広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

汕頭大学での留学を終えて

● 八木 真里奈さん(第2学年次)

私は、以前から留学そのものに興味があり、大学でこの留学プログラムがあると知った時、迷わずに募集しようと思いました。特に中国に興味があったと言う訳ではなかったのですが、それでも中国での一週間の留学生活は本当に実りの多いもので、心からこのプログラムに参加して良かったと思いました。2015年1月9日から16日まで、中国広東省の汕頭大学医学院での留学プログラムの一部を以下に紹介したいと思います。

1日目(1月 9日)中国に到着、ウェルカムディナー
2日目(1月10日)汕頭大学医学院(SUMC)と李嘉誠基金会の活動説明、臨床技能センターと汕頭大学の見学
3日目(1月11日)ホスピス医と共に訪問診療、学生ボランティアの人々と交流
4日目(1月12日)潮州観光、郊外の眼病院見学、道韵楼見学
5日目(1月13日)口唇口蓋裂治療センター、感染症センター、眼科センター、精神病センターの見学、山登り
6日目(1月14日)貧困地域のボランティア見学
7日目(1月15日)産婦人科の見学、O&Gデパートメント、餃子パーティー
8日目(1月16日)日本に帰国

01.jpg以上に挙げたプログラムは全てが新鮮で学べることがとても多かったですが、7日間の留学を通して私が特に印象深かった事を話していきたいと思います。
まず、汕頭大学について話します。汕頭大学は日本の大学とは比べられない程とても敷地面積が広く、特に新しく建設された汕頭大学医学院は医学院のデザインから内装の設備まで素晴らしいものでした。汕頭大学には芸術性の高いモニュメントや世界一とも称される図書館なども設けられており、私達はその素晴らしさに呆気にとられていました。これほどの大学を創る資金はどこから出ているのかと尋ねると、李嘉誠という方の寄付金を得て建設されたそうです。実際にお会いすることは出来ませんでしたが、李嘉誠さんの紹介は2日目に受けました。彼は、中国の実業家の方で李嘉誠基金会を設立し、貧困地域への援助やボランティアを積極的に行う偉大な方です。また、汕頭大学では学生のボランティア活動が盛んであったこともとても印象的でした。中国では、国土面積が広い分、どうしても貧富の差が際立ってしまい、私達が関わった医療従事者の方々からもその問題を解決したいという意思が伝わってきました。
02.jpg4日目、5日目、8日目に体験した病院見学では今までに見た事のない緑内障の治療をモニター越しであったが見ることができ、眼科での手術のイメージが鮮明になりました。また口唇口蓋裂の講義や産婦人科での造影剤を用いた検査を実際に見させて頂き、新たな発見がたくさんできました。精神病センターの見学では、中程度から重度の精神病の患者が開放的な場で共同生活している隔離施設に実際に入らせてもらいました。
 貧困地域のボランティア見学では、汕頭からバスで2、3時間の貧困地域に行きました。現地では汕頭市内では考えられないような貧しい生活を強いられている患者を何人も見ました。中国では、先程も述べたように貧富の差が激しく、日本のような十分な医療保険制度が整っておらず、治療を受けたくても受けられない貧しい人々がたくさんいます。現地の状況を実際にこの目で見て、日本の医療制度がどれほど整ったものなのかを初めて実感する良い機会となると同時に、世界全土に日本のような整った医療保険制度が一刻も早く出来て欲しいと感じました。
03.jpg以上のような体験を通して感じたことは、医療制度や治療法には若干の違いはあれど、医療従事者同士が共に信頼しあい協力しあって医療をより良いものにしようとする姿勢や、医療において何よりもまず患者の意見を優先しようとする姿勢は、異国の地であっても変わらないのだと改めて感じました。今回のかけがえのない経験を将来の自分に活かし、様々な視点から物事を考えられる人間になりたいと思いました。
最後になりましたが、中国で私達をもてなして下さった方々はもちろん、今回の留学プログラムに関わって下さった全ての方々に心から感謝を述べたいと思います。日本では経験することのできない、多くの事を学ぶことが出来ました。必ず、将来の自分の糧になると思います。本当にありがとうございました。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.