広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

ワシントン大学での研修を終えて

玉木 愛乃さん(第5学年次)

今回8月6日から8月13日の間、シアトルにあるワシントン大学医学部で研修に参加させていただきました。4日間のMcCormick先生をはじめとする諸先生方の生命倫理学のセミナーやSeattle Children‘s Hospital , Seattle Cancer Care Alliance, Northwest Kidney Center, Harborview Medical Center の4つの施設見学をさせていただき、また先生方や同級生とのディスカッションを通してアメリカの医療と日本の医療の違いや生命倫理の考え方などを学んでくることができました。研修ではどのレクチャーも興味深く初めて知ることばかりでしたがその中でも特に印象深いものについて述べたいと思います。
まずChaplainについてです。Chaplainとは聖職者で緩和ケアを受けている患者にそれぞれの宗教に合わせて心のサポートをしていく職種です。Chaplain自信が持つ宗教観を押し付けないことや患者さんだけではなく医療従事者にも心のケアを行うことを知り、日本にはない職種なのですごく勉強になりました。患者さん自身の宗教に合わせたサポートをしてくれるのは宗教感が強いアメリカだからこそ求められるサポートだと思いましたが先生のお話の中でワシントン州だけでなくアメリカにも宗教に属していない人たちが多くいると仰っていたのを聞いてとても驚きました。日本では無宗教の方が多いのであまり宗教的スピリチュアルの考えに発展しないためChaplain制度について認識が低いと考えていましたが、アメリカにも無宗教の方がいらっしゃるので日本でもこの制度は大いに適用されますし今後のより良い医療につながるだろうと思います。臨床実習をしていてよく思うのですが、医師や看護師さんが忙しそうにしている様子から患者さんが遠慮をして相談しにくい雰囲気があります。そこで話を聞いてくれる職業の方がいれば患者さんにとって安心できる大きな存在になると思いました。
次にSeattle Children‘s Hospital の施設見学です。アメリカでは小児の緩和ケアを専門とした施設があります。子供の緩和ケア施設なので、誰かが泣いていたりする暗い雰囲気なのかなと緊張して施設を見学しましたが、すれ違う子供や家族がみんな笑顔で楽しそうな笑い声が聞こえてきたので最後の方はすっかり私の方がリラックスして見学していました。特に驚いたのが施設内に室内プールがあることです。日本では安全面や衛生面にとても気を使う国なので緩和ケア施設にプールがあるのはなかなか難しいと思います。しかしこの施設では子供の立場で常に考えられている空間が多く室内プールで遊具がたくさんあるのを見ると、とても楽しそうでした。他にも医師や看護師などの医療スタッフやその他の大人は誰もいない子供だけしか遊べない遊具スペースがあることがすごく印象的でした。日本だと子供が遊べる部屋には必ず医療スタッフなどの大人がいて、子供たちがケガをしないように見ています。しかし常に大人がいて見られている、自分がしようとしたことがあぶない!と止められてしまうのでは子供にとって思いっきり遊べないストレスがあると思うので、こういった子供だけの部屋はすばらしいと思いました。ここの緩和ケア施設では母親のためのサポートも充実しています。子供は母親の感情を敏感に感じる能力があります。そこで母親が緊張していたりイライラしていたりすると子供は感じてしまうので、母親のマッサージサービスや支援サービスがとても充実していて家族に対する支援にも目を向けていることに感銘を受けました。
最後に、尊厳死についてのレクチャーについて述べたいと思います。尊厳死についてのテーマは私が今回の研修で一番興味があり、楽しみにしていたレクチャーでした。日本における尊厳死の定義は過剰な延命治療をせずに人間の尊厳を保ちながら死を迎えることです。しかしアメリカでの尊厳死は患者自ら薬を用いて死を迎えることで日本とアメリカででは大きな違いがあることを知りました。アメリカすべての州で認められているわけではなくオレゴン州・モンタナ州・バーモント州・ワシントン州の4州のみです。条件も厳格に定められていて成人であること(18歳以上)、終末期を迎えていること、尊厳死が認められている4つの州の在住者、予後6カ月以下、口頭と書面の3回の申請、自ら経口摂取できる、うつ病でないかのスクリーニングを受けているかです。薬を服用すると眠くなり最後は心臓が止まるそうで痛みを感じないで死を迎えられるそうで、少なからず痛みを伴うのではないかと思っていたので、驚きでした。薬を受け取った患者さんは家族に囲まれて死を迎えたり、夕日を見ながら死を迎えたりと患者さんそれぞれの死の迎え方をしていて、薬を受け取った患者さんの中には考えが変わって薬を飲むのを中止したり、薬を持つことで安心して飲まずに持っているだけの方もいるそうです。この話を聞いたときにアメリカでの尊厳死は患者さんが病気と向きあい、死を考える機会になる緩和ケア治療の選択肢になっていると感じました。また薬を持つことで安心して飲まずにいる患者さんにとっては尊厳死の薬があるから大丈夫と生きる希望につながっているのではと思いました。尊厳死については倫理的問題も多く難しいテーマではあり、反対意見・賛成意見どちらが正しいとは言えません。日本ではまだ尊厳死は認められていませんが、将来的に日本でも認められる日がくるかもしれません。もし自分の担当患者さんが尊厳死を望んだ場合、患者さんの思いを受け止め、見届けることができるのか、このレクチャーを通して深く考える機会を得ることができました。
今回の研修ではほかにも多くの興味深いレクチャーがあり、日本ではあまり学ぶことの少ない生命倫理について学び、考えることができました。また自分の意見をみんなに伝える時間が多くあったので、他の人の考えを聞けてこのような素晴らしい研修に参加でき、嬉しく思います。研修では生命倫理に関するレクチャーのみではなく、観光させていただき、King先生のお宅でホームパーティや最終日のFarewell Partyなど先生方と英語で話す機会をたくさんいただき、すばらしい経験をすることができました。研修で学んだことは将来医師になった際に大いに活かし、国際的な医師になる目標のモチベーションとしてこれからの学習に励みたいと思います。
最後になりましたが今回このようなすばらしい機会を与えてくださった山西先生をはじめ、引率してくださった古山先生、蒲生先生ご夫妻、古瀬先生、色々なお世話をしてくださった枚方療育園の方々、McCormick先生をはじめとするワシントン大学の先生方、そしてこの研修で関わったすべての方に心より感謝いたします。本当にありがとうございました。

研修中の様子

01.jpg02.jpg

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.