチル調査兵庫ユニットセンター
兵庫医科大学医学会

新規脳内在性多能性幹細胞による脳梗塞の再生療法

関連疾患・研究領域 虚血性脳疾患(脳梗塞)
所属部署名
(医科あるいは医療)
先端医学研究所 神経再生研究部門
研究代表者 松山 知弘、中込 隆之
研究実施者
(研究内容照会先)
松山 知弘、中込 隆之
検索キーワード 幹細胞、脳梗塞、神経再生

研究概要

近年、再生医療はめまぐるしく進歩しており、特に幹細胞を応用した再生療法の期待は非常に大きい。神経系の分野においても、 成体脳において神経幹細胞が存在していることが発見され、脳傷害後の神経再生療法への応用が期待されている。また、これら の神経幹細胞以外にも、ES細胞由来神経幹細胞、胎児脳由来神経幹細胞、さらに、最近ではiPS細胞の発見により、遺伝子操作 により作成した神経幹細胞等を用いた研究が精力的に行われている。しかし、発癌性の危険性、倫理的な問題、拒絶反応などの 重大な問題点が、これらの神経幹細胞を応用した再生治療においては解決されていない。そこで、我々は、脳梗塞作製マウスを 用い、脳傷害病態下に生体内に誘導される自己の内在性神経幹細胞の発掘を独自に試み、その活用による神経再生療法を目指 してきた。その結果、脳梗塞後の脳組織(脳梗塞巣)には成熟したニューロン、アストロサイト、オリゴデンドロサイトは消失する ものの、これらの三系統に分化する能力を持つ内在性神経幹細胞(傷害誘導性神経幹細胞:injury-induced neural stem/ progenitor cells: iNSPCs)が産生されることを発見し、その単離に成功した(Eur J Neurosci 29: 1842-1852, 2009)。我々は、その後の研究により、iNSPCsが神経系以外の細胞にも分化可能な多能性幹細胞であり、この脳由来虚血誘 導性多能性幹細胞(Brain-derived ischemia-induced multipotent stem cells; iSCs)は神経堤/ペリサイト系に由来 し、病態下で特異的に誘導されている細胞であることを明らかにした(Stem Cells Dev, 20, 2037-2051, 2011; Stem Cells, 33, 1962-1974, 2015)。我々は脳梗塞病態下の神経再生療法、特にiNSPCs/iSCsを介した新規神経再生療法 の開発及びその臨床応用を主軸とした研究を行っている。

科学的アピールポイント(独創性・進歩性・新規性等)

我々は、脳梗塞後に骨髄単核球を投与することで、iNSPCs/iSCsを介した神経機能改善がみられることをマウス及びヒトにて証明し、細胞治療による新規神経再生療法を臨床応用に繋げてきた実績を持つ(Stem Cells, 28, 1292-1302, 2010; Stem Cells Dev, 19, 2207-2218, 2015)。

主公表論文(これまでの研究実績)

  1. Nakagomi T, et al. Brain Vascular Pericytes following Ischemia have Multipotential Stem Cell Activity to Differentiate into Neural and Vascular Lineage Cells. Stem Cells, 33, 1962-1974, 2015.
  2. Nakagomi T, et al. Isolation and characterization of neural stem/progenitor cells from post-stroke cerebral cortex in mice. Eur J Neurosci, 29, 1842-1852, 2009.

知財情報

特許第4481706号:発明の名称「脳梗塞疾患モデルマウス」、特許第4905719号:発明の名称「神経幹細胞の調製法」

研究成果の活用・実用化(提案)

我々は、脳梗塞モデルにてiNSPCs/iSCsを単離培養する技術を確立しており、今後、この細胞の分化・増殖規定因子を同定す ることで、脳梗塞患者に臨床応用することが可能であると考えている。また、既存の薬剤を用い、iNSPCs/iSCsの有効性を検 討することも可能であり、有効性を示す薬剤に関しては、脳梗塞患者における神経再生治療薬として臨床応用に繋げていきたいと考えている。

関連情報提供 URL

脳梗塞病態理解への新たな情報を提供している(神経学会、脳卒中学会、脳循環代謝学会などでのシンポジウム講演多数)。細 胞治療効果評価のためのin vitro、in vivoの実験設備及び施設間研究体制を整えつつある。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.