広報
兵庫医科大学医学会
海外研修報告

汕頭大学での研修を終えて

● 山本 将大さん (第2学年次)

1日目
潮汕空港では程先生が迎えに来て下さっていた。バスでそのまま汕頭市内でのウェルカムパーティーへ。豪華な中華料理を囲んで汕頭大学の先生方が迎えて下さった。私たちの宿泊先は汕頭大学医学院の敷地内にある宿舎であった。汕頭大学の先生方のご配慮で暖房がつくエアコン、タオル、ハンガー、歯ブラシ、歯磨き粉、Wi-Fi等様々なものを準備して下さった。

2日目
午前中は李嘉誠基金会の会長から説明をいただいた。その後、医学院の臨床技能センターを視察した。患者さんに模した人形で実技の練習ができるように整備されており、第2学年から使用しているようだった。私たちの生理実習や臨床入門でも用いれば学生のモチベーションが上がるなどといった声が上がっていた。午後からは、汕頭大学の本学を訪れた。広大な敷地で兵庫医科大学の100倍は超えていたのではないだろうか。案内していただいた汕頭大学の日本語の先生は、中国の大学の中では狭い方だとおっしゃっていた。汕頭大学の学生とお茶を通して交流した。現地の大学生とお話できてとても有意義な時間を過ごせた。

3日目
ホスピスを見学した。中国で言うホスピスは、病院で行う緩和ケアではなく在宅で行うと説明を受けた。私は、医者と看護師に付いて行って2人の患者さんを訪問した。もし機会があれば、日本の在宅医療と見比べたい。午後は汕頭大学医学部の学生さんから普段行っているボランティアについて説明していただいた。

4日目
午前中は汕頭からバスで1時間ほど離れた潮州を観光した。中国のお寺は赤や黄、緑などで塗られており日本よりカラフルであった。午後は眼科を中心に行っている田舎の病院を見学した。汕頭からバスで1時間半掛かった。街中を出ると舗装されていない道も多かった。その病院は都会の病院よりも患者さんから徴収する医療費を安くしているそうだ。日本で言う診療所と考えれば想像し易いかもしれない。

5日目
汕頭第2附属病院をメインに午前は口唇口蓋裂の患者さんを、午後は感染症の病棟と精神科の病棟を見学させていただいた。特に印象に残ったのが、漢方専用の処方窓口があったことである。たくさんの漢方がビンなどに入って並べられており、職員の方が重さを量って処方していた。日本では見られない光景だった。ほかにも、採血を病院の入り口を入ったすぐの廊下でしていることや病院のあちこちでタバコを吸っている人がいることも興味深かった。

6日目
田舎の貧困地域の医療ボランティアを見学させていただいた。この地域は、生活費を稼げる産業がなく、若者が街に出稼ぎに行っているものの安い賃金の職業にしか就けていないとの説明を受けた。住居の中は薄暗く困窮していることがうかがえた。私は血圧の測定を体験させて頂いた。横に居てくださっていた汕頭大学医学部5年生の人によれば、標準語が通じない人が多く、その地域特有の方言が飛び交っていたようだ。上着を脱いでくださいとジェスチャーをしたがなかなか通じなかった。海外ではめったにできない事であるので、貴重な体験をさせて頂いた。

7日目
午前中は汕頭大学付属第一病院の産婦人科とエコーの見学をさせていただいた。産婦人科の外来の診察には驚いた。患者さんが先生の診察を受けていても、次の患者さんがその後ろに列をなして並んでいるのだ。診察室の扉は開けたままであった。日本ではありえない話である。産婦人科の先生は、産婦人科は特に患者さんが多く次々と患者さんを診るために仕方がないことだとおっしゃっていました。午後はショッピングセンターや汕頭刺繍の専門店などで買い物をした。

8日目
 最終日は帰国することに1日を費やした。現地時間7時に宿舎を出発した。程先生が潮汕航空まで見送って下さった。乗継空港である香港まで中国南方航空を利用した。1時間程で到着した。香港からはANAで関空へ。関空からもみな無事に帰宅できた。

海外の医療をみるという貴重な体験はでき本当に充実した日々を送れた。なによりも、皆大きなトラブルが無く日本に帰れたのが良かった。汕頭大学の程先生をはじめ今回の私たちの研修旅行のために関わって下さった全ての皆様に心から感謝しております。おかげで、無事に研修を終えることが出来ました。本当にありがとうございました。

兵庫医科大学 〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1番1号 TEL:0798-45-6111 (代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.