広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

ワシントン大学研修に参加して

● 鷲見 まどかさん(第5学年次)

01.jpg今回、私は8月8日から8月15日の8日間にわたって、シアトル・ワシントン大学医学部での生命倫理プログラムに参加させていただきました。ワシントン大学では、生命倫理、遺伝子診断、NICU、臓器移植、マラリア研究、チャプレン制度、小児科、尊厳死、腎透析、WWAMI、オバマケア、小児緩和ケア、ホスピスなどについてのレクチャーを受けました。どのレクチャーも本当に素晴らしいものばかりだったのですが、その中でも特に私が印象に残ったレクチャーについていくつか述べさせていただきたいと思います。

まず一つ目はチャプレン制度についてです。私がこの研修プログラムに応募した理由の一つは、チャプレンの方々が実際どのような活動をしているのかを知りたかったからです。私は今までチャプレンという職業があることを知らなかったのですが、先輩の体験談を読んで初めてチャプレンの存在を知り、緩和ケアを必要とする患者さんのスピリチュアルサポートを行う存在であることを知りました。私は、日本ではあまりなじみのないこのチャプレンの存在に興味を持ち、実際にどのようにして患者さんのサポートを行っているのかを自分の目で見てみたいと思いこのプログラムに応募しました。チャプレンには4つの役割があります。一つ目は患者さんの心を支えること、二つ目は宗教的な葛藤や痛みを聞くこと、三つ目は価値観を明確にすること、四つ目は患者さんに乗り越える力を身につけてもらうことです。死を間近に感じたとき、人は否定、怒り、取引、抑うつなどのプロセスを経て死を受容します。患者さんは様々な不安や葛藤を抱え、家族、友達、仕事など多くのものを失っています。その中でチャプレンは患者さんの心に寄り添い、患者さんが人生を見直しこれからの目標を見つける手助けを行っています。私はチャプレンの方のお話を実際に聞いて、本当に素晴らしい職業だと感じました。チャプレンの存在のおかげで心が救われた患者さんはたくさんいると思います。そして日本にも同じように苦しみ葛藤している患者さんは多いと思います。将来、私が医師になった時に、このレクチャーで学んだことを活かして患者さんの心に寄り添うことができる医師でありたいと思いました。

二つ目は尊厳死についてです。日本では認められていませんが、ワシントン州では尊厳死が認められています。尊厳死とは患者さんが希望し、認められた場合、医師が致死量の薬を処方し患者に委ねることができます。しかし法律上尊厳死は認められてはいますが、ワシントン州内でも、キリスト教では自殺が認められていないことや、倫理上の問題があるとの指摘など反対意見は存在します。世界的にも尊厳死を認めている国と認めていない国の両方が存在します。日本では尊厳死が認められていないため今回の尊厳死についてのレクチャーは私にとって非常に貴重な経験となりました。尊厳死法が認められた背景には、患者さんの自己決定権を最優先する医療が存在しており、その考えは医療において最も大切なものだと思います。アメリカでは個としての患者を重視しているからこそ、尊厳死法が成立したのかなと感じました。日本はどちらかといえば和の意識が強く、家族の意思が強く影響するため尊厳死の考えはなかなか受け入れられないかもしれません。やはり家族としては患者さんに少しでも長く生きてほしいと願うし、患者自身もまた家族を悲しませたくないと考えるからです。個を重視する考えと和を重視する考え、どちらの考えも間違いではないと思うし、これは国民性の違いゆえに生じる考え方の違いだと思います。尊厳死については様々な意見があり、日本では受け入れられにくい考えではあるかもしれないが、患者さんを苦しみから救いたいという考え方は医師として働いていくうえで、とても大切なことだと思うので今回このレクチャーで学んだことを忘れずに自分なりに精いっぱい患者さんに向き合っていきたいと思いました。

三つ目は4 box 法についてです。4 box 法とは(1)医療情報(2)患者さんの両親・家族の意思(3)QOL(4)患者さんを取り巻く環境の4つの項目を患者さんに記入してもらい、患者さんが今本当に必要としているものは何かを見つめなおすために用いる方法です。この方法を用いて患者さんのQOLをできる限り高めて、患者さんが残りの人生を悔いのないように過ごすことができるように努めます。この方法を用いることで患者さんの望む治療法も見えてくるので、無駄な治療を減らし医療費を削減することが可能となります。患者さんと接するうえでこの4 box 法を用いれば患者さん自身も心の整理を行うことができ、医療者側も患者さんが何を求めているのかがわかりやすくなると思います。この考え方はぜひ日本にも取り入れるべきだなと感じました。

02.jpgこのほかにもたくさんの素晴らしいレクチャーを受けました。私が学びたいと思っていた日本とアメリカの医療の違いや現在アメリカで行われている最先端の医療についても学ぶことができました。さまざまな職種の方々と接し、お話を聞くことで患者さんのサポートの仕方もたくさん学ぶことができました。日本にいるだけではきっと学ぶことができなかった、グローバルな視点での物事の考え方も経験することができました。同時にもっと英語を勉強しなくてはいけないなと痛感もしました。今回は本当に通訳の方に助けられてばかりでしたが、自分でももっと英語を聞き取り、話せるようになりたいと思いました。今回この研修プログラムに参加できたことは私にとって本当に素晴らしい、かけがえのない貴重な経験となりました。勇気を出して応募して本当に良かったと思っています。8日間と短い期間ではありましたが、得るものは非常に多く、忘れることのできない経験です。この研修で学んだことを活かして、これからもより一層勉学に励みたいと思います。

最後になりましたが、このような素晴らしい機会を与えてくださった枚方療育園の山西先生、お忙しい中引率してくださった古山先生、蒲生先生、古瀬先生、そして私たちを温かく迎えてくださり、素晴らしいレクチャーをしてくださった、McCormick先生、King先生をはじめとするワシントン大学の先生方、見学させていただいた施設の先生方、山下さん、福田さん、ガイドのYoshikoさん、通訳Turidさん、そして私たちのためにこの素晴らしい研修に関わってくださったすべての方々に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.