研究シーズ集
がんプロフェッショナル養成プラン
科学技術振興調整費中皮腫臨床試験センター
エコチル調査兵庫ユニットセンター
兵庫医科大学医学会

アレルギー疾患研究部門

部門紹介

 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業に選定
 (平成22年度-26年度)

 日本をはじめとする先進諸国ではアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症に代表されるアレルギー疾患が年々増加傾向にあり、国民の30%が何らかのアレルギー疾患に罹患しており、深刻な社会問題となっています。その最大の理由の1つとして、アレルギー疾患発症メカニズムの解明と根本的な治療技術の確立が未だ成されていないことが挙げられます。

 当研究部門は、様々なアレルギー疾患モデルマウスを作製し、アレルギー疾患の発症メカニズムの解明と新しいアレルギー治療技術の開発を目的として、平成21年10月からスタートしました。代表的なアレルギー疾患である、花粉症(アレルギー性結膜炎・鼻炎)、喘息及び食物アレルギーはいずれも「上皮細胞」がアレルゲンに曝露されて発症することから、「上皮細胞を起点としたアレルギー発症機序」の研究を進めています。特に、アレルギー性鼻炎の研究ではブタクサ花粉特異的アレルギー性鼻炎モデルマウスを世界で初めて樹立し、その発症に花粉で刺激された上皮細胞から産生されるアレルギー誘導サイトカイン(IL-33)が「引き金」となることを明らかにしました。更に、アレルギー性鼻炎患者においてもIL-33がその発症に関与することを明らかにしました。

 現在、善本が代表の「アレルギー性炎症:原因の解明と治療技術の開発」プロジェクトが文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(平成22年度〜26年度)」に選定され、兵庫医科大学の基礎と臨床講座と連携し、臨床応用を目指したアレルギー研究を展開しています。

 医師の仕事は非常に尊いですが、一生涯に治療できる患者数は多くはありません。一方、一つの有効な新薬は何百万、何千万人にものぼるアレルギー性疾患に苦しむ患者様を救うことができます。これこそまさにリサーチドリームです。 「アレルギーを科学して、アレルギーを治す」という理念の基で、研究にチャレンジしてくれる明るい大学院生諸君の参加を歓迎します。

責任者 善本 知広 (研究所教授)
TEL 0798-45-6789
FAX 0798-40-5423
E-mail
善本知広 研究所教授
善本知広
研究所教授

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.