広報
兵庫医科大学医学会

中国・汕頭大学留学を終えて

木田 寛隆さん(第2学年次)

僕は汕頭大学の留学カリキュラムに惹かれてこのプログラムに応募した。貧困地域における生活や医療現場の見学や現地の学生との交流、それらは日本では体験できない非日常的な世界だった。そんな中国での出来事を私の主観を交えてだが報告したいと思う。
まず初日だがテスト直後で朝が早かったがみんなでしっかりと時間内に集合できた。集合した時にはみんなそわそわしているように見えた。よほど楽しみにしていたのだろう。まるで小学生のようだった。そんな感じで飛行機に乗りこんだ。長いフライトだった。到着すると一人の男性が僕らに手をふっていた。そう、程先生だった。お互いを認識できてひとまず安心した。僕達は程先生に連れられてバスに乗った。バスでの走行中に早速中国の洗礼を浴びた。信号はあるものの無視、優先の概念のなさ、その他日本で学んだたくさんの交通ルールは適応されていなかった。非常に危ない状況であったが事故はほとんどなかった。なんとなく最近中国が強くなってきている理由がわかった気がした。そしてホテルに着き僕達を歓迎してくれるパーティが始まった。外国の、しかも偉い先生方が大勢いらっしゃって緊張したが僕達を楽しませてくださった。それにしてもあの揚げ豆腐と煮魚のおいしさを忘れはしない。お腹も膨れこの日は就寝した。
2日目、貧困地域を訪問した。言い方は少し悪いが、不衛生な環境で、日本にはないような環境で住んでいる人がいた。中国は今や世界を走っている国であると考えていた僕には衝撃が大きかった。医療はお金がかかることだが、限度はあるとはいえ貧困層でも受けられる医療が確立されていた。安心した。今回僕達は米や油を運んで渡すといった本当に小さな事しかしてないが役に立つことができてよかったと思った。普段兵庫医科大学にいると自分も含めて非常に恵まれた生活を与えられているということを認識させられ、今ある環境に感謝しなければならないと強く思った。
3日目、まず汕頭大学の歴史や紹介の話を聞いたが群を抜いていたのが李嘉誠先生の話だった。超がつくお金持ちであるとはいえ、私財を投げうって医療に貢献しようとした彼に感銘を受けた。そして癌センターを見学した。驚いたことに入院ベッドが部屋の外に出されていたりした。場所的事情があるにせよ体力や精神的に弱っている患者さんを邪険に扱っているように見えた。だが中国ではそれが当たり前なのかもしれない。その後僕達の大学案内をしてくれる学生さんが来て面倒を見てもらうことになった。汕頭大学はきれいで大きかった。なんと汕頭大学の図書館はアジア最強クラスだと。図書館では多くの学生が熱心に勉強していた。兵庫医科大学でも図書館で熱心に勉強する学生は多いが汕頭大学は規模が違い圧倒されてしまった。他にも学習環境が抜群に良い施設が多く、実際の人体の標本や電子機器による解説を用いて学習できる場所もあった。おそらく今後体験できないであろうことを実際に体験できて満足だった。
4日目、朝からシビアな終末期医療を目の当たりにした。癌によって身動きができなくなり周りの人の介護を必要としている患者さんだった。もちろん医学部2年生にもなったので終末期医療については知っていたが実際に目にすると衝撃が大きかった。そしてその日の午後はボランティアに携わる医学生の話やホスピスでの医者の話を聞いた。学生さんたちは医者になる前から何か出来るこがあるということでやる。やはり中国では貧しい人が日本より多いということもあるのか、日本の医学生よりも意識が高いと感じた。ホスピスでは日本と同じように先の長くない患者さんが予後を苦しまずに生活できるようにサポートするという医療がなされていた。
5日目、口唇裂口蓋裂に特化している病院を見学した。初めて口唇裂口蓋裂を見た。この病気は見た目に現れるということ、呼吸や食事に支障が出るということが非常に問題なのだ。だから早く適切に治療することが大切であるということだった。早期治療の大切さを知った。午後は感染症センターを見学した。印象に残ったのは漢方見学だった。様々な匂いや形をした薬で感染症にとても有効だそうだ。薬理学で少しだけ日本で学んでいたのを、現地でさらに詳しく見学出来てよかった。その後はメンタルクリニックに行った。一応端くれながらも医学部2回生なので精神科患者に対して世間が抱いているような偏見はないが精神科患者との接触は初めてで緊張はしたがみんな陽気な方々で、一見体にも心にも異常が見られないような人もいた。一通り患者さんと交流した後、「勉強頑張れ」と言ってもらったのがうれしかった。
6日目、午前は潮州を観光した。中国の市場では鶏肉や豚肉が目の前につるされていてそれはとても迫力があった。日本の市場とは全然違ってとても興味深かった。その他にも珍しい店などを観光し、非日常を体験出来てとても楽しかった。その後は村にある小さな病院に行った。そこでは医師が明らかに不足していた。かなりの田舎で不便な立地、腕をあげるような症例の少なさなどがあるだろう。しかし田舎でも医療を必要としている患者さんは大勢いるので絶対に無くしてはいけないと感じた。何かしらの手当を掲げ医者を確保するべきではないだろかと感じた。
7日目、実はこの日体調を崩して一日中ホテルで寝ていた。いつもと違う慣れない環境だからかもしれない。その日は観光の後、産婦人科見学をして夜は餃子パーティをしたそうだ。みんなの話を聞く限りとても充実していて出来ることなら参加したかった。そして全てのカリキュラムを終えた。
今回の汕頭大学留学期間中に行程から自由時間から体調が悪い時など何から何まで面倒を見てくださった方々に本当に感謝しています。この行事に携わってくださった方々本当にありがとうございました。

研修中の様子

01.jpg

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.