研究医コースに所属する学生は、プレコース、専門コースともに、興味のある講座を選択して研究を行います。
各講座の詳細は、下記よりご覧ください。

解剖学細胞生物部門

担当科目

  • 人体解剖実習
  • 器官・臓器の解剖III(循環・呼吸器)
  • 器官・臓器の解剖IV
  • 器官・臓器の発生
  • 中枢神経系の解剖
  • 臨床解剖実習

研究内容

中枢神経系の神経細胞の機能調節機構の検討、 自律神経系の臓器の機能調節機構の検討、視床 下部下垂体系の生体の調節機構の検討等を通じ て成体の機能に関わる機構を解明することを目 指して研究を行っている。実際の研究方法とし ては、形態学的な手法に加え、細胞生物学的、分子生物学的な手法も用い研究を行っている。病態に通じるようなモデル動物の解析や、遺伝子欠損マウスの解析を通じて、未だに明らかとなっ ていない機構の解明を目指している。

解剖学神経科学部門

担当科目

  • 組織総論と器官・臓器の解剖I(消化器)
  • 器官・臓器の解剖II(筋・骨格と末梢神経)
  • 人体解剖実習

研究内容

「疼痛伝達の分子メカニズムの解明と新規疼痛 治療へ向けてのシーズの開発」を教室の一貫し たテーマとして、分子形態学的手法を中心に、行動薬理学、分子生物学、神経生理学手法を取り 入れている。各種疼痛関連病態における神経系での各種活性物質の発現動態と、神経情報伝達 の変化、感覚受容・行動の変化との関連を追求 し、基本的疼痛伝達機構と各種疼痛病態の解明を進め、基礎的疼痛研究から臨床的応用へのシー ズとなる結果を得ることを目的としている。簡単にいうと、治りにくい痛みのメカニズムを解明し、そこから痛みに苦しむ患者のための新薬開発を目指している。文部科学省などからの科学研究費等の公的資金、製薬企業からの受託研究等の外部資金の導入により、研究環境を整備 してきた。開かれた研究環境を本教室の重要なモットーとしており、他大学の研究者・大学院生、製薬企業の研究者の受入れや共同研究を活 発に行っている。学会活動は北米神経科学学会、 国際疼痛学会など海外での発表を中心として おり、欧米の一流国際誌での論文発表を行って いる。

生理学生体機能部門

担当科目

  • ホメオスターシス
  • 生理学実習

研究内容

我々の研究室では、分子から個体までの生理機能がどのように統合され、調和されるかを理解することが大きな研究の流れである。また、神経回路などの機能的なネットワークとその構築形成・可塑性が高次機能や個体の行動をどのように担い、生体機能の恒常性を保っているのかを解明することを目指しており、治療に応用できる事も視野に入れている。

生化学

担当科目

  • 糖質と脂質の構造・代謝
  • タンパク質とアミノ酸の構造・機能・代謝
  • 生化学実習

研究内容

生化学は、生命活動を担う糖・脂質・核酸・ タンパク質の代謝を理解し、疾患の原因を探る 学問です。当講座では、活性酸素が関与する病態を分子レベルで解明したいと考えています。 活性酸素は、糖尿病や脂肪肝などの生活習慣病、 神経変性疾患、癌、老化など多くの病態に関与 していると考えられています。しかし、活性酸素がどのように疾患を引き起こすのか、なぜ病態を悪化させるのか、など詳細なメカニズムはわかっていません。そこで、遺伝子改変動物な どを用いて、少しでも臨床に結びつく基礎研究をめざしています。

薬理学

担当科目

  • 生体と薬物

研究内容

マウスにメタンフェタミンを投与すると、自 発運動量が増加する。繰り返し投与により、マウスはメタンフェタミンを嗜好するようになり、 メタンフェタミンの感受性が高まる。より大量を投与すると、異常行動を引き起こす。これら の現象における種々の神経伝達物質の役割につ いて研究している。特にヒスタミン神経活動を 高めると、メタンフェタミンの作用が弱められ ることを明らかにしている。
PC-12細胞などの株細胞を神経細胞のモデルとして、NGFによる分化誘導や血清除去による アポトーシス誘導に対して影響を与える薬物や、その薬物による遺伝子発現に対する影響を研究 している。
神経系の構成要素であるグリア細胞、中でも免疫系の細胞であるミクログリアを培養し、遊走能、貪食能、生存、分裂増殖に対するエイコサノイドの影響を研究している。

