施設について

  • 設備機器のご予約はこちら(学内向け)
  • 共同利用者の研究実績(学内向け)
  • 施設利用について
  • 設備機器一覧
  • 依頼・申請書
  • 共同研の講習会
  • よくあるご質問

概要

共同研とは

 共同利用研究施設運営委員会は、委員会規程に基づき、主任教授6名、その他の教員8名で構成されています。委員会は共同利用研究施設の設備充実、保守、活用に関する具体的な問題を処理し、それら実務は学術研究支援部 研究技術課職員がこれに当たっています。

 共同利用研究施設の年度毎の施設、設備等の要求については研究者が利用者の一員として各エリアの「ユーザーミーティング」を介して委員会に要望を提出する一方、各講座・ 研究室単位の要望については、その集まりである「共同利用研究施設利用者会」が単位毎の希望をとりまとめて委員会に要望を提出する事になっています。

共同研の沿革

※左右スワイプで表をスクロールできます。

昭和47年 5月 (1972) 共同研究室設置準備委員会発足
昭和48年 4月 (1973) 共同研連絡会発足
昭和49年 3月 (1974) 共同研究室運営委員会発足
昭和49年 4月 (1974) 7号館中央動物実験室完成
昭和50年 4月 (1975) 2号館に共同研究室完成
昭和59年 4月 (1984) 9号館に移転
昭和60年 10月 (1985) 組換えDNA実験室(P-3レベル)開設
平成 2年 3月 (1990) 遺伝子工学分野開設
平成 2年 4月 (1990) 中央動物実験室が動物実験施設として分離
平成13年 4月 (2001) 「共同利用研究施設」に改称し、施設規定を制定

共同研の構成

共同利用研究施設は分析機器、培養・遺伝子実験、微細形態、RI実験の4エリアから構成されています。

【共同利用研究施設エリア構成図】

共同研の配置

共同利用研究施設は教育研究棟の7階にあり、以下のような配置になっています。

【共同利用研究施設各エリアの配置図】

※RI実験エリアは9号館1階にあります。

連絡先

◆住所:兵庫県西宮市武庫川町1番1号
◆TEL:0798-45-6111

  • 設備機器のご予約はこちら(学内向け)
  • 共同利用者の研究実績(学内向け)
  • 施設利用について
  • 設備機器一覧
  • 依頼・申請書
  • 共同研の講習会
  • よくあるご質問