広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

ワシントン大学での研修に参加して

● 愛知 真さん(第5学年次)

01.jpg今回、私は8月8日から15日の8日間、ワシントン大学での研修に参加させていただきました。私がこの研修に参加した理由は生命倫理について学ぶことができるからです。日本とは違う考え方の国で、どのようなことが行われているのかとても興味がありました。私は英語力に自信がなく、この研修に応募することはとても勇気がいりましたが、実際にワシントン大学での研修を終えてみて勇気を出して応募して本当に良かったと思いました。本当に英語は苦手でしたが、積極的に教授に対し英語で質問している他の学生をみて私も頑張らないといけないと、いつも刺激をもらえました。ワシントン大学での講義はどれも興味深く、生命倫理について考えさせられる素晴らしいものばかりでした。中でも特に印象に残ったものがいくつかあります。

1つ目はチャプレンについてです。チャプレンについて学ぶ機会は3回ありました。神学部を卒業した人がトレーニングをつみチャプレンになることができます。チャプレンは患者さんの精神的なケアを行う職業であり、患者さんの話に耳を傾け、不安を和らげるようサポートします。患者さんの宗教に関係なくサポートしますが、宗教にもとづいたサポートができるチャプレンもいます。日本ではあまり有名ではありませんが仏教のチャプレンも存在します。チャプレンは患者さんの話をじっくり聞きくことに時間をかけます。そして1人1人の患者さんにとって何が大切で、どう乗り越えるのか、どう生きていくのかを一緒に考えます。終末期のケアだけでなく、急性期の病院でもチャプレンは患者さんにとって重要な存在です。終末期であれば死を受け入れて残りの人生をより良く過ごすために必要ですし、急性期であれば事故による体の機能の喪失や病気を受け入れるために必要です。それはアメリカだけでなく日本の患者さんにおいても必要な存在だと思います。日本ではなぜチャプレンが広まらないのか、日本でそのような役割を誰が担っているのか疑問に思いました。私は将来、終末期のケアができる医者になりたいと思っており、特にどのような最期をむかえることがその人にとって最善なのかを一緒に考え、サポートしたいと思っています。高齢化が進む日本では、終末期のケアは重要な問題になっていくと思います。そのためこのような問題は、医者だけでなく患者さんに関わるすべての医療従事者に必要なことだと思いました。日本では聞けないチャプレンのお話が聞けて本当に良かったです。

2つ目はJames Green先生の尊厳死についての講義です。アメリカの4つの州では尊厳死が認められており、医者は死に至る薬を処方することができます。日本では安楽死は認められていません。尊厳死については賛否両論であり日本で実用化するにはまず法律を決めることから必要です。賛成意見としては「自分のことは自分で決める権利がある」、「苦しみから患者さんを救える」などの意見があります。反対意見としては「死に至らしめることは神に背く行為だ」、「医者は患者さんを治すことが目的であり命を奪うような行為はするべきではない」などの意見があります。どちらの意見も納得できるものであり、どちらが正しいか決めることはできません。アメリカでは、尊厳死が認められるのは18歳以上で、余命が6ヶ月以下であるという条件を満たす患者さんです。また尊厳死を選びたいということを自筆の文章で書かなければならず、 処方された薬の蓋を自分であけて自分自身で口にいれなければならないという決まりもあります。医者は薬を処方するだけであり決して飲むことを手助けしてはいけません。つまり筋ジストロフィーや筋委縮性側索硬化症などの治療法もなく体も動かない患者さんは尊厳死を選ぶ権利がありません。医者は薬を処方するだけという決まりは、医者が殺人者にならないように守ることができますが、すべての患者さんの平等さを欠いてしまうものでもあります。医者が殺人者にならないことと、すべての患者さんに平等であることを満たすのはとても難しい問題だと思いました。また尊厳死法の認知化とともに、薬を処方された人は多くなっているが実際に薬を使って死んだ人はそんなに増えてはおらず、薬を飲む前に死んでしまっているという事実に驚きました。患者さんは薬を手に入れることで、いつでも楽になれると思えるそうです。薬がお守りのような存在になっていると先生はおっしゃっていました。私は、飲めば死に至る薬が死ぬまでの間、患者さんの管理に置かれることは危なくないのかと疑問に思いました。また使わずに終わった薬はどうなるのだろうと思いました。

02.jpg3つ目Ben Wilfond先生の小児に対する生命倫理の講義です。子どもは成人と違い、自分で自分のことを決めることは難しく親が決めることが多くなります。先生の話してくださったケースで印象に残ったものがあります。それは生後間もない赤ちゃんが先天的な奇形と18トリソミーを患っていた場合、医療者側としての意見は、「18トリソミーは予後がとても悪く長期生存の可能性はとても低いため先天的な消化管の奇形を手術するのは侵襲が高いだけであり勧められない」というものでした。しかし両親の意見は、「できることは全てしたい、手術をしてほしい」という考えでした。はたして手術をすることが赤ちゃんのために良いのかどうか悩む問題です。このような場合はまず両親とよく話し合いを行い、手術を行うメリットやデメリット、赤ちゃんの余命など様々なことを伝えます。この時あくまで医療者側は情報を与えるだけであり、両親を説得するような言動は控えるべきです。たとえ両親の決断が医療者側からしてみれば赤ちゃんのためにならないとしても両親の意思は尊重されます。もしそれが私の立場で、赤ちゃんに苦しみを与えるだけだとわかっていても割り切って考えなければならないことは辛いだろうと思いました。将来、医者として働くなかで、割り切って考えなければならない場合に直面することはたくさんあると思います。その時にいろんな考え方ができるように今回の研修を生かしていきたいと思いました。

今回の研修では本当に得るものが多く充実した8日間でした。このような貴重な機会を与えてくださった山西先生、ワシントン大学のMcCormick先生、King先生、講師の先生方、引率してくださった古山先生、古瀬先生、枚方療育園の方々、一緒に研修した枚方療育園・兵庫医科大学の学生皆さんに心から感謝しております。ありがとうございました。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.