病原微生物学

担当科目

  • 生体と微生物

研究内容

ウイルス、細菌、真菌に関する研究を行っています。これらの病原体そのものの特性に関す る研究のみではなく、病原体に対する宿主応答、 予防法開発についても研究を行っています。

免疫学

担当科目

  • 生体防御のしくみとその破綻
  • 生体と寄生虫

研究内容

私たちは「アレルギー疾患や免疫難病がどの ようにして起こるのか」そのメカニズムを免疫 学的に解明すると共に、新しい治療技術の開発 に向けた基礎的研究に挑戦しています。医師と して、医学研究者として「病気を科学して、病 気を治す」を目標に日夜研究を続けています。 その研究レベルの高さは、2015年4月付の免疫学 分野における論文引用回数が国内7位にランクイ ンされていることからもお判りかと思います。

公衆衛生学

担当科目

  • 保健、医療、福祉と介護の制度
  • 公衆衛生学臨床実習

研究内容

当講座の主要な研究テーマは環境保健であり、 大気汚染が人の呼吸器・アレルギー系に及ぼす 影響を中心として疫学的・実験的研究を行っている。
近年、微小粒子状物質(PM2.5)や光化学オ キシダント(主にオゾン)等による大気汚染の 健康影響が注目されているが、これらは日本国 内で発生するだけでなく、中国大陸から国境を 越えて飛来するなど国際的な問題となっており、 グローバルな視点で研究活動を展開している。 また、環境省の「子どもの健康と環境に関する 全国調査(エコチル調査)」に参加し、化学物質等が子どもの健康に与える影響について大規模 な疫学研究を行っている。さらに、感染症、産 業保健等の公衆衛生上の幅広い課題に取り組ん でいる。

環境予防医学

担当科目

  • 社会環境と健康

研究内容

生活習慣病の中でも特に心疾患や脳血管障害 の基礎病変として重要である、動脈硬化のリス ク要因および病態と関連した疫学研究および実 験研究を行っている。前者では動脈硬化と飲 酒・喫煙・運動・食事・栄養などの生活習慣と の関連性について分析している。また、後者では、動脈硬化の病態と関連する血管平滑筋細胞、 内皮細胞、血小板、マクロファージの機能に関する実験を行っている。

法医学

担当科目

  • 死と法

研究内容

法医解剖症例を用いた死因診断:法医解剖では、死因を診断するということが一つの大きな 目的ですが、解剖しても死因がわからないこと があります。そうした症例では、死因を明らか とするという解剖本来の目的を果たすことがで きません。教室では、比較的若い人で、これま で元気だった人が突然死亡して、解剖によって も死因がわからなかった症例について、致死性 不整脈を引き起こす遺伝子の変異の検索を行っ てきました。こうした研究は、亡くなった方の 死因を明らかにするというためだけでなく、遺 族の生命予後を改善できる可能性もあります。

症例研究:年間約300体以上の豊富な解剖症 例がありますので、たとえばアルコールや薬毒 物、覚醒剤、自殺、他殺などによる死亡例の最 近の傾向を明らかとするといった研究をおこな うことができます。教室では、死亡した症例を 扱っていますので、臨床での患者様を対象とし た研究と、たとえ同じ疾患を扱っていたとして も意味合いが異なります。対象となる疾患の中 で、死という結果をもたらした症例だけを扱っ ているという点で、法医学でしかできない症例 研究をおこなうことができます。また、現在、講 座にはCT は設置されていませんが、死後診断 におけるCT 画像の有用性に関しても検討して います。

遺伝学

担当科目

  • 分子生物学
  • 遺伝と遺伝子
  • 臨床ゲノム医学

研究内容

ヒトのゲノムは約30億塩基対から成り立って います。その内のほんの少しのゲノムの配列の違い(多型)が私達の個性を作り出しています。 一方たった一つの塩基対の変化(変異)が遺伝 病やがんを引き起こすこともあります。遺伝学 教室では、遺伝子変異が遺伝病やがんを引き起こすメカニズムの研究と、その背景になる個人 の特性を作り出している遺伝子多型の研究をしています。また遺伝病やがんの治療のために、細 胞の可視化・追跡技術やウイルスベクターを用い た細胞・遺伝子治療の研究開発を行っています。

医療統計学

担当科目

  • 医学概論入門
  • 自然科学実習
  • 臨床入門
  • 医学統計学・臨床疫学

研究内容

医学、生物学といった生命科学の諸分野で生 じる課題や問題を解決するための統計モデル、 統計的方法、統計的方法論といった統計的接近 法の開発およびその応用に関する研究を行って います。とくに、最近の医薬品、医療機器、治 療法の臨床開発・評価に注目すると、その効率 を高めるために、従来の考え方にとらわれない 新しいパラダイムが必要とされてきています。本 研究室では、この時代の趨勢と要請に応えるこ とのできる、新しい統計的接近法の開発を行っ ています。また、既存の統計的接近法を実践お よび応用する立場で、諸種の生命科学分野の研 究者との共同研究を行っています。

病理学分子病理部門

担当科目

  • 原因と病態
  • 消化器系の疾患
  • 内分泌・代謝・栄養の疾患
  • 臨床腫瘍学総論

研究内容

病気の根底に潜む“分子異常”を明らかにし て、早期診断法の確立や分子標的治療法の開発 を目指して研究を進めています。最近では、アスベスト(石綿)曝露に起因して発症する悪性 中皮腫の病態の解明に取り組んでいます。我が 国では、悪性中皮腫の発症は、これまでに使用 した大量のアスベストの影響を受けて増加の一 途を辿り、早期診断法および有効な治療法の開 発が急務になっています。また、肝再生医療を 目指して、肝臓の肝幹細胞/ 前駆細胞(オーバル 細胞)の特性を調べるとともに、その分化機構 について研究を行い、成果を挙げてきました。

病理学病理診断部門

担当科目

  • 病理学総論
  • 臓器別各論(病理部分担当)
  • 病理診断学

研究内容

実験病理学的な研究と人体病理学的な研究の 両方を行っています。実験病理学的な研究とし ては、炎症性疾患の発症機構を含む病態解明、 癌に対する免疫療法や化学療法を応用した治療 法の開発などを行っています。人体病理に関す る研究としては、日常的に行っている各種臓器 の病理診断業務と関連し、肝胆膵の腫瘍・唾液腺 を含む口腔領域の腫瘍・消化管の間葉系腫瘍で あるGastrointestinal stromal tumor (GIST)・ 動脈硬化や大動脈瘤などの循環器疾患・肺癌・ 軟部腫瘍・血液疾患などにおいて、分子病理学 的手法を用いて病態解明につながるような研究 を行っています。

細胞・遺伝子治療部門

研究内容

当部門では、21世紀の新しい治療法として大 きな期待が集められている先端医療の臨床応用 に向けたtranslational research を行っており、 各種悪性腫瘍をはじめとした様々な疾患に対し て世代アデノウイルスベクターを用いた新規遺 伝子治療法の開発とそれを用いた臨床研究の立 ち上げ、ドラッグ・リポジショニング研究による新規抗がん作用物質および創薬ターゲットの探索を行っている。

先端医学研究所
神経再生研究部門

研究内容

本研究部門では、脳組織再生に関するバイオ環境の検索や成体組織幹細胞などの基礎的研究 にとどまらず、これらの基礎研究の成果を臨床 応用に繋げていくためのトランスレーショナルリサーチを行っています。また、産学連携事業 を企画して、本研究所で発見した脳梗塞病態下 で特異的に誘導される傷害誘導性神経幹細胞に 対する増殖・分化規定因子の探索を行い、神経 再生を促す薬剤を開発するための幹細胞創薬研 究も行っています